お土産店「パルシェ香りの館」

娯楽・商業

パルシェ香りの館「物産館」は、お土産店でおすすめスポットです。淡路島で人気の土産品や特産品を販売しています。名産のお香をはじめ、香りの商品や地元の銘菓や名産品を取り揃えています。

店内は、香りの関連商品が並びます。香水は、ローズやジャスミン、ラベンダーやベルガモットなど多彩な種類があります。ルームフレグランスは、ポプリなどを使用したお部屋の芳香製品です。

エッセンシャルオイルは、淡路島産の「Suu(すう)」です。天然素材100パーセントです。農薬や化学肥料が一切不使用のハーブや果実を手摘みして抽出しています。素直で素朴な香りが特長です。

フレグランスジェルは、カラフルなパッケージや動物のパッケージなど可愛さが特徴です。芳香剤として使用できます。ボディソープは、自家製ラベンダーオイルを配合したソープとなります。

安眠ハーブは、ベッドに置いておくことでラベンダーなどリラックス効果のある香りがします。ハーブ枕は、ローズマリーのボケを防止する枕、レモングラスで記憶力を高める枕などがあります。

アロマネックレスは、お好みのアロマの精油を入れて常時香りがするネックレスとなります。リラックスできます。部屋の消臭剤は、試供品があります。実際に匂いを嗅いでみて好みの商品を選べます。

メイソンジャーキャンドルは、可愛い容器に入ったキャンドルです。トロピカルパラダイス、ブルベリーハイ、オレンジクリームシクル、ココナッツライム、ベビーパウダーなど種類が豊富です。

絵ろうそくは、職人が手描きで作った和ろうそくです。四季の花が描かれています。美しい絵と炎を同時に楽しめます。ネックレスは、可愛い花柄のネックレスが多数あります。

香りの関連商品は、日常用品が多数取り揃えてハーブの効果を生活に取り入れることができます。

地元の銘菓や名産品では、たまねぎドレッシング、たまねぎカレー、たまねぎスープ、たまねぎポテトチップスなど、特産品の玉ねぎを使用した関連商品が多数あります。人気商品となっています。

たまねぎドレッシングは、バジルやペッパーなどハーブを使用したオリジナルのドレッシングです。化学調味料が一切不使用で素材から作り上げた奥深い味に仕上がっています。リピーターが多いです。

たまねぎカレーは、JAあわじ島オリジナルカレーです。淡路島産の玉ねぎと淡路牛を使用しています。絶妙に配合したスパイスで独特の甘みと辛さがあります。化学調味料が一切使用で安心です。

たまねぎスープは、うづ志ほ名産店のオリジナルスープです。30年以上愛されているロングセラー商品です。年間500万食の実績です。淡路島産たまねぎの風味・甘味・辛味を堪能できます。

たまねぎチップスは、鳴門千鳥本舗の玉ねぎパウダーをふりかけたポテチとなります。兵庫県の五つ星ひょうご選定商品です。淡路島産たまねぎと淡路島産藻塩でシンプルな味わいです。

ジャムは、名産「いちじく」や「淡路島なるとオレンジ」を使用した手作りジャムです。食物繊維やビタミンCが豊富で、パンに塗ったり、ヨーグルトと一緒に食べると美味しいです。

ご当地サイダーは、淡路島の琵琶サイダーの他、伊予柑サイダー、すだちサイダー、高知メロンサイダー、瀬戸内はちみつレモンサイダーなど豊富です。地ビール「あわじビール」もあります。

ドロップ飴は、ラベンダードロップスやローズドロップス、びわドロップスや淡路島ラムネです。

なお、パルシェ香りの館は淡路島北西部にあります。花畑、温室、展示施設、体験施設、温泉施設、宿泊施設、土産施設、レストラン、ファストフード店、ハーブショップがある複合施設です。

花畑では、ラベンダー、コスモス、カレンデュラ、セージなどの摘み取り体験ができます。温室では、24種類のフクシアなどが鑑賞できます。ご当地グルメでは、生しらす丼や牛丼などが食べられます。

ハーブショップでは、ハーブ苗や花の苗、野菜の苗を販売します。宿泊施設では、天然温泉に浸かり、地元食材の料理、オーシャンビューの客室があります。全長70メートルの大型滑り台があります。

パルシェ香りの館の基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話:0799-85-1162
  • 公式サイト:https://www.parchez.co.jp/
  • 営業時間:8:30~17:00(受付16:00)
  • 定休日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • 座席数:約40席(テーブル席)
  • 駐車場:約200台
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました