淡路人形座 淡路島で伝統芸能 人形浄瑠璃を上演する劇場

淡路人形座は、兵庫県の淡路島南あわじ市の道の駅福良にあります。500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を上演する専用の劇場です。淡路人形座は、1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めました。現在、常設館として公演をしています。国内公演で20回以上、また海外公演も行っています。

淡路人形座で上演される淡路人形浄瑠璃は、江戸時代には「文化の華」ともてはやされました。悲しいまでに人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描く様は、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させたといわれています。日本の演劇史でも大きな役割を果たしてきました。淡路人形座では、人形浄瑠璃の後継者の指導、全国の人形芝居保存会への協力など、人形浄瑠璃の普及や発展のための活動も行なっています。

淡路人形座の基本情報

  • 名称:淡路人形座
  • 住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話:0799-52-0260
  • HP:淡路人形座
  • 駐車場:無料(道の駅福良駐車場 普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原IC、淡路島南ICから車で約15分

上演時間

  • 定時公演:10:00~、11:00~、13:30~、15:00~
  • 臨時公演:9:00~、16:00~

入場料金

「戎舞」「人形解説」「演目」

大人1,500円、中学生1,300円、小学生1,000円、幼児300円

「人形解説」「戎舞」

大人1,000円、中学生800円、小学生600円、幼児200円

バック(体験型バックステージ)

大人500円、中学生500円、小学生500円、幼児無料

淡路人形座の歴史

淡路人形座は、1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めて常設館として公演をしています。もともとの劇場は「うずの丘 大鳴門橋記念館」にありました。

1998年に重要無形文化財義太夫節三味線保持者に認定された故鶴澤友路さんの弟子をはじめ、男性10名、女性8名の座員が淡路人形座で毎日公演する一方、国内外への出張公演を開催してきました。

学校への出張講座をはじめ、小中学校、高等学校、子供会活動の後援者団体への指導、全国の伝統人形芝居保存会への協力など、伝統人形芝居の普及発展のための活動も積極的に行っています。

しかし、来場者は1998年の約25万人をピークに年々減少して約4万人まで低下しました。検討の結果、南あわじ市でも刊行経典でもある「道の駅福良」に移転することにしました。

2012年8月に、「道の駅福良」に淡路人形座の新館がオープンしました。道の駅福良では、500年の伝統芸能で国指定重要無形民俗文化財の淡路人形浄瑠璃を上演する淡路人形座と、世界一の「鳴門の渦潮」の観潮船うずしおクルーズとの相乗効果を期待しています。

淡路人形座の建物

淡路人形座の建物は、日本の伝統文化の人形浄瑠璃の公演場所として「和」の雰囲気を醸し出しています。内装は、スギとヒノキの使用により木質化されています。舞台や客席は、淡路島の伝統産業である瓦を使用されています。

全体的に木の温もりを感じる仕様になっています。客席の椅子は、スギとヒノキを使用した固定椅子です。椅子の背もたれ部分には、兵庫内産のモウソウ竹が活用されています。建物全体は、大地震による津波に備えられており、全体で約1000人が収容できる避難場所としても使用できます。

淡路人形座で上演される淡路人形浄瑠璃

淡路人形座で上演されるのは、500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃です。淡路人形浄瑠璃とは、3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居のことです。

江戸時代の文化の華ともてはやされ、悲しいまでに人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描く様は、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させたと言っても過言ではありません。

時代物が得意とされており、早替りや道具返し、衣装山など淡路島独特の演出や演技も派手で外連味が利いた作品が多く、また人形芝居本来の雰囲気を残した外題も多く、舞台は華やかそのものといえるでしょう。

淡路人形を自由自在に操るには何年もの修行が必要とされます。足七年、左手七年、頭と右手は一生といわれるほどです。古典芸能を継承するために、何世代もの人々の創意工夫が重ねられ、受け継がれた舞台芸術の粋といえるでしょう。

注目演目と見どころ

播州皿屋敷 青山館の段

井戸の中からお菊の幽霊が現れて「いちまい、にまい、あぁ悲しいや」と皿を数える有名な怪談の演目です。幽霊のお菊が皿を数える物悲しい立ち姿、三味線や太夫の絶妙の響き、火の玉が彷徨う光景などの表現が見どころです。四谷怪談、皿屋敷、牡丹灯籠が日本の三大怪談です。

播州皿屋敷 淡路人形座 井戸でお菊の幽霊が皿を数える怪談
淡路人形座の5月公演で、注目演目は「播州皿屋敷 青山館の段」です。井戸の中からお菊の幽霊が現れて「いちま~い、にま~い、・・・あぁ悲しいや・・・」と、か細い声で皿を数えるという有名な怪談の物語です。淡路人形座で5月26日(土)に上演されます...

日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段

「安珍と清姫の伝説」を題材にした演目です。恋心を裏切られて嫉妬に狂う乙女が、情念で大蛇に化けて川を渡って追いかけるという物語です。ガブというカラクリの頭を使用した清姫の変化(へんげ)が見どころです。美しい表情が、一瞬に目が見開かれ口が裂けて角が二本現れます。

大蛇に化け日高川を渡る清姫 淡路人形座 ゴールデンウィーク企画
淡路人形座の4月公演で、注目演目はゴールデンウィーク特別企画「日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段」です。嫉妬に狂う清姫が乙女の情念から大蛇に化けて日高川を渡る物語です。「安珍と清姫の伝説」が題材となっています。清姫の変化(へんげ)がハイライ...

一谷嫩軍記「須磨浦組討の段」

平清盛亡き後の源平の合戦を描いた名作の一つとなる演目です。西国に落ちる平家で弱冠16歳の若き武将の平敦盛、若者を討ち取る無情を感じて武士を捨て僧侶となる源氏の武士の熊谷直実、二人の悲劇の物語です。熊谷直実の無情さ無念さを表現する動きが見どころです。

源平合戦で平敦盛の物語 淡路人形座 敗走する須磨の浦の名シーン
淡路人形座で3月の注目演目は「一谷嫩軍記」です。平清盛亡き後の源平の合戦を描いた名作の一つです。一の谷の合戦で敗れて西国に落ち延びる平家にあって弱冠16歳の若き武将の平敦盛が登場します。若者を討ち取る無情を感じて武士を捨て僧侶となる源氏の武...

賤ヶ嶽七本槍「左馬之助湖水渡りの段」

織田信長を討ち取った明智光秀の親族たちのその後の悲劇を描いた演目です。明智光秀の家臣の左馬之助が坂本城の救援に向かい琵琶湖を馬に乗って渡るが、落城を悟り自害する物語です。左馬之助が大鹿毛に乗って湖水を渡る場面と自害前に辞世の歌を詠む場面が見どころです。

賤ヶ嶽七本槍 淡路人形座 琵琶湖の湖水渡り伝説が100年ぶり復活
淡路人形座で12月の注目演目は、「賤ヶ嶽七本槍 左馬之助湖水渡りの段」です。織田信長を討ち取った明智光秀の親族たちのその後の悲劇を描いた物語です。左馬之助が琵琶湖を馬に乗って渡り切る「琵琶湖の湖水渡り伝説」として有名となります。賤ヶ嶽七本槍...

仮名手本忠臣蔵「殿中刃傷の段」

忠臣蔵でも最も有名な場面の一つ、江戸城松の廊下での刃傷事件を題材した演目です。塩冶判官が堪忍袋の緒が切れて、高師直を殿中で刀を抜いて斬りつける物語です。クライマックスで、塩冶判官の無念さ、悔しさ、やるせなさを表現した動きが見どころです。

人間国宝鶴澤友路さん追善公演 淡路人形座 忠臣蔵の殿中刃傷事件
淡路人形座で12月の注目演目は、人間国宝鶴澤友路さんの追善公演「仮名手本忠臣蔵」です。2016年12月に103歳で亡くなられた淡路人形浄瑠璃の義太夫節三味線で人間国宝の鶴澤友路さんを追善する公演となります。追善公演では、2014年に復活させ...

淡路人形座のアクセス

自動車の場合

淡路人形座には、向かい側にある道の駅福良の駐車場以外にもたくさん駐車場があり全て無料です。まず、道の駅福良の本館前の駐車場に向かってください。係員が順番に駐車場を案内してくれます。

神戸方面から

神戸淡路鳴門道の西淡三原ICから下りて車で約15分ほどで淡路人形座に到着します。

  • 住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話:0799-52-0260

徳島方面から

神戸淡路鳴門道の淡路島南ICから下りて車で約15分ほどで淡路人形座に到着します。

  • 住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話:0799-52-0260

高速バスの場合

高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから淡路人形座は徒歩3分となります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

淡路人形座周辺の観光スポット

うずしおクルーズ

うずしおクルーズは、淡路島福良港から出港する大型遊覧船です。世界三大潮流の一つに数えられる鳴門海峡で発生する世界最大のうずしお「鳴門の渦潮」を周遊するクルージングが楽しめます。直径20メートルの渦を間近で体感できます。自然が作り出す美しさと潮風の心地よさを感じる海上散歩です。

うずしおクルーズ 淡路島で世界一の鳴門海峡の渦潮を体験するクルージング
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

道の駅うずしお

道の駅うずしおは、大鳴門橋の根元の岬にあります。瀬戸内海が眺められ、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」に一番近い道の駅です。とっとりバーガーフェスタで2013年全国1位あわじ島オニオンビーフバーガー、2014年全国2位あわじ島オニオングラタンバーガーを食べられることで人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...

じゃのひれドルフィンファーム

じゃのひれドルフィンファームは、イルカとふれあう体験や一緒に泳ぐ体験ができる施設です。淡路島の豊かな自然を感じながら、子供から大人まで初心者でも楽しめます。イルカを学び、イルカとふれあい、イルカと一体に泳ぐと心も体も癒されます。自然との共生を感じる感動体験となります。

淡路島イルカ 「じゃのひれドルフィンファーム」でふれあい泳ぐ
淡路島でイルカといえば「じゃのひれドルフィンファーム」です。イルカとふれあう体験や一緒に泳ぐ体験ができる施設です。淡路島南端の南あわじ市阿万にあります。海と山に囲まれた淡路島の豊かな自然を感じながら、人懐っこいイルカとふれあうと心も体も癒さ...

イングランドの丘

イングランドの丘は、動物施設と植物施設と農業施設が合体したファームパーク(農業公園)です。広大な敷地で、コアラやウサギなど動物のふれあい体験、コスモスやひまわりなど季節の花畑の鑑賞体験、野菜や果物の収穫体験が楽しめます。ゴーカートなどの乗り物や、淡路島バーガーなどグルメもあります。

淡路ファームパーク イングランドの丘 淡路島で動物と植物と農業
淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の南あわじ市にある観光施設です。動物施設と植物施設、農業施設がドッキングした農業公園(ファームパーク)です。コアラやウサギをふれあえたり、花畑で四季折々の花々を楽しめたり、野菜や果物の収穫を体験...
動物アイドル選抜総選挙 イングランドの丘 第7回結果発表
淡路ファームパーク イングランドの丘で、5月18日(金)に第7回動物アイドル選抜選挙」の結果が発表されました。動物アイドルはウサギの「ごましお」が優勝しました。2位はコアラの「ゆうき」となりました。3位はケヅメリクガメの「ガッツ」となりまし...

淡路島牧場

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。親牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験、淡路島牛乳を使ったバター作り体験を楽しめます。淡路島牛乳の無料試飲コーナーもあります。淡路島牛乳たっぷりのミルクソフトクリームが販売されています。オリジナルグッズも販売しています。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

おのころ島神社

おのころ島神社は、高さ約22メートルの巨大鳥居が目印です。京都の平安神宮、広島の厳島神社と並び日本三大鳥居の一つです。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)を仲直りさせた縁結びの神、菊理媛尊(キクリヒメ)を合祀しています。鶺鴒石(セキレイ)に結ばれる縄で縁結びの願い事ができます。

慶野松原

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...

淡路島観光おすすめスポットまとめ2018

淡路島は、観光地としておすすめです。兵庫県ある瀬戸内海で最大の島です。淡路島には、海に囲まれて緑が豊かで自然を満喫できる観光スポットがあります。、淡路島玉ねぎをはじめ、淡路牛に鱧に鯛と新鮮な食材を堪能できるグルメスポットがあります。国生み神話の最初の島として歴史の息吹を感じるパワースポットがあります。淡路島の観光でおすすめスポットを2018年版としてまとめました。

淡路島観光おすすめスポットまとめ2018
淡路島の観光で、おすすめスポットをまとめました。淡路島は、兵庫県の瀬戸内海で最大の島で人気の観光地です。明石海峡大橋や鳴門の渦潮の絶景、明石海峡公園やあわじ花さじきの花々は美しいです。イングランドの丘やワールドパークONOKOROで遊んだり、キティちゃんレストランやクレヨンしんちゃんパークで楽しめます。
淡路人形座
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!