淡路島バウムクーヘン カフェmaaru(マアル)

スポンサーリンク

maaru(マアル)は、淡路島でバウムクーヘンでおすすめのカフェです。淡路島の食材をふんだんに使用したふんわり食感と卵風味が特徴のバウムクーヘン「淡路島ばぁむ」が人気です。

洲本市の海岸通りに面しており海が眺められるロケーションです。真っ白な建物に青い扉、内装は木造でレトロなインテリアとお洒落です。管理栄養士さんが手掛けるヘルシーランチも評判です。

なお、淡路島は観光スポットとしてたくさんのオシャレなカフェがあります。海沿いのカフェ、山間のカフェ、美味しい食材のカフェなどを厳選して「淡路島カフェおすすめ8選」としてまとめました。

スポンサーリンク

淡路島バウムクーヘン カフェ「cafe maaru」の基本情報

  • 住所:兵庫県洲本市海岸通1-7-19
  • 電話:0799-20-5624
  • 営業時間:11:00~18:00(LO17:00)
  • 定休日:火曜日
  • 予約:11:00~(3組のみ)
  • 席数:32席(カウンター席7席、テーブル席25席)子供イスあり、オープンテラスあり
  • 駐車場:洲本第3駐車場(普通車63台、3時間分のサービス券あり)
  • アクセス:洲本インターチェンジから車で約15分、洲本高速バスセンターから徒歩で約3分

maaru(マアル)の概要

cafe maaru(かふぇ まある)さんは、2017年6月22日に淡路島洲本市にオープンしました。淡路島の素材を使った自家製のバウムクーヘン「淡路島ばぁむ」と、管理栄養士さんが手掛ける健康志向のヘルシー料理を提供しているカフェです。

洲本港の近くの海岸通りにあります。海が眺められる絶好のロケーションです。数百メートル歩くと大浜海水浴場があります。松林と砂浜が湾曲して美しい景色が広がる淡路島でも人気のビーチとなります。

建物は、真っ白な壁に緑の木々が映える南欧風の外観です。バウムクーヘンを縁取った看板もお洒落です。青い扉の玄関も含めて、インスタ映えするカフェとして頻繁にSNSでは登場しています。

内装は、白塗り天上と壁に茶色の床板です。カウンター席とテーブル席に加えて、ソファー席にテラス席、ハンモック席まであります。カウンター席とテラス席はオーシャンビューです。観葉植物が癒しです。

ローテーブルにハイテーブル、不揃いのカラフルなイスにソファー、さり気なく置かれているレトロな家具などシックにまとまっています。自分にピッタリのオシャレな席を探すのもワクワクしそうな内装です。

自家製バウムクーヘンは、ガラス張りとなった厨房の調理場で製造されます。タイミングが合えば焼き上げられる製造工程を見られたり、焼き立てのバウムクーヘンも食べることができます。

maaru(マアル)のバウムクーヘン

バウムクーヘン「淡路島ばぁむ」は、cafe maaru(かふぇ まある)さんで手作りされている人気のバアムクーヘンです。バウムクーヘンで一番多く使用する原料となる鶏卵に北坂養鶏場で作られる淡路島のブランド鶏卵を使用しています。淡路島の田んぼで育てられた良質な米粉を使用しています。

火加減は、気温や湿度で微妙に変化する生地を焼き加減を調整するために、コンピューター制御のオーブンではなく、店内の調理場で一層一層丹精を込めて手焼きして仕上げています。

一晩寝かせるとバウムクーヘンは、しっとり感とふんわり感が共存します。きめが細かくなって口どけが良好となります。口に頬張ると卵風味とともに素材本来の美味しさが広がります。

バウムクーヘンが「淡路島ばぁむ」といわれているのは、チョコをかけたりフレーバーを練り込んだりと、ブリュレやフォンダンショコラ、フレンチトーストなどをイメージした創作メニューであり、cafe maaru(かふぇ まある)さんのオリジナル作品だからです。

一番シンプルなプレーンソフトは、ふんわりしっとりのプレーンソフトのバウムクーヘンにひんやり淡路島ミルククリームと生クリームを一緒に食べます。それぞれのバウムのトッピングとしてホイップクリーム・シリアル・フルーツなどが飾られています。

また、ショーケースには、イートインとは異なり、テイクアウトのデコバアムも並んでいます。抹茶、ストロベリー、きなこ、レモン、キャラメル、チョコレート、コーヒーなど種類が豊富です。

最近では、南あわじ市で発掘された弥生時代の青銅祭器「松帆銅鐸」をモチーフにしたバウムクーヘン「どうたくばぁむ」が登場して話題となっています。銅鐸のつり手の紐模様に銅鐸の焼き印が入った商品です。

バウムクーヘン「淡路島ばぁむ」のメニュー

  • maaruブリュレバウム:500円
  • フォンダンショコラバウム:480円
  • フレンチバウム:450円
  • 本日のバウム:750円

おすすめメニュー「今週のばぁむ」

今週のばぁむは、毎週入れ替わる人気のバアムクーヘンです。ベリーベイクドばぁむは、オーブンでサクッと焼き上げた特製バアムクーヘンに淡路島牛乳のアイスといちごをトッピングしています。甘酸っぱいベリーソースをお好みでかけて食べます。隠しチョコレートが溶け出して、様々な味を楽しめます。

ベイクド安納芋ばぁむは、ソフトとバードのプレーン2種類をオーブンでサクッと焼き上げて安納芋クリームとサッパリのミルクジェラートをトッピングしています。異なる食感のバアムと安納芋ソースが癖になります。

モンブランばぁむは、しっとりふんわりのプチばぁむに、モンブランクリームを栗のカット、ほろ苦いくるみキャラメリゼを重ね合わせています。くるみキャラメリゼがアクセントとなって食感を楽しめます。

ホットレアチーズばぁむは、レアチーズクリームをバウムクーヘンに詰め込んで、外はサクッと中はしっとりの食感に仕上がっています。レアチーズばぁむとベリーソースの相性は抜群となっています。

マンゴーモンブランばぁむは、しっとりふんわりのばぁむに、ゴロゴロしたマンゴーとザクザクのチョコが入ったマンゴーチョコクリームを投入しています。淡路島ミルクアイスをトッピングしています。

MOMOばぁむは、しっとりふんわりのばぁむに、さっぱりとしたミルクジェラートアイスと白桃、黄桃、桃クリームをトッピングしています。暑い季節にピッタリのばぁむとなっています。

ほっとばぁむは、口どけが良いしっとりプレーンのバウムクーヘンを温めることで、さらにしっとり、さらにふんわりとなり、焼きたてのような食感がたのしめます。ジェラート ピッコロさんのジャムが添えられています。

ばぁむアフォガードは、ふんわりしっとり食感のバウムクーヘンにアイスとハートマシュマロと丸い形の可愛いバアムラスクえをトッピングしています。熱々のエスプレッソをお好みで注いで食べます。

ベリーばぁむアフォガードは、ふんわりしっとり食感のバウムクーヘンにアイスとハートマシュマロと丸い形の可愛いバアムラスクえをトッピングしています。熱々のいちごソースをお好みで注いで食べます。

抹茶フレンチばぁむは、濃厚宇治抹茶ばぁむをアバレイユに漬け込み、両面をこんがり焼き上げています。外はカリッと中はしっとり食感のフレンチバアムです。バニラアイスに抹茶クリーム、おいり、ハートマシュマロをトッピングして可愛らしい仕上がりになっています。エスプレッソソースをかけて味変が楽しめます。

和ーむくーへんは、しっとりとしたソフトタイプのバウムクーヘンに餡子屋さんから取り寄せた甘さ控えめのこしあんと、雪見だいふくを詰め込んでいます。職人さんがひと絹ひと絹作ったあんこと相性が抜群です。

抹茶ばぁむロールは、濃厚宇治抹茶ばぁむに、甘さ控えめの生クリームと餡子屋さんから取り寄せたあっさりこしあんをたっぷり詰め込んでいます。丹波栗をトッピングしています。

ストロベリークランチばぁむは、しっとりバアムにミルクジェラートと生クリーム、いちごとチョコクランチをトッピングしています。その上からホットチョコレートをかけて食べます。

いちごベリーばぁむロールは、しっとりしたソフトタイプのバウムクーヘンに甘さ控えめの生クリームをたっぷり詰め込んでいます。いちごとブルーベリーをトッピングしています。

フルーツばぁむロールは、しっとりしたソフトタイプのバウムクーヘンに甘さ控えめの生クリームをたっぷり詰め込んでいます。いちごとキウイ、オレンジとフルーツをたっぷりトッピングしています。

ベリーティラミスばぁむは、しっとりとしたプレーンソフトのバウムクーヘンにベリーマスカルポーネクリーム、いちご、いちごソースを重ね合わせて甘酸っぱいベリーの香りが広がるティラミスに仕上がっています。

抹茶ベリーティラミスばぁむは、濃厚宇治抹茶ばぁむに、甘さ控えめの生クリームと餡子屋さんから取り寄せたあっさりこしあんとオリジナルの特製マスカルポーネクリームを詰め込んでいます。いちごと栗をトッピングした和風ティラミスとなっています。エスプレッソチョコソースをお好みで付けて味変を楽しめます。

さくらモンブランばぁむは、しっとろふんわり食感のさくらバアムにジェラートアイスを詰め込んで、その上からさくらクリームで優しく包み込んでいます。いちごをトッピングした春限定のばぁむです。

さくら雪見ばぁむは、しっとろふんわり食感のさくらバアムに雪見だいふくと甘さ控えめのあんこを詰め込んで、さくら餅のような、大福のような見た目の楽しいばぁむに仕上がっています。

ベリーショコラフレンチばぁむは、しっとりバアムをチョコレートのアバレイユに漬け込み、こんがり焼き上げています。いちごやベリーをトッピングしています。

キャラメルショコラフレンチばぁむは、しっとりバアムをチョコレートのアバレイユに漬け込み、こんがり焼き上げています。キャラメリゼしたバナナとクランチをトッピングしたキャラメルソースの相性抜群です。

maaru(マアル)のランチ

cafe maaru(かふぇ まある)さんは、管理栄養士さんが手掛けた健康志向のヘルシーランチでも人気となっています。maaruランチは、毎週メインと小鉢が変わることで定期的に足を運んでも楽しみなメニューです。

maaruランチは、メインを淡路島の食材を使用した肉料理と魚料理から選びます。さらに、小鉢が3品も登場します。みそ汁とご飯が付いてボリューム満点です。ご飯は大・中・小から選べて女性には安心です。

小鉢には、アボカドと肉みそのチーズ焼き、ニラともやしのごまナムル、トマトとクリームチーズのマリネなど体に優しいメニューが並んでいます。メインも小鉢も毎週の入れ替わりがあるので好評です。

生パスタランチは、パスタ緬を淡路島で創業100年の淡路麺業さんから毎週取り寄せています。日本で一番モチモチしたパスタということから、モッチリー二とも名付けられています。パンはふんわり全粒粉パンです。

淡路牛ハンバーグランチは、淡路島ブランドの淡路牛を100パーセント使用したハンバーグにレンコンを加えています。シャキシャキ食感が楽しいボリューム満点のメニューとなります。

オムランチは、北坂養鶏場で作られる淡路島のブランド鶏卵をたっぷり使用して、淡路牛の細切れ入りの濃厚林ソースを加えた特製オムライスのランチです。ふわトロの食感がクセになります。

お子様ランチは、ハンバーグもしくはオムライスを選択できるランチです。アップルジュースもしくはオレンジジュースも付いて、お子さんの大好きなメニューとして評判となっています。

ランチメニュー

  • maaruランチ:1200円
  • 生パスタランチ:1200円
  • mランチ(限定数):1280円
  • 淡路牛ハンバーグランチ:1400円
  • オムランチ:1200円
  • お子様ランチ:500円

※全メニューともドリンク付きとなります。ドリンク&デザートセットは、お好きなドリンク&デザート料金から200円引きとなります。

ディナーメニュー

  • 淡路牛ハンバーグプレート ハヤシソースハンバーグ:1400円
  • オムライスプレート 淡路牛ハヤシライス:1200円
  • 淡路麺業の究極の生パスタプレート ナスときのこのピリ辛トマトパスタ「モッチリーニ」:1200円
  • 淡路麺業の究極の生パスタプレート 厚切りベーコンとアスパラのバター醤油「スパゲッティ」:1200円

※ドリンクセットは、お好きなドリンク料金から100円引きとなります。ドリンク&デザートセットは、お好きなドリンク&デザート料金から200円引きとなります。

淡路島バウムクーヘン カフェ「cafe maaru」のアクセス

淡路島でバウムクーヘン「淡路島ばぁむ」で人気のカフェ「cafe maaru」さんのアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから下ります。洲本インターチェンジからカフェ「cafe maaru」さんまで、約20分で到着します。

洲本港第3駐車場の場所は、カフェ「cafe maaru」さんの建物の手前にある駐車場です。駐車場には、カフェ「cafe maaru」さんの建物の手前にある細い道路に右折して回りこむように進むと入口があります。

  • 住所:兵庫県洲本市海岸通1-7-19
  • 電話:0799-20-5624
  • 駐車場:洲本第3駐車場(普通車63台、3時間分のサービス券あり)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。洲本バスセンターで降車します。洲本バスセンターからカフェ「cafe maaru」さんまで徒歩で約3分です。

洲本バスセンターの出口を出て海側に進むと右手奥に洲本港の洲本ボートビルの建物が見えます。洲本ボートビルを目指して信号を渡って進みます。洲本ボートビルの手前の道を右折すると海岸通りに出ます。

少し進むと右手に真っ白な壁のカフェ「cafe maaru」さんの建物が見えます。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本バスセンター(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本バスセンター(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

淡路島バウムクーヘン カフェ「cafe maaru」周辺の観光スポット

淡路島でバウムクーヘン「淡路島ばぁむ」で人気のカフェ「cafe maaru」さんの周辺の観光スポットは、洲本市民広場のドラクエ像、洲本レトロこみち、洲本城、大浜海水浴場となります。

洲本市民広場は、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像があります。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されました。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。洲本市民広場の大きな木の根元にひっそりと佇んでいます。

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市中心部にある城下町の風情が残る小路です。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。

週末や連休には、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業しています。レトロ雰囲気を味わいながら「まち歩き」が楽しめます。イオン洲本店から徒歩約5分で到着します。

洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの三熊山の山頂にある城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。かつて西日本最大級の水軍の山城です。

本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。洲本バスセンターから自動車で約10分で到着します。

大浜海水浴場は、洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北75メートル、東西55メートルに伸びた砂浜は、見事な曲線を描いて広がります。遊歩道が整備された海浜公園です。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。

淡路島のカフェ・レストラン
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!