淡路島 ガルパン「ガールズ&パンツァー」最終章直前 洲本オリオン予習復習上映

2017年12月9日に劇場公開される「ガールズ&パンツァー 最終章」に合わせて、淡路島の洲本市にある映画館「洲本オリオン」で、前週から前日の12月2日(土)~12月8日(金)まで「ガールズ&パンツァー劇場版」が上映されます。さらに12月2日の上映はTVシリーズ全12話・OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」・劇場版を連続で一挙上映されます。事前予約や上映詳細について兵庫県・淡路島の映画上映サークル「島の映画やさん」または島の映画やさんブログにてご確認ください。

「ガールズ&パンツァー」予習復習上映の詳細情報

  • 開催場所:洲本オリオン
  • 開催期間:12月2日(土)~12月8日(金)
  • 開催住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8
  • 電話番号:0799-22-0265
  • 座席数:100席
  • HP:洲本オリオン
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約10分
  • 駐車場:イオン洲本店もしくはエディオン洲本店、洲本バスセンターの駐車場が比較的広いです。なお、駐車料金は最初1時間無料でその後1時間毎100円となります。

「ガールズ&パンツァー」予習復習上映スケジュール

劇場版のスケジュール

  • 12月2日 18:00~
  • 12月3日 10:00~・13:40~・16:10~:18:40~
  • 12月4日 16:30~・19:00~
  • 12月5日 16:30~・19:00~
  • 12月6日 16:30~・19:00~
  • 12月7日 16:30~・19:00~
  • 12月8日 16:30~・19:00~

劇場版の料金

  • 予約 一般:1200円 高校生以下:800円 60歳以上:1000円
  • 当日 一般:1500円 高校生以下:1000円 60歳以上:1100円
    ※自由席・完全入替制
    ※ご予約の方は当日窓口でご予約名をお申し付けください。

OVAのスケジュール

  • 12月2日 17:00~
  • 12月3日 12:30~

OVAの料金

  • 予約 一般:1000円 高校生以下:800円 60歳以上:900円
  • 当日 一般:1200円 高校生以下:900円 60歳以上:1000円
    ※自由席・完全入替制
    ※ご予約の方は当日窓口でご予約名をお申し付けください。

TVシリーズ・OVA・劇場版一挙上映スケジュール

  • 9:00 開場
  • 10:00~11:40 TV1話~4話
  • 11:40~13:15 90分の昼食休憩
  • 13:15~14:55 TV5話~8話
  • 14:55~15:10 約15分の小休憩
  • 15:10~16:40 TV9話~12話
  • 16:40~17:00 入替のため一時退出・約20分の小休憩
  • 17:00~17:40 OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」
  • 17:40~18:00 入替のため一時退出・約20分の小休憩
  • 18:00~20:00 「ガールズ&パンツァー 劇場版」
  • 20:00 閉場

TVシリーズ・OVA・劇場版一挙上映の料金

  • 予約 一般・高校生以下・60歳以上:2200円均一
  • 当日 一般・高校生以下・60歳以上:2500円均一
    ※10時間超の長丁場となりますので、腰痛や空腹は映画鑑賞に非常に障ります。クッション・レーションなど準備は入念にお願いします。

「ガールズ&パンツァー」の概要

「ガールズ&パンツァー」(ガールズ アンド パンツァー、GIRLS und PANZER)とは、2012年10月~12月から全12話で放映されたTVアニメです。略称は「ガルパン」。2014年7月にOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」を上映されました。2015年11月に「ガールズ&パンツァー 劇場版」が上映され、記録的なロングランで興業収入25億を突破しました。待望の新作「ガールズ&パンツァー 最終章」は全6話構成で2017年12月9日より順次劇場にて公開が予定されています。

「ガールズ&パンツァー」のストーリー

舞台は、空母に似た形をした学園艦といわれる県立大洗女子学園となります。かつては華道や茶道と並び称されるほどの伝統的な文化として、世界中で「乙女のたしなみ」として受け継がれてきた戦車を用いて行なわれる「戦車道」という武道を通じたストーリーとなります。自分の道を見失い「戦車道」で強豪校を去ることになった主人公の西住みほが、「戦車道」で全く実績のない無名校を率いて全国優勝を目指しながら、自分の戦車道と向き合っていく過程を描いている学園ドラマです。

「ガールズ&パンツァー」の聖地巡礼

茨城県東茨城郡大洗町が大洗女子学園の母港であったことにより、「ガールズ&パンツァー」の放送開始直後からガルパンファンが大洗町へ「聖地巡礼」として数多く訪れました。アニメでおなじみのどの商店も店頭に等身大キャラクターを置いて聖地巡礼を盛り上げました。大洗鹿島線で「ガルパン」のラッピング列車を運行しました。大洗駅のタクシーまでラッピングを施した「痛車」仕様にしました。こうした取り組みなどで2013年開催の「大洗あんこう祭」に約10万人もの来場客が集まりました。このことが町の復興や活性化に大きくつながったために、地域おこし(萌えおこし)の成功例とみなされるようになっています。2015年の観光客数は444万人。訪れてみたいアニメの聖地第1位になったこともあります。

淡路島唯一の映画館の洲本オリオンとは

淡路島の洲本市にある淡路島で唯一の映画館です。戦前は淡路人形浄瑠璃を上演する芝居小屋として存在していました。その後、「昭和館」や「福助座」と変遷していき、1951年に公募により「オリオン」と命名して映画館となりました。映画の最盛期には洲本市にも7つの映画館がありました。1975年に建物を現在の風貌に改築しました。その後、得意の洋画以外に邦画も上映するようになりました。洲本市出身の作詞家の阿久悠さんや俳優の笹野高史さんも学生時代に通っていたそうです。2011年7月に3Dデジタルシネマシステム(ドルビー3D)を導入してデジタル化しました。

2012年から毎年4月下旬と10月上旬に「城下町洲本レトロなまち歩き」と題したイベントを洲本オリオン周辺で開催しています。運営は「城下町洲本再生委員会」が行っており、代表を洲本オリオン代表である野口純子さんが務めています。ただ、島外にあるシネコンの影響を受けて、2013年10月に映画館としての営業を一時終了しました。その後、2014年6月に山口賀生さんが「島の映画やさん」を名乗って映画上映会企画を立ち上げました。この活動が功を奏して2014年9月に「ベイマックス」や「アナと雪の女王」というアニメ上映会を洲本オリオンで2日間開催しました。全ての上映回がほぼ満席の状態となり、企画は成功しました。その後、2016年にはGWと夏に年末年始に「ガールズ&パンツァー」の上映会を開催。そして、2016年の年末に洲本オリオンは、休館を取り下げて常時上映でなく定期的な上映会を継続しています。

「ガルパン」と「洲本オリオン」の歩み

通称「ガルパン」として人気アニメ「ガールズ&パンツァー」と映画館「洲本オリオン」のこれまでの上映の歩みについては下記の通りとなっています。「洲本オリオン」の「ガルパン」に対する熱い思いが伝わります。

  • 2016年 5月 3日~ 5日:劇場版上映
  • 2016年 7月15日~21日:劇場版・OVA上映
  • 2016年 7月17日:TVシリーズ全12話・OVA・劇場版一挙上映
  • 2016年 8月11日~16日:劇場版上映
  • 2016年 8月11日:TVシリーズ全12話・OVA・劇場版一挙上映
  • 2016年12月30日~2017年1月9日:映画けいおん!、この世界の片隅に、ガールズ&パンツァー劇場版、年末年始アニメ三本立て上映会
  • 2017年12月 2日~ 8日:劇場版上映
  • 2017年12月 2日・ 3日:劇場版・OVA上映
  • 2017年12月 2日:TVシリーズ全12話・OVA・劇場版一挙上映

error:Content is protected !!