淡路市具-1グランプリ 淡路島国営明石海峡公園

観光イベント

淡路市具-1グランプリが淡路島国営明石海峡公園で開催されます。おむすびに合わせる具のアイデアを競うグランプリです。おむすびの具には、淡路島淡路市の食材を主材料とすることが必要となります。

おむすびの具の材料費として1個あたり約100円以内で考案することになります。今回で第9回目を迎えます。

当日の来場者は、100円で紙皿を購入すると、決勝進出の「おむすび」を自由に何個でも食べることができます。食べたおにぎりで最も気に入ったおむすびに1票(紙皿)を入れることになります。

淡路市具-1グランプリの開催日時は、11月3日(日祝)の12時30分からとなります。開催場所は、淡路島国営明石海峡公園のビジター棟となります。当日は、11時30分から整理券が配布されます。予定人数に達し次第販売終了となります。開催時間に来た場合でも参加できない場合があります。

淡路市具-1グランプリでは、9月6日(金)必着まで参加者を大募集しています。

淡路市具-1グランプリの各賞は、グランプリ(賞金10万円)、準グランプリ(賞金5万円)、ローソン賞、伊藤園賞、淡路市長賞ほか各賞が多数あります。

さらに、ローソン賞を受賞するとおむすびが商品化されます。過去には、近畿地区のローソン2362店舗で期間限定で販売されました。合計28万個が販売されています。

なお、淡路島国営明石海峡公園の詳細については、「淡路島国営明石海峡公園 まとめ」の記事をご参照ください。

淡路市具-1グランプリの募集内容

具-1グランプリの募集内容は、淡路市産食材を主材料とした、おむずびの具のアイデアについての募集となります。おむすびの具の材料費は、おむすび1個あたり約100円以内でお考えください。なお、お米と海苔の代金は別となります。

淡路島の淡路市が地域の特産物をPRしようと2011年から開催しています。これまでの優秀作品から16点が商品化されて、関西圏のコンビニエンスストアで販売されています。

淡路市具-1グランプリの応募方法

応募方法は、郵送もしくはFAX、メールとなります。応募用紙に必要事項を記入して送ることになります。

  • 募集期間:9月6日(金)必着
  • 応募資格:個人・団体など、全国どなたでも参加できます。
  • 応募方法:応募用紙に必要事項を記入して応募
  • 郵送宛先:656-2292 兵庫県淡路市生穂新島8 淡路市役所 商工観光課 宛
  • FAX:0799-64-2530
  • メール:awaji_syoukan@city.awaji.lg.jp
  • お問合せ:0799-64-0001

淡路市具-1グランプリの注意事項

  • 審査に関するお問合せには応じられません。
  • 応募書類の返却はありません。
  • 応募作品の名前を含めたアイデアや諸権利は、主催者に帰属します。
  • 1人何点でも応募できます。応募用紙1枚につき1点の応募となります。
  • 応募(郵送など)にかかる経費は、応募者負担となります。

淡路市具-1グランプリの審査方法

11月3日(日祝)に淡路島国営明石海峡公園のビジター棟で、淡路市具-1グランプリの決勝が開催されます。おむすびに合わせる具のアイデアを競うグランプリです。おむすびの具は淡路島淡路市の食材が使用されます。

当日の来場者は、100円で紙皿を購入していただき、おむすびを自由に何個でも食べてもらいます。最も気に入ったおむすびに1票(紙皿)を入れることになります。

書類審査により、決勝進出者が選ばれます。決勝進出者は、おむすびコンテスト当日に具材を実際に調理します。300個(お茶碗1杯3個)のおむすびを作成します。

淡路市産の炊き上がったごはん、海苔(味付け・焼き)は主催者で用意されます。具の食材300個分(3万円以内)は、主催者で購入・負担します。

淡路市産の食材が調達できない食材については、市外産、代替品での相談となります。調理については原則。加熱食するものに限り、前日の作り置きはできません。

最多紙皿の獲得者をグランプリに、次点を準グランプリとします。これ以外に、ローソン賞、伊藤園賞、淡路市長賞ほか各賞があります。

詳細・基本情報

  • 開催日:11月3日(日祝)12:30~(11:30~整理券配布)
  • お問合せ:0799-64-0001
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園 ビジター棟
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小人無料
  • 駐車料金:普通車500円、二輪車100円
  • 最寄り駐車場:淡路口駐車場(240台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

淡路市具-1グランプリの2018年結果

11月3日(日祝)に淡路島国営明石海峡公園のビジター棟で、淡路市具-1グランプリの決勝が開催されました。全391組の応募の中から、書類審査で選ばれた11組が決勝に進出しました。

当日は約300人の来場者が試食して投票しました。

グランプリには「激ウマ鱧(はも)にぎり」が選ばれました。兵庫県立洲本実業高校1年生の山さんらが最多の74票を集めて、賞金10万円を獲得しました。

準グランプリには「さけとわかめとちりめんのおにぎり」が選ばれました。兵庫県立淡路高校2年の竹本さんらが賞金5万円を獲得しました。

ローソン賞には、「タコス風おにぎり」と「ケチャップライスおにぎり」が選ばれました。兵庫県立洲本実業高校の生徒の考案しました。2つのおにぎりは商品化される予定です。

2019年10月22日から近畿地区のローソン各店舗で発売されます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました