淡路島観光スポットおすすめ34選

みけ家 淡路島ランチおすすめ和食レストラン

みけ家は、淡路島のランチでおすすめのお店です。淡路島の玄関口にある観光施設「淡路ハイウェイオアシス」の2階にある和食レストランです。淡路サービスエリアと連絡道路で結ばれて往来が自由です。

ランチは、淡路島牛丼、淡路島生しらす丼、淡路玉葱御膳など淡路島の食材をふんだんに使用した地産地消の料理がおすすめです。見た目が斬新な蛸壺カレーも話題性が抜群です。

淡路ハイウェイオアシスからは、淡路島と本州の兵庫県を結ぶ世界一の吊り橋「明石海峡大橋」と神戸の街並みが一望できます。淡路島でナンバーワンの大パノラマの絶景が眺められます。

なお、淡路島のランチでおすすめ店のまとめと淡路島牛丼のおすすめ店のまとめは以下となります。

みけ家の詳細・基本情報

  • 店名:御食家 みけ家
  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674−3 オアシス館2F
  • 電話:0799-72-0220
  • 公式サイト:http://www.awajishimahighwayoasis.com/
  • 予約可否:予約可
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:無休
  • 座席数:108席(テーブル84席、座敷24席)
  • 喫煙・禁煙:完全禁煙
  • 駐車場:無料(560台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路サービスエリアから車で約1分

みけ家の様子・雰囲気

みけ家は、淡路島でランチでおすすめのレストランです。場所は、兵庫県淡路市で淡路島の玄関口にある観光施設「淡路ハイウェイオアシス」の2階にあります。

正式名称は「御食家 みけ家」です。

アクセスは、高速道路で明石海峡大橋を渡ってすぐにある淡路サービスエリアから連絡道路を通って車で約1分です。上り線からも下り線からも乗り入れ自由です。

駐車場は500台以上が駐車できます。本館となるオアシス館には、巨大なアトリウム空間、レストラン、物産展、フードコートなどが併設されています。

オアシス館を入ると右手に名物スポットの淡路島玉ねぎスープのスタンドがあります。無料で試飲できます。奥には緑豊かなアトリウム空間が広がっています。

みけ家のある2階へは、入口左側の階段もしくはフロア中央のエスカレーターを利用して上がります。なお、みけ家の入口はエスカレーターを上がって右側にあります。

エスカレーター周辺には、淡路島牛丼や淡路島生しらす丼の看板が掲げられています。エスカレーターを上がって正面のショーケースに、みけ家のメニューの見本が並んでいます。

みけ家が誇る絶品グルメの数々です。淡路牛、生しらす、生サワラ、玉ねぎ、蛸など淡路島の旬の食材をふんだんに使用した料理となります。丼、麺類、御前など種類が豊富です。

入口にはカウンターがあります。店員さんが対応してくれます。

店内は、清潔感のある和の空間です。柱や梁、格子などふんだんに木が使用されています。照明も柔らかで木の温もりが感じられます。リラックスできる落ち着いた雰囲気となっています。

座席数は、合計100席以上を誇る大型レストランとなります。和風の広々とした空間は、座席や通路の間隔が広めに取られています。ゆったりと感じられます。

テーブル席は、2人掛け、4人掛け、6人掛け、8人掛けと対応可能です。全部で84席があります。カップルでも、家族連れでも、友達でも利用できます。

小上がり席のお座敷があります。6人掛けが4つとなります。小さいお子さんに便利で安心です。

窓際席があります。窓からは、兵庫県立淡路島公園にある「花の谷」の風景が眺められます。季節に応じて四季折々の花が1年中咲いています。

なお、淡路ハイウェイオアシスは、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に隣接しています。オアシス館の隣に入口があります。

繊細でいて豪勢なひと皿に、淡路島の旬をたっぷりと。

淡路島の旬の食材を惜しげもなく使い、和食から洋食まで揃う幅広いメニューが『みけ家』の魅力。「食材をしっかり味わえるように」という言葉通り、淡路牛は厚めにカットし、淡路島産の鯛や鰆、釜揚げしらすなどもたっぷりとお目見え。でも、お値打ちなのは、ボリュームだけではありません。季節に合わせた淡路米の炊き方、出汁の取り方などにも気を使い、丁寧な調理と工夫で、おいしさがさらに深まったひと皿と出合えます。

スタッフのコメント

食材の宝庫である淡路島の旬を味わっていただけるよう、季節限定のメニューも3〜4品揃えています。ここでしか味わえない逸品を、粘り気と甘みのあるツヤツヤの淡路米で、どうぞお腹いっぱい味わってください。

淡路島ランチ

みけ家のランチは、淡路島玉ねぎ、淡路牛、生しらす、生サワラ、蛸(タコ)、鱧(ハモ)など、淡路島を代表する食材をふんだんに使用した料理がおすすめです。

季節に合わせて淡路米の炊き方、出汁の取り方などをアレンジしています。丼、うどん、御膳、セットと和食から洋食まで多彩なジャンルの幅広いメニューが魅力です。

淡路牛ロースステーキ丼

淡路牛ロースステーキ丼は、一番人気のメニューです。淡路島の特産品「淡路牛」を存分に堪能できます。厚めにカットしたロースステーキからは肉汁が溢れています。

淡路牛は柔らかくジューシーにローストされています。肉の厚みから歯ごたえも抜群です。脂の甘みと香ばしさ、レアな赤身から肉本来の旨みがしっかりと味わえます。

特製玉ねぎステーキソースは、淡路島玉ねぎの旨味がたっぷりのクセになる美味しさです。お肉との相性もバッチリです。甘み柔らかさ瑞々しさという特徴が活かしています。

炊きたて淡路米は、美しく輝いてふっくらです。モチモチ感としっとり感を味わえます。淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路米と3重奏が見事にマッチした料理です。

生しらす丼御膳

生しらす丼御膳は、淡路島北端にある岩屋漁港で水揚げされたブランド食材「淡路島生しらす」を使用したどんぶりがメインです。天ぷら、小鉢、味噌汁、漬物などが付いています。

生しらす丼は、全国でも鎌倉や藤沢、淡路島でしか食べられないご当地グルメです。生しらすは、サラサラした口触り、プチプチした歯応え、ツルツルしたのどごしです。

鮮度抜群で透明で美しくて驚くほどプリプリ食感がクセになります鯛の松皮造りのコリコリ食感と対照的でアクセントになります。特製醤油と生姜を合わせるとサッパリと味わえます。

ふっくらでモチモチでしっとりした淡路米との相性も抜群です。なお、淡路島生しらす丼は、毎年4月下旬から11月下旬までの期間限定メニューとなります。

淡路島産蛸壺カレー

淡路島産蛸壺カレーは、インスタ映えもしくはフォトジェニックな写真が撮影できると評判のメニューです。タコツボから蛸の足が2本はみ出してインパクトがあります。

トングとハサミが付いており、お好みで切ってカレーと混ぜて一緒に食べます。蛸には包丁で細かく切れ目が入れられています。そのままかぶりついても美味しいです。

淡路島の蛸(タコ)は「明石のタコ」で有名な明石海峡で獲れます。海流で鍛えられて身が締まっています。豊富な漁場で成長するので太めです。太くて短い足が特徴です。

コリコリした食感と噛み応えある弾力と噛むたびに身から旨みが溢れてでてきます。カレーには淡路島玉ねぎのフライとボイルが入っており甘くて美味しく食べられます。

淡路玉葱御膳

淡路玉葱御前は、淡路島の特産品「淡路島玉ねぎ」を色々な食べ方で楽しめるメニューとなります。お土産として玉ねぎ1個が付いており、お持ち帰りができます。

玉ねぎの形をした御椀がお洒落です。玉ねぎのかき揚げ丼、玉ねぎ丸ごと蒸し、玉ねぎの味噌汁、お刺身、豆腐、漬物、玉ねぎ丸ごと1個などとなります。

淡路島玉ねぎの甘くて柔らかくて瑞々しいという特徴を活かした調理方法となっています。

玉ねぎ尽くしの料理となります。玉ねぎのかき揚げは、玉ねぎの甘みが閉じ込められています。玉ねぎの蒸しは、玉ねぎに出汁の旨みが染み込んでいます。柔らかくて口に含むと溶けてしまいます。

生さわら丼御膳

生さわら丼御膳は、淡路島西海岸にある鳥飼漁港と都志魚港で水揚げが盛んなブランド食材「淡路島生サワラ」を使用したどんぶりがメインです。天ぷら、小鉢、味噌汁、漬物などが付いています。

生サワラ丼は、全国でも珍しい稀少なご当地グルメです。生のサワラは、さっぱりして甘みがあって、身が柔らかくとろけて旨い、皿まで舐めるとまでいわれています。

肉厚な身は脂が乗ってとても柔らかいです。とても淡白で一手間加えて旨味を引き出して美味しく食べられます。スダチを搾ってサッパリとした後味となります。

スライスオニオンのシャキシャキ感がアクセントとなります。ふっくらでモチモチでしっとりした淡路米との相性も抜群です。

みけ家へのアクセス方法・行き方

みけ家がある淡路ハイウェイオアシスへのアクセス方法・行き方は、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合、徳島方面からお越しの場合、一般道からお越しの場合でアクセスの方法が異なります。

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアの下りに入ります。淡路サービスエリアの下りの出口近くに淡路ハイウェイオアシスへの連結道路があります。連結道路を進むと淡路ハイウェイオアシスの駐車場に到着します。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアの上りに入ります。淡路サービスエリアの上りの出口近くに淡路ハイウェイオアシスへの連結道路があります。連結道路を進むと淡路ハイウェイオアシスの駐車場に到着します。

一般道からお越しの場合

一般道からお越しの場合、淡路インターチェンジ前の交差点から県道157号線の坂道を約700メートルほど登ったところに、淡路島公園の駐車場A1があります。駐車場A1に駐車して徒歩でトンネルの通路を抜けると淡路ハイウェイオアシスに到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

高速バスは、淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。淡路インターチェンジから淡路ハイウェイオアシスまでは徒歩で約8分となります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金680円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金420円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金470円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1270円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金680円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1270円)
ランチ
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました