閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」淡路ワールドパークONOKORO

観光イベント

閉館キャンペーンが開催されます。淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で35年間にわたって親しまれてきた「兼高かおる旅の資料館」が閉館されることになりました。

展示ガイドとして、土日祝の4日間、1日4回、テレビの紀行番組「兼高かおる世界の旅」の取材に同行したカメラマンの展示ガイドが行われます。最終日は館内ツアーと閉館セレモニーが行われます。

閉館キャンペーンの開催期間は、2020年2月7日(金)から2月28日(金)までとなります。なお、最終日の館内ツアー&閉館セレモニーは先着30名限定で事前予約が必要となります。

なお、淡路ワールドパークONOKOROの詳細については、「淡路ワールドパークONOKORO 淡路島の遊園地」の記事をご参照ください。

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」

2020年2月7日(金)から2月28日(金)まで、兵庫県淡路市にある遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で、閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」が開催されます。

1985年以来35年の間、親しまれてきた入場無料の展示施設「兼高かおる旅の資料館」が2020年2月28日に閉館することになりました。

1959年から1990年までの日本のテレビ放送の歴史で、兼高かおるさんは、先駆的な紀行番組「兼高かおる世界の旅」のレポーター、プロデューサー、ディレクターを務められました。

兼高かおるさんの名を冠した施設は日本で唯一「兼高かおる旅の資料館」だけとなります。

これまでジャーナリストとして幅広く活躍しており、地球を180周する驚異的な取材活動を通じて、世界中の工芸品・骨董品・民俗資料を持ち帰っています。ご自身のキュレーションで展示しています。

展示品の数々は、2019年に亡くなった女性冒険家の偉大な人生を集約したメモラビリア(記念品)となります。名誉館長を務めていたことから、昨年は特別展も開催されました。

閉館までの3週間を、閉館までのカウントダウン期間として「35年間の感謝をこめて。ありがとう、兼高かおるさん~Farewell Our Beloved Adventuress,Kaoru Kanetaka」キャンペーンが実施されます。

一般財団法人 兼高かおる基金の提供により、館内大型スクリーンで「兼高かおる世界の旅」厳選10番組が連続上映されます。来場者に記念品が無料配布されます。

展示ガイド

2月15日(土)、16日(日)、23日(日)、24日(月祝)の4日間、13時から、14時から、15時から、16時からの4回、展示ガイドが開催されます。

紀行番組「兼高かおる世界の旅」の取材で兼高かおるさんに同行した当時のカメラマンが館内展示ガイドを行います。参加自由で毎正時に兼高かおる旅の資料館の入口に集合となります。

館内ツアー&閉館セレモニー

最終日2月28日(日)の15時から、館内ツアー&閉館セレモニーが開催されます。参加無料ですが、先着30名限定で事前に電話予約が必要となります。

当日は、示を見学しながら兼高かおるさんのエピソードの数々を紹介されます。その後、閉館のセレモニーが行われます。

運営組織

  • 主催:一般財団法人 兼高かおる基金、淡路ワールドパークONOKORO
  • 協力:一般社団法人 淡路島観光協会、神姫バス株式会社、淡路交通株式会社
  • 後援:兵庫県企業庁、淡路市

詳細・基本情報

開催期間2020年2月7日(金)~2月28日(金)
開催場所淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)兼高かおる旅の資料館
住所〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
電話0799-62-1192(施設について)、080-5190-7617(キャンぺーンについて)
公式HPhttps://www.onokoro.jp/
開園時間平日10:00~17:00(10月~2月)、土日祝9:30~17:00(10月~2月)
入園料金大人(中学生以上)1400円、子供(4歳~小学生)700円
駐車場約1000台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました