閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」淡路ワールドパークONOKORO

スポンサーリンク

閉館キャンペーンが開催されます。淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で35年間にわたって親しまれてきた「兼高かおる旅の資料館」が閉館されることになりました。

展示ガイドとして、土日祝の4日間、1日4回、テレビの紀行番組「兼高かおる世界の旅」の取材に同行したカメラマンの展示ガイドが行われます。最終日は館内ツアーと閉館セレモニーが行われます。

閉館キャンペーンの開催期間は、2020年2月7日(金)から2月28日(金)までとなります。なお、最終日の館内ツアー&閉館セレモニーは先着30名限定で事前予約が必要となります。

スポンサーリンク

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」の基本情報

開催期間2020年2月7日(金)~2月28日(金)
開催場所淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)兼高かおる旅の資料館
住所〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
電話0799-62-1192(施設について)、080-5190-7617(キャンぺーンについて)
公式HPhttps://www.onokoro.jp/
開園時間平日10:00~17:00(10月~2月)、土日祝9:30~17:00(10月~2月)
入園料金大人(中学生以上)1400円、子供(4歳~小学生)700円
駐車場約1000台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」の内容

2020年2月7日(金)から2月28日(金)まで、兵庫県淡路市にある遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で、閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」が開催されます。

1985年以来35年の間、親しまれてきた入場無料の展示施設「兼高かおる旅の資料館」が2020年2月28日に閉館することになりました。

1959年から1990年までの日本のテレビ放送の歴史で、兼高かおるさんは、先駆的な紀行番組「兼高かおる世界の旅」のレポーター、プロデューサー、ディレクターを務められました。

兼高かおるさんの名を冠した施設は日本で唯一「兼高かおる旅の資料館」だけとなります。

これまでジャーナリストとして幅広く活躍しており、地球を180周する驚異的な取材活動を通じて、世界中の工芸品・骨董品・民俗資料を持ち帰っています。ご自身のキュレーションで展示しています。

展示品の数々は、2019年に亡くなった女性冒険家の偉大な人生を集約したメモラビリア(記念品)となります。名誉館長を務めていたことから、昨年は特別展も開催されました。

閉館までの3週間を、閉館までのカウントダウン期間として「35年間の感謝をこめて。ありがとう、兼高かおるさん~Farewell Our Beloved Adventuress,Kaoru Kanetaka」キャンペーンが実施されます。

一般財団法人 兼高かおる基金の提供により、館内大型スクリーンで「兼高かおる世界の旅」厳選10番組が連続上映されます。来場者に記念品が無料配布されます。

展示ガイド

2月15日(土)、16日(日)、23日(日)、24日(月祝)の4日間、13時から、14時から、15時から、16時からの4回、展示ガイドが開催されます。

紀行番組「兼高かおる世界の旅」の取材で兼高かおるさんに同行した当時のカメラマンが館内展示ガイドを行います。参加自由で毎正時に兼高かおる旅の資料館の入口に集合となります。

館内ツアー&閉館セレモニー

最終日2月28日(日)の15時から、館内ツアー&閉館セレモニーが開催されます。参加無料ですが、先着30名限定で事前に電話予約が必要となります。

当日は、示を見学しながら兼高かおるさんのエピソードの数々を紹介されます。その後、閉館のセレモニーが行われます。

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館は、旅行ジャーナリストの兼高かおるさんの取材旅行の資料のコレクションを集めた展示施設です。入場ゲートから左方向に歩いて突き当たり右の建物になります。

1985年4月21日にオープンしました。日本で一つだけの兼高かおるさんの施設となります。世界各国の文化や歴史、伝統や民族、祭りに使う道具にふれあうことができます。

兼高かおるさんは、1959年にTBSのテレビ番組「兼高かおる世界の飛び歩き」のナビゲーターで人気でした。「兼高かおる世界の旅」と改名して1586回の放送回数を数えました。

資料館には、兼高かおるさんが世界の約150カ国の取材旅行で訪れた国々について綴った新聞記事や著作物、取材資料が展示されています。世界各国で収集した貴重な人形などの民芸品や民族衣装、映像やパネルなど約1600点が展示されています。

兼高かおるさんが2019年9月5日に90歳で亡くなられた際には、日本で唯一の資料館として名誉館長を務められた兼高かおるさんのご冥福をお祈りして追悼イベントが開催されました。

運営組織

  • 主催:一般財団法人 兼高かおる基金、淡路ワールドパークONOKORO
  • 協力:一般社団法人 淡路島観光協会、神姫バス株式会社、淡路交通株式会社
  • 後援:兵庫県企業庁、淡路市

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」の遊園地

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」が開催される淡路ワールドパークONOKOROは、淡路島淡路市にあるテーマパーク型の遊園地です。アトラクションにアクティビティ、ミニチュアの世界が楽しめます。

アトラクションでは、大観覧車、ゴーカート、メリーゴーランド、コーヒーカップなど子供向け遊具があります。アクティビティでは、芝すべり、ジップライン、シューティングなどで家族一緒に楽しめます。

ミニチュアの世界では、世界の有名な建築物が25分の1スケールで美しい庭園に飾られています。カップルのお散歩におすすめです。体験教室ではメニューが豊富で思い出の記念品を手作りできます。

この他、レストランにフードコート、お土産ショップ、直売所があります。なお、遊園地の詳細情報については、下記の記事にまとめて紹介しています。是非、ご覧ください。

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」のアクセス

閉館キャンペーン「兼高かおる旅の資料館」が開催される淡路ワールドパークONOKOROへのアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段となります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面も徳島方面も、神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮インターチェンジから下ります。約15分で淡路ワールドパークONOKOROに到着します。

  • 住所:〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
  • 電話番号:0799-62-1192
  • 駐車場:無料(普通車1000台)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅に直結する神戸三宮バスターミナルから乗車するとお得なクーポン券が利用できます。高速バス往復(3100円)と入園料(1400円)のセットで3400円で販売されています。900円もお得となります。乗車券発売窓口で購入できます。

JR三宮駅から乗車する場合

JR三宮駅から高速バスに乗車する場合、徒歩3分で高架下の神戸三宮バスターミナルに到着します。高速バスに乗車して「ワールドパークおのころ」で降車します。所要時間は75分です。「ワールドパークおのころ」から徒歩3分で淡路ワールドパークONOKOROに到着します。

  • バス往復乗車券(神戸三宮ーワールドパークおのころ)と
    入園料(淡路ワールドパークONOKORO)のセット:3400円