ウーバー 淡路島でタクシー配車の実証実験 交通手段拡充

投稿記事上

5月22日(火)に、米国の配車(ライドシェア)大手のウーバー・テクノロジーズが兵庫県淡路島で、タクシー配車の実証実験を開始すると発表されました。期間は今年2018年夏から来年2019年3月末までとなっています。ウーバーの日本への本格進出に第一弾として淡路島が選ばれたことになります。ウーバーの人工知能(AI)を活用した配車システムを導入したタクシーが、日本で初めて淡路島の地で利用できることになります。

淡路島では、兵庫県淡路県民局が主体となって実証実験を行うことになります。淡路島のタクシー会社全12社(タクシー台数全130台)に参画を促します。実証実験の事業費として約320万円を計上して、参画タクシーへの「UBERアプリ」を搭載したタブレットの導入が支援されることになります。ウーバーに利用状況の分析を依頼することになります。

淡路島を訪れた観光客や住民などには、スマートフォンの「UBERアプリ」を使って簡単操作で快適なタクシー利用ができることになります。スマホで目的地を入力して配車可能なタクシーを選びます。タクシーの車種、ドライバー、想定乗車料金、到着予定時刻などの情報から選択できます。乗車料金はクレジット決済で行われます。利用者は、現在位置で乗車して目的地で降車するだけです。これまでのタクシー利用が劇的に変わるかもしれませんね。

淡路島では、関西空港のインバウンド(訪日観光客)の増加により、関西空港と淡路島を直接結ぶ高速船を2017年7月に復活させました。インバウンドの直接的な取り込みが狙いです。高速バスでも、2018年5月7日(月)から高速バス往復と路線バス乗り放題がセットになったフリー切符が発売されています。自動車以外の利用を促すことが狙いです。そして、今回ウーバーの配車システムを導入したタクシーが登場します。高速バスや高速船などで淡路島到着後のインバウンドや観光客に対する2次交通の充実が狙いとなります。ウーバーの実証実験により、自家用車以外での淡路島観光の利便性が向上することになります。

ウーバーが淡路島で実証実験の詳細情報

  • 配車区域:原則として淡路島で乗降車(島内で乗車、島外で降車は可能)
  • 実証実験期間:2018年夏~2019年3月31日
  • タクシー事業者:淡路島タクシー会社から公募
  • 利用対象者:淡路島に来島者および淡路島の住民

ウーバーは米国ライドシェア大手企業

米国のウーバー・テクノロジーズは、スマートフォンのアプリを使って低価格でドライバー付きの貸し切り自動車を予約できる配車サービスを提供する会社です。信頼できる移動手段をどこでもいつでもだれにでも提供することを企業理念として掲げています。

プロでなく一般人がドライバーとなり、自家用車を使って空き時間を使って乗客を運びます。このサービスは「ライドシェア」と呼ばれています。米国で2010年にサービスを開始して現在ではアメリカの主要な交通手段に成長しています。ウーバーの配車アプリ「UBER」は世界77カ国600以上の都市で利用されて50の言語に対応しています。

ウーバー日本進出 ウーバーイーツとタクシー特化

ウーバーは、日本への進出として2016年5月から京都府京丹後市、2016年8月から北海道中頓別町で、ボランティアが運転する自家用車を使ったライドシェアの実証実験を行っています。ただし、日本ではライドシェアの仕組みは「白タク行為」に該当して道路運送法に抵触するために過疎地の限定的な導入に止まっていました。

そこで目を付けたのがデリバリー業界です。デリバリー業界は自前の料理を配達するのみだったことを逆手にとって、ライドシェアの強みを活かして配達できない飲食店と提携して料理配達サービスを開始しました。それが「ウーバーイーツ」です。

ウーバーイーツは、2016年9月に東京の一部エリアで始まり、現在は東京23区に拡大しています。2017年11月から横浜市の一部エリア、2018年4月から大阪市の一部エリアと拡大しています。2018年中に京都市と神戸市でも展開する予定となっています。

そして、今回本業であるライドシェアは、タクシー事業に特化することを打ち出したのです。今後は、ウーバーの配車システムを有償提供というモデルで全国展開を目指すのでしょう。現在、都市部のタクシー会社20社以上と交渉しているそうです。

ウーバー配車アプリ「UBER」の概要

ウーバーの利用客は、スマートフォンの配車アプリ「UBERアプリ」をダウンロードして利用します。スマートフォンで目的地を入力すると現在位置の周辺に配車可能な車が出てきます。車種とドライバー、乗車料金などから車を選びます。配車する車が決定すると予約します。待ち時間と車の現在位置が表示されます。

車が到着すると乗車します。目的地は登録しており言葉で伝える必要はありません。乗車料金もアプリのクレジットカードで決済しており料金を支払う必要はありません。目的地に到着したら降車するだけです。チップも必要ありません。スマホの手続きだけで車に乗って降りるだけという非常に便利なアプリです。日本語を話せない外国人にとっても非常に快適な手段です。

淡路島でタクシー配車の実証実験

ウーバーが、日本に本格進出する場所として淡路島を選定した理由に、兵庫県など地元自治体が配車サービスへの関心が高いことを挙げています。淡路島は電車がなく移動手段としては自家用車がほとんどです。淡路島の観光には自動車、高速バス、高速船と3つの手段で乗り入れ可能ですが、乗り入れた後は自動車、路線バス、地元タクシーとなります。

路線バスは、主要路線の観光施設は問題ありませんが、超距離ともなれば乗車運賃がかさみ、主要路線以外の観光はできません。地元タクシーは電話を調べて呼び出したり乗車運賃は到着しないとわかりません。このことから、淡路島の観光戦略には2次交通の利便性の向上が不可欠でした。また、淡路島の人口が2020年には現在の13万人から8万人の減少が予想されており、インバウンドの増加など交流人口の増大が不可欠となっていました。

そのことから、兵庫県の淡路県民局が主体となり、タクシー業界との交渉やウーバーとの交渉を通じて、実証実験にこぎつけました。ウーバーには利用状況の分析を依頼して、淡路島のタクシー会社全12社(計約130台)に参画を呼び掛けました。事業費は約320万円を計上してアプリ搭載のタブレット導入を支援するとされています。

淡路島その他の交通手段の動向

高速船「淡路関空ライン」の復活

淡路島では、関西空港と洲本港を結ぶ高速船が2017年7月に運航を開始しました。高速船は定員217人で1日5往復しており、関西空港から淡路島まで大人2800円で所要時間65分となります。明石海峡大橋の開通により高速バスとの競合から廃止されていましたが10年ぶりに復活しました。

背景にはインバウンド(訪日観光客)の増加があります。近年の入国ビザ要件緩和や格安航空会社(LCC)の積極投資などにより、関西空港を利用する旅客数が昨年初めて2000万人を突破しました。直接的なアクセス、短時間のアクセスで関西空港からダイレクトに淡路島にインバウンドを呼び込もうとの戦略です。

電気自動車「あわモビレンタカー」の実証実験

淡路島の2次交通の利便性の向上では、電気自動車のレンタカー「あわモビレンタカー」の実証実験が今年2018年4月から開始されています。兵庫県淡路県民局と淡路島観光協会が計画しました。洲本市と淡路市にあるレンタカー業者3社が日産リーフ4台をリースします。

レンタカーの料金は税抜きで6時間まで4000円、12時間5000円、24時間6000円となります。電気自動車のため、最長約400キロの走行可能でガソリン代は不要となります。外国人観光客を想定して、日本語、英語、中国語、韓国語に対応した多言語カーナビゲーションを搭載しています。

淡路島カーシェア「タイムズ カー プラス」

淡路島の2次交通の利便性の向上では、駐車場のタイムズ24が運営するカーシェアリング「タイムズカープラス」が今年2018年3月から洲本市でオープンしました。タイムズカープラスは、初期費用1550円に、月額基本料金1030円(無料利用料金)と利用料金(ショート料金206円/15分、パック料金4020円/6時間など)が必要となります。カーシェアは、一般的に使用頻度が高ければレンタカーより断然安いといわれています。

淡路島バス乗り放題「高速バス往復と路線バスフリー」

5月7日(月)から来年1月31日(木)まで、淡路島の島内バス乗り放題に高速バス往復券が付いた全社共通のフリー切符が販売されています。神戸淡路鳴門道全通20周年と兵庫県政150年の記念企画となります。これまで淡路島のバス旅は乗り換えや乗車料金に難がありましたが、乗り放題と往復券の共通フリー切符により、淡路島のバス旅が大変便利でお得になります。

北部に到着する「北コース」と南部に到着する「南コース」の2種類があります。「北コース」のチケット価格は、1日フリー券が3700円、2日フリー券が4500円、「南コース」のチケット価格は、1日フリー券が4500円、2日フリー券が5300円となります。両コースとも淡路島の主要地域を走る路線バス全線が乗り放題で利用できることから、淡路島でピンポイントの観光地巡りも安く便利に行えます。