淡路島「ドライブマイカー」洲本オリオン

歴史・文化

淡路島「ドライブマイカー」が上映されます。島唯一の映画館「洲本オリオン」で、第94回アカデミー賞で国際長編映画賞の受賞、第74回カンヌ国際映画祭で4冠を獲得した映画作品が登場します。

主演は俳優の西島秀俊さん、監督は濱口竜介さんが務めました。原作は村上春樹さんの小説「女のいない男たち」です。テーマは「妻との記憶が刻まれた車で孤独な二人が辿りつく場所」です。

淡路島「ドライブマイカー」の上映期間は、2022年4月11日(月)からとなります。終映日は未定です。コピーライトは「©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会」となります。

淡路島「ドライブマイカー」洲本オリオン

淡路島「ドライブマイカー」

2022年4月11日(月)から終映日未定で、兵庫県洲本市にある映画館「洲本オリオン」で「ドライブマイカー」が上映されます。遂に数々の映画祭で話題となった傑作が淡路島に上陸します。

映画作品「ドライブマイカー」は、2021年に開催された第74回カンヌ国際映画祭で、脚本賞・国際映画批評家連盟賞・AFCAE賞・エキュメニカル審査員賞の全4冠を獲得しました。

さらに2022年に開催された第94回アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した作品です。

原作は、作家の村上春樹さんによる珠玉の同名短編小説「女のいない男たち」です。監督は、気鋭の映画監督の濱口竜介さんです。作品に惚れ込み映画化を熱望して自ら脚本を手掛けました。

これまでの作品で、カンヌ映画祭コンペティション部門に選出、ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞脚本ではヴェネチア映画祭で銀獅子賞を受賞と国際舞台で名前を轟かせてきた最も熱い注目を寄せています。

主演を務めるのは日本映画界に欠かせない名優の西島秀俊さんです。脇役には「みさき」を女優の三浦透子さんが演じるほか、俳優の岡田将生さん、女優の霧島れいかさんと実力派俳陣が集結しています。

  • タイトル:ドライブ・マイ・カー
  • 上映時間:179分
  • 製作年:2021年
  • 監督:濱口竜介
  • スタッフ・キャスト
  • 原作:村上春樹
  • 出演:西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生
  • 公式サイト:https://dmc.bitters.co.jp/
  • コピーライト:©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

ドライブマイカーの作品紹介は、以下のとおりです。

妻との記憶が刻まれた車。孤独な二人が辿りつく場所。舞台俳優であり演出家の家福は、愛する妻の音と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。

2年後、広島の演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。さらに、かつて音から紹介された舞台俳優の高規の姿をオーディションで見つける。

行き場のない喪失と打ち明けられなかった秘密に苛まれてきた家福。みさきと過ごし、お互いの過去を明かす中で、家福はそれまで目を背けたきたあることに気づかされていく。

人を愛する痛みと尊さ、信じることの難しさと強さ、生きることの苦しさと美しさ。

最愛の妻を失った男が葛藤の果てに辿りつく先とは。登場人物が再生へと向かう姿が観る者の魂を震わせる圧巻のラスト20分。誰しもの人生に寄り添う、新たなる傑作が誕生した。

©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

ドライブマイカーのスケジュールは10時から、14時から、18時からの1日3回上映です。

ドライブマイカーのチケット料金は、大人(大学生以上)1800円、中学生・高校生1500円、小学生以下(3歳以上)1100円となります。チケット予約は公式サイトから可能です。

詳細・基本情報

開催期間:2022年4月11日(土)~終映日未定
開催場所:洲本オリオン
住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8
電話:0799-22-0265
公式サイト:https://www.sumoto-orion.com/
座席数:100席
アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約10分
周辺駐車場:イオンスタイル洲本駐車場、洲本バスセンター前駐車場
駐車料金:2時間無料30分毎100円(イオン)、1時間無料1時間毎100円(バスセンター前)

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました