青の舎 淡路島の寿司と天ぷらでおすすめ和食レストラン

和食

青の舎は、淡路島で寿司と天ぷらでおすすめの和食レストランです。場所は淡路島北西海岸の劇場&レストラン「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」にあります。アクセスは淡路インターチェンジから車で約10分です。

ランチは、明石海峡や鳴門海峡の鯛やタコ、由良産のウニなど新鮮食材を使用した握り鮨、淡路牛や淡路島玉ねぎなど地元食材を使用した天ぷらが提供されます。ディナーは、和食のおまかせなどが提供されます。

昼は、階段状の全席から瀬戸内海は播磨灘の絶景を眺められます。夕方は、日本の夕陽百選に選ばれた夕景が楽しめます。夜は、魚や花火、万華鏡などがプロジェクションマッピングで投影されます。

総合プロデュースは、ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸さんが務めます。1階の広いカウンターテーブルで、職人が鮨や天ぷらを調理しています。職人が匠の技を見学できます。

青の舎 青海波

青の舎の詳細・基本情報

  • 店名:青の舎(あおのや)AONOYA
  • 住所:〒656-1723 兵庫県淡路市野島大川70
  • 電話:0799-70-9020
  • 公式HP:https://awaji-seikaiha.com/
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)、17:00~21:00(L.O.20:00)
  • 休業日:木曜日
  • 座席数:約80席(カウンター約64席、テーブル約16席、他)
  • 駐車場:約50台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で10分

青の舎の雰囲気・様子

青の舎は、兵庫県淡路市にある劇場&レストラン「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」にある和食レストランです。場所は、淡路島の北西海岸にあります。演劇や和楽、アニメなど芸能と和食と洋食が楽しめます。

アクセスは、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約10分です。県道31号線(通称:淡路サンセットライン)沿いにあります。駐車場は無料で約50台が収容できます。

建物は3棟が連なる一番奥にあります。シックな和風テイストの2階建ての建物です。営業時間はランチが11時から15時まで、ディナーが17時から21時までとなります。定休日は木曜日です。

外観と建物 青の舎

店内は、吹き抜けの開放的な空間です。1階は、端から端まで広いキッチンカウンターがあります。オープンキッチンで数名の職人が腕によりをかけて調理しています。

天井に豪華なシャンデリアが飾られています。階段状に配置されたカウンター席の壁には、パソナハートフルの障害のあるアーティスト社員の作品52点が展示されています。人の温かみも感じられる演出です。

座席は、1階のカウンターテーブルをはじめ、階段状に4列のカウンターテーブルが並びます。全て海側を向いています。まるで劇場の観客席から舞台を見るうに職人たちの見事な匠の技を見学できます。

店内 青の舎

海側の壁は全面ガラス張りです。瀬戸内海は播磨灘を眺められます。日本の夕陽百選に選ばれた絶景です。最上階には大型のテーブル席があります。シャンデリアに大きな鶴の屏風が飾られています。

席数は、カウンターが約64席、テーブルが約16席で合計で約80席あります。

昼は、階段状の全席から瀬戸内海は播磨灘の絶景を眺めながら、淡路島の新鮮な食材を使用した鮨や天ぷらが食べられます。夕方は、日本の夕陽百選に選ばれた美しいサンセットが楽しめます。

夜は、全面ガラスの壁にプロジェクションマッピング「青海の花火」が投影されます。優雅に泳ぐ魚、色鮮やかな花火、宝石の万華鏡など色彩豊かな美しい映像を眺めながら優雅に食事を楽しめます。

プロジェクションマッピング 青の舎

なお、「青海の花火」の上映時間は19時30分からです。日没時間で変更される場合があります。

  • 青海波-SEIKAIHA- 公式ホームページ:青の舎

ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸氏を総合プロデュースとして迎え、淡路島の旬の食材を使った本格レストランをオープンいたします。日本の夕陽100選に選ばれた絶景の播磨灘の海をバックに、日本の文化を楽しみながら、伝統的な日本の和食をお愉しみいただけます。

四方を海に囲まれた淡路島ならではの淡路鯛やたこ、淡路島の由良港でとれた新鮮な旬の食材を使った握り鮨や、淡路牛や淡路玉ねぎをはじめとした淡路島食材を中心とした天ぷら等のメニューをお召し上がりいただけます。全席が海の方向を向き、日本の夕陽100選に選ばれた絶景の播磨灘の海を眺めながら、お食事をお愉しみください。

青海波

寿司と天ぷらなど和食

青の舎のメニューは、寿司と天ぷらがおすすめです。青の舎は、ひょうご「食」担当参与であり、ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸さんが総合プロデュースを務めます。

さらに、プロデュースに醸造料理人で日本の発酵食文化伝承人の伏木暢顕さんが加わっています。

食材は、明石海峡のタコ、鳴門海峡の鯛、由良産のウニなど淡路島近海で獲れた新鮮な旬の食材です。地元の漁港から鮮度を保ったまま仕入れています。

メニューは、握り寿司をはじめ、発酵寿司などの変わり寿司、淡路牛や淡路島玉ねぎをはじめとした淡路島食材を中心に天ぷらなどの和食メニューとなります。

カウンターで料理人がシャリから握ります。職人が寿司と天ぷら調理します。海の景観と職人の技を同時に楽しめます。健康食として話題の発酵和食も提供されます。

青の舎御膳

青の舎御膳は、献上檜重箱、淡路青海波握り鮨、特選天ぷら皿、赤出汁、茶碗蒸しの5品が付いた御膳となります。重箱には、淡路島の旬の食材を使用した発酵和食などが並びます。

握り寿司には、淡路島の旬の魚介類を使用した握り寿司が並びます。天ぷら皿には、淡路島の海産物や農産物を使用した天ぷらが並びます。寿司と天ぷらの両方を味わいたい方におすすめです。

  • 青海波 青の舎御膳:5200円(税抜)
御膳 青の舎

青の舎 特選握り5貫

青の舎 特選握り5貫は、1皿5貫の握り寿司となります。寿司下駄にのせられて提供されます。ネタは20種類があります。4度の注文で全てのネタを制覇できることになります。

タイ、スズキ、キス、アナゴなど瀬戸内海の白身魚をはじめ、トロ、エビ、イカ、ウニなど季節の旬となる魚介類がネタとして登場します。寿司をとことん食べたい方におすすめです。ランチとディナーで注文できます。

  • 青海波 青の舎 特選握り5貫:1400円(税抜)
寿司 青の舎

天重セット

天重セットは、天重に味噌汁、小鉢3つが付いたセットとなります。重箱には、溢れんばかりの天ぷらが盛られています。エビ、アジなどの海産物と玉ねぎなど農産物の天ぷらが組み合わされています。

出来たてはホクホクします。身がプリプリで引き締まっています。エビは身がプリプリです。アジはサクサクした食感を楽しめます。天ぷらをとことん食べたい方におすすめです。ランチのみとなります。

  • 天重セット:3800円(税抜)
天ぷら 青の舎

おまかせコース

おまかせコースは夜の御膳です。ディナーコースとして、青海波 鮨おまかせ、青海波 天ぷらおまかせ、青海波 御食国おまかせの3種類のコースがあります。どのコースでも事前に予約が必要となります。

鮨おまかせは寿司と一緒に多彩な和食を、天ぷらおまかせは天ぷらを中心に和食を楽しめます。御食国おまかせは、淡路島の食材をふんだんに使用した天ぷらメインに和食料理を楽しめます。料理長のおすすめです。

  • 青海波 鮨おまかせ:10000円(税抜)
  • 青海波 天ぷらおまかせ:10000円(税抜)
  • 青海波 御食国おまかせ:18000円(税抜)

他のメニュー

他のメニューに、お造り3種盛、お造り5種盛、天ぷら盛り合わせ、本日にすっぽん料理、蛸の柔らか煮、季節の一品もの、北坂養鶏卵のだし巻き玉子、玉椀赤出汁、赤出汁、大名椀 伊勢海老赤出汁があります。

  • お造り3種盛:1500円(税抜)
  • お造り5種盛:3500円(税抜)
  • 天ぷら盛り合わせ:2000円(税抜)
  • 本日にすっぽん料理:要問合せ
  • 蛸の柔らか煮:700円(税抜)
  • 季節の一品もの:要問合せ
  • 北坂養鶏卵のだし巻き玉子:700円
  • 玉椀赤出汁:600円
  • 赤出汁:600円
  • 大名椀 伊勢海老赤出汁:3500円

青の舎のアクセス方法・行き方

青の舎のアクセス方法・行き方は、自動車、高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:兵庫県淡路市野島大川70
  • 駐車場:無料(約50台)別途、臨時駐車場有

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから下ります。淡路インターチェンジから約10分で「青の舎」に到着します。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の北淡インターチェンジから下ります。北淡インターチェンジから約15分で「青の舎」に到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合は、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

淡路島行きの高速バスに乗車すると、淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。なお、淡路インターチェンジから「青の舎」までは、無料シャトルバスが運行しています。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金680円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金420円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金470円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1270円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金680円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1270円)

高速船の場合

高速船の場合は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を運航しています。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から「青の舎」まで無料シャトルバスが運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分530円)

無料シャトルバス

高速バスと高速船を利用する場合は、淡路インターチェンジの高速バス乗り場と岩屋港の高速船乗り場から「青の舎」のある「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」まで無料のシャトルバスが運行しています。

淡路インターチェンジの無料シャトルバス乗り場は、階段を下りてトンネルをくぐって県道157号線に出て坂道を下るとあります。岩屋港の無料シャトルバス乗り場は、岩屋ポートビルを出たロータリーにあります。

無料シャトルバスの停車駅は、岩屋港(岩屋ポート)、淡路インターチェンジ、ニジゲンノモリ、クラフトサーカス、ハローキティショーボックス、青海波、ハローキティスマイル、ミエレ、オーシャンテラス、のじまスコーラとなります。

なお、無料シャトルバスは、約40分に1本程度で周回しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました