「満月 ZEN STAY」宿泊プラン 禅坊 靖寧

宿泊・温泉

「満月 ZEN STAY」宿泊プランが開催されます。淡路島にある座禅リトリート施設「禅坊 靖寧」で、ヨガインストラクターの片岡まこ氏をを迎えて、満月の日に合わせた宿泊プランとなります。

1泊2日のリトリートツアーで、内面から出る美しさや健康の大切さが人生の豊かさに繋がることを意識したウェルビーイングが実施されます。月の力と瞑想を通じて心身ともに自分と向き合います。

「満月 ZEN STAY」宿泊プランの開催日程は、2022年11月8日(火)から11月9日(水)までとなります。宿泊料金は1人4万8000円です。女性限定の宿泊プログラムとなります。

「満月 ZEN STAY」宿泊プラン 禅坊 靖寧

「満月 ZEN STAY」宿泊プラン

2022年11月8日(火)から11月9日(水)までの1泊2日で、兵庫県淡路市にある座禅リトリート施設「禅坊 靖寧」で、宿泊スペシャルプラン「満月 ZEN STAY」が開催されます。

「KATAOKA MAKO×満月ZEN STAY」は、11月の満月に合わせた1泊2日のリトリートツアーです。淡路島の大自然、東経135度の地で心と体のバランスを整える禅体験ができます。

講師は、ヨガインストラクターの片岡まこ氏が務めます。内面から出る美しさや健康の大切さが人生の豊かさに繋がっていくことを発信するウェルビーイング考え方を軸として活動しています。

ヨガの哲学やアンガーマネジメント、コーチングの要素を取り入れながら、自分らしい生き方を見つけることをテーマに活動をしています。心身ともに自分と向き合う至福の2日間を過ごせます。

フルムーンメディテーションとマインドフルネスアクティビティで月の力と自然と瞑想に通じます。

リトリートでは、身体と心を整える禅ウェルネス・禅茶・禅書などを実践します。粥や豆腐、野菜など淡路島産の食材を使用して独自に開発した健康的な「禅坊料理」が提供されます。

「満月 ZEN STAY」宿泊プランのタイムスケジュールは以下のとおりです。

1日目のタイムスケジュール(リトリートプログラム)

  • 14:30:チェックイン&ウェルカムドリンク
  • 15:00:プログラム開始
  • 15:30~16:30:ZEN Wellness
  • 16:45~17:45:ZEN 茶・ZEN 書
  • 18:00~19:00:禅坊料理
  • 19:30~20:00:ZEN Wellness
  • 22:00:就寝

2日目のタイムスケジュール(リトリートプログラム)

  • 6:30:起床
  • 6:45~7:15:朝のおつとめ 
  • 7:30~8:00:ZEN Wellness
  • 8:00~9:00:朝食
  • 9:30~10:00:お部屋の掃除
  • 10:00:チェックアウト

1泊2日のリトリートツアーは、チェックインが10時、チェックアウトが16時となります。女性限定のプログラムです。宿泊料金は1人6万5000円(税込)となります。

部屋でのお過ごし方は、自然と調和した木造建築を愉しめます。部屋では自分自身を見つめれ心穏やかに過ごせます。朝のおつとめは、鐘の音で起床頂いた後に雑巾がけなどの掃除を行います。

部屋着・バスローブはありません。動きやすい服装を用意する必要があります。シャワーの提供となります。シャンプー・リンス・ボディソープはあります。自身と向き合うために子供の参加は不可です。

なお、「禅坊 靖寧」は、淡路島北部にある体験・宿泊・飲食の複合施設です。デトックスとリトリートのワークアウトプログラムがあります。空中座禅は、360度に広がる絶景テラスで体験します。

精進料理は、粥・豆腐・野菜などを使用した健康的な「禅坊料理」となります。一畳泊は、「起きて半畳、寝て一畳」の精神に基づいた「宿坊」となります。マインドフルネスな体験が提供されます。

詳細・基本情報

  • 宿泊プラン:満月 ZEN STAY
  • 宿泊日程:2022年11月8日(火)・11月9日(水)
  • 宿泊料金:1人48,000円(税込)
  • 宿泊対象:女性限定
  • 宿泊定員:23名
  • チェックイン:14:30
  • チェックアウト:10:00
  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本場中2594-5
  • 電話:090-7801-4063(株式会社awajishima resort「禅坊 靖寧」運営事務局)
  • 公式サイト:https://www.zenbo-seinei.com/
  • 駐車場:50台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました