2021年7月21日 創作フレンチ「ラローズ(La Rose)」が淡路島にオープン

ニュース

2021年7月21日(水)に、淡路島北部の滞在型フランス料理レストラン「Auberge(オーベルジュ)フレンチの森」で、創作フランス料理レストラン「ラローズ(La Rose)」がオープンしました。

3棟で1棟目のオーベルジュ「ラローズ(La Rose)」では、フランス3つ星レストランで研鑽を積んだ新進気鋭の村上遼太郎シェフによる「和」と「フランス料理」のフュージョン料理を提供します。

淡路島の大地と海の恵みを最大限に引き出します。厳選された旬の素材を使用した感動的な一皿です。シェフ自らソムリエの資格を持ち、選び抜かれたワインとともにマリアージュを堪能できます。

宿泊施設では、爽やかな香りのヒノキ風呂が設置されています。季節毎に姿を変える美しい景観、静けさに包まれた空間、小鳥のさえずりなど自然と一体になれる優雅な宿泊体験を提供します。

創作フレンチ「ラローズ(La Rose)」

正式名称は、創作フランス料理レストラン「La Rose(ラ・ローズ)」となります。

株式会社パソナふるさとインキュベーションが運営する滞在型フレンチレストラン「オーベルジュ フレンチの森」に誕生します。淡路島の食と自然を満喫する「滞在型の観光」の機会の創出が目的です。

淡路島北部の自然が広がる山の上にレストランと宿泊施設が一体の3棟の滞在型レストラン(オーベルジュ)です。淡路島の厳選食材を使用した極上のフランス料理と非日常の宿泊体験を提供します。

新進気鋭の3名のシェフが棟毎に異なるテーマで淡路島の旬の食材が持つ魅力を引き出した本格フランス料理を提供します。3棟の1棟目が創作フランス料理レストラン「ラローズ(La Rose)」です。

創作フランス料理レストラン「ラローズ(La Rose)」のシェフは村上遼太郎さんが務めます。

Restaurant Richard Coutanceau(Restaurant-Christopher Coutanceau)など三ツ星レストランで研鑽を積み、銀座のフランス料理レストランを経て現在に至ります。JASソムリエを取得しています。

日本で稀な食材自給率100パーセントの恵まれた淡路島で、自然豊かな土地で安全な食材、採れたての新鮮食材を使える環境、生産者と直接取引で実現できる安心な料理を大切に作ります。

淡路島の大地と海の恵みを最大限に引き出します。厳選された旬の素材を使用した感動的な一皿です。シェフ自らソムリエの資格を持ち、選び抜かれたワインとともにマリアージュを堪能できます。

オープン記念コースとして、ランチコースとディナーコースがあります。ランチコースが5500円(税込)、ディナーコース8800円(税込)です。淡路島の食材にこだわる創作フランス料理です。

ランチタイムが11時30分から15時30分まで(最終13時30分)、ディナータイムが17時30分から21時30分まで(最終19時)となります。定休日は火曜日です。

ランチコース

  • 淡路チャレンジファームの新玉葱のタルト
  • 由良産 甲鳥賊と鳴門オレンジのマリネ
  • 明石鯛のヴァプール 淡路産トマトのソース
  • 神戸ポークのロティ 山菜添え
  • 淡路紅ほっぺのムースとグラス
  • トリュフショコラ
  • コーヒー/紅茶

ディナーコース

  • 淡路チャレンジファームの新玉葱のタルト
  • 由良産 甲鳥賊と鳴門オレンジのマリネ
  • 淡路の春豆と帆立のポワレ
  • 明石鯛のヴァプール 淡路産トマトのソース
  • 淡路和牛のロティ 山菜添え
  • 淡路紅ほっぺのムースとグラス
  • トリュフショコラ
  • コーヒー/紅茶

詳細・基本情報

  • 店名:La Rose(ラ・ローズ)
  • オープン日:2021年7月21日(水)
  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本字場中2593-8
  • 電話番号:0799-70-9062
  • 公式ホームページ:https://www.frenchnomori.jp/
  • 営業時間:11:30~15:30(L.O.13:30)、17:30~21:30(L.O.19:00)
  • 定休日:火曜日
  • 業態:創作フランス料理レストラン
  • 席数:28席(テーブル席、テラス席)
  • 駐車場:20台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました