淡路島ラジオにんぎゃかステーション生収録 淡路市立しづかホール

スポンサーリンク

淡路島にんぎゃかステーションのラジオ生収録が開催されます。淡路島にんぎゃかステーションは10月に放送開始する淡路島発のインターネットラジオです。京都を本局として全国展開するインターネットラジオ「fmGIG」が新しく開局する支局となります。淡路島発のラジオ番組は現在、8月と9月に毎週日曜日の17時から17時30分まで30分間のプレ放送を開始しています。

淡路島にんぎゃかステーションのラジオ生収録の開催場所は、淡路市立しづかホールの特設スタジオとなります。開催日時は、9月2日(日)の13時30分から15時です。出演者は、淡路島くにうみ協会と淡路島観光協会他となっています。淡路島の魅力を発信する予定です。

ラジオ収録当日は、淡路市立しづかホールで10時から16時まで「第9回しづかマルシェ」が開催されています。ハンドメイド雑貨や飲食ブース、フリーマーケットやワークショップが登場します。コイン落としやスーパーボールすくい、三輪車レースなども行われます。全部で屋外20ブース、屋内10ブースが登場します。

スポンサーリンク

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の基本情報

  • 開催場所:淡路市しづかホール
  • 開催日時:9月2日(日)13:30~15:00
  • 住所:〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島5-4
  • 電話:0799-62-2001
  • 駐車料金:無料(普通車220台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮インターチェンジから車で約15分

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の内容

淡路島にんぎゃかステーションのラジオ生収録が開催されます。開催日時は9月2日(日)の13時30分から15時まで、開催場所は淡路市立しづかホールの特設スタジオとなります。

出演者は、淡路島くにうみ協会と淡路島観光協会他となっています。淡路島の魅力を発信する予定です。

淡路島にんぎゃかステーションは10月に放送開始する淡路島発のインターネットラジオです。京都を本局として全国展開するインターネットラジオ「fmGIG」が新しく開局する支局となります。

淡路島発のラジオ番組となる「淡路島にんぎゃかステーション」は現在、8月と9月に毎週日曜日の17時から17時30分まで30分間のプレ放送を開始しています。

10月初回放送は10月7日(日)となり、毎週日曜日の17時から19時までの2時間番組となります。

淡路島にんぎゃかステーションのポリシー

  • 淡路島の魅力を全国に発信する。観光地やグルメ、特産や文化、伝統など資源や資産などを発信する。
  • 淡路島発信の地元ラジオ局を作ることで、島民の皆さんのためのコミュニティー作りの場を提供する。
  • fmGIG本局の京都からアクセスがよく、本局と連携して大きなイベントなどの取り組みも円滑に行う。

淡路島にんぎゃかステーションの経緯

淡路島にんぎゃかステーションの開局に尽力されたのは、京都の本局でパーソナリティを務めている「はるさん」です。現在、本業で心理カウンセラーをされています。

はるさんは、淡路島にある犬連れで宿泊可能なペットホテルに、これまで10年以上通い続けました。淡路島の豊かな自然や温かい住民の魅力の素晴らしさに魅了されて、昨年大阪から移住されました。

食料自給率130%と言われるほど豊かな自然に恵まれた淡路島を、野菜、お肉、お魚、お米、空気まで美味しい淡路島を、たくさんの方々に知っていただきたいという気持ちが強くなったそうです。

淡路島にスタジオを作るために、仕事の合間を縫って有志5人で約1年間準備を重ねたそうです。

スタジオには、淡路島の住んでいたり淡路島にゆかりのある方々をゲストに迎えます。ゲストの魅力を発信するトークを繰り広げます。番組は収録ですが、生の声を伝えたいと録り直し無しの一発勝負です。

はるさんは、淡路島の住む人やゆかりの人の素顔を引き出すことを心がけているそうです。観光雑誌には掲載していない淡路島の新しい魅力を人物を通して伝わるような番組を目指しています。

淡路島にんぎゃかステーションの過去の活動

fmGIGで放送中の「はるとわんこな仲間ラヂオ」で、2018年1月から第4土曜日の11時に淡路島特集としてプレ放送してきました。2018年8月と9月については、毎週日曜日の17時から17時30分まで30分間のプレ放送を開始しています。

収録済み・放送済

  • 1月:淡路島くにうみ協会様
  • 2月:淡路島観光協会様
  • 3月:淡路島ウクレレサークルhicoca様(淡路市)、淡路島里農園様(淡路市)
  • 4月:南あわじ鍼灸治療院Haricoco様(南あわじ市)、にこにこmamaくらぶさん(南あわじ市)

収録済み、未放送

  • 5月:兵庫県動物愛護センター淡路支所様(淡路市)

9月までのプレ放送出演予定

  • 6月:淡路國生み創生神楽文化振興協議會様(淡路市)
  • 7月:ペンションZOO様(淡路市)、うおたけ鮮魚店やけんど海鮮どんや様(淡路市)
  • 8月:アイシングクッキー教室:Ampersand mii(アンパサンド・ミイ)様(南あわじ市役所)、Wakaba cafe様(南あわじ市役所)
  • 9月:淡路國生み創生神楽文化振興協議會様(淡路市)

淡路島にんぎゃかステーションを開局するfmGIG

fmGIGとは、2002年4月に非営利任意団体エフエム・ギグがミニFM局として運営するインターネットラジオ局です。2004年12月にエフエム・ギグはNPO法人となりました。

日本最大のインターネットラジオ局として、約200人の市民パーソナリティーが150の番組を全国各地から発信しています。自ら番組を企画と制作を担って放送しています。

淡路島にんぎゃかステーションは、兵庫県では神戸、西宮に続いて3カ所目となります。ラジオは各局の番組で構成されます。ネットで毎日ほぼ24時間聞くことが可能です。

なお、インターネットラジオは、電波を使わないので放送免許は必要としません。

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の同時開催イベント

第9回しづかマルシェ

第9回しづかマルシェは、淡路市立しづかホールのホワイエと駐車場、ホールで開催されます。

開催時間は、10時から16時までとなります。ハンドメイド雑貨や飲食ブース、フリーマーケットやワークショップが登場します。入場料金は無料となります。

コイン落としやスーパーボールすくい、三輪車レースなども行われます。三輪車レースでは全10レースが開催されて景品があります。全部で屋外20ブース、屋内10ブースが登場します。

ホールイベントでは、fmGIGインターネットラジオ公開収録の他に、しづかJAZZ DANCE教室、しづか少年少女合唱団、ゲストライブ「TOZY」が開催されます。

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の会場

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録が開催される淡路市立しづかホールは、淡路市志筑にある埋立地となる志筑新島にあります。淡路島では数少ない本格的な音楽専用ホールとなっています。

建物は、源義経の恋人であった静御前が舞を舞うときの「扇」をイメージして設計されています。屋根材にチタンが使用されており、オペラハウスのようなユニークな構造と銀色の光沢で特徴的な外観です。

ホールは1階席714席、2階席88席の合計802席あり、淡路島ではトップクラスの規模を誇る音楽ホールとなります。ホールの残響時間1.8秒で設計されています。

クラシックホールとしての設計を基本として、様々なイベントに利用できます。ピアノはスタインウェイD-274を完備しており、ホール裏にグランドピアノを完備したリハーサル室があります。

ホワイエ(ロビー)は、柔らかい雰囲気の空間となっています。ホール利用の待合いや余韻を楽しめるようにイメージされています。展示スペースとして利用可能となっています。

調整室では、音響と照明の調整が可能となります。専門のオペレーターがイベントで最適な音と光の状態に調整します。

楽屋は、定員15名から20名、定員5名から8名、定員2名の3つあります。各楽屋に洗面所・化粧鏡・姿見・ハンガーラック・ロッカー・パイプ椅子・テーブルがあります。

会議室は、定員20名で円卓を備えた部屋、定員30名で折り畳み机・洗面所・化粧鏡・ハンガーラックを備えた部屋があります。

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録のアクセス

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の会場となる淡路市立しづかホールへのアクセスは、交通手段として、自動車、高速バス、高速船と3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮インターチェンジから車で約8分でしづかホールに到着します。

  • 住所:〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島5-4
  • 電話:0799-62-2001(しづかホール)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。高速バス乗り場の志筑で降車します。

志筑の高速バス乗り場からしづかホールまで徒歩で約8分です。海沿いに歩いて埋立地方向に曲がります。埋立地への橋を越えたオペラハウスのような建物がしづかホールです。

淡路交通バス(高速バス)

  • 神戸三ノ宮駅ー志筑(所要時間70分、乗車料金1550円)徒歩8分でしづかホール
  • 高速舞子駅ー志筑(所要時間40分、乗車料金1250円)徒歩8分でしづかホール

神姫バス(高速バス)

  • 神戸三ノ宮駅ー志筑(所要時間70分、乗車料金1550円)徒歩8分でしづかホール

高速船の場合

高速船の場合、本州の明石港と淡路島の岩屋港を高速船「淡路ジェノバライン」が運航しています。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。

岩屋港に到着すると、路線バス乗り場となる岩屋から淡路交通の路線バスに乗車します。路線バス乗り場となるしづかホール前で降車します。

淡路ジェノバライン(高速船)

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)

淡路交通(路線バス)

  • 岩屋港ーしづかホール前(所要時間50分890円)

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録周辺の観光スポット

淡路島ラジオ にんぎゃかステーション生収録の会場となる淡路市立しづかホール周辺の観光スポットは、たこせんべいの里と伊弉諾神宮になります。

伊弉諾神宮は、日本最古の神社です。日本最古の書物となる古事記と日本書紀に創始の記載があります。日本神話の国生みに登場する伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が祀られています。

地元で「いっくさん」と親しまれています。日之少宮、淡路島神、多賀明神、津名明神と崇められています。樹齢約900年の夫婦大楠、東西南北に縁深い神社が鎮座する陽の道しるべなどがあります。

伊弉諾神宮 淡路島に日本最古の神社 国生み神話パワースポット
伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)は、淡路島にある日本最古の神社です。国生み神話ゆかりのパワースポットです。日本最古の書物「古事記」と「日本書紀」に創祀の記載があります。格式は「神宮」を名乗る全国24社の1社です。神位は一品という極位、社格は官幣大...

たこせんべいの里は、せんべいの製造直販施設です。販売コーナーでは、約40種類に及ぶ全種類が並べられています。試食可能で販売されています。休憩コーナーでは、お茶やコーヒーが無料で飲めます。

休憩コーナーの窓越しから工場の製造ラインを見学することができます。「たこせんべい」は淡路島の名物土産です。淡路島のお土産スポットとして、休憩スポットとして定番の観光スポットとなっています。

たこせんべいの里 淡路島の直販施設 試食と無料コーヒーと工場見学
たこせんべいの里は、淡路島にあるせんべいの製造直販施設です。たこせんべいの里では、約40種類のせんべいの無料試食のサービスや無料コーヒーのセルフサービス、工場見学などがあります。淡路島の観光施設として休憩スポットとして好評です。サービス満点...
しづかホール
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!