こびとづかん「もりのめいろ」ニジゲンノモリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵本「こびとづかん」をテーマにしたアトラクション「もりのめいろ」が常設オープンしました。淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるレストラン「モリノテラス」にあります。

木製の子供向けのミニアスレチックです。「こびとづかん」をテーマにした「もりのめいろ」は、まよいのもり、もりのしげみ、くるくるきのこ、土のめいろの4つのエリア分かれています。

各エリアに隠れているたくさんのコビトを立ったり、しゃがんだり、くぐったり、全身を使ってエリアに隠れているたくさんの「こびと」を探すアトラクションです。利用料金は500円となります。

こびとづかん「もりのめいろ」の基本情報

  • 住所:〒656-2301 淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061
  • 場所:モリノテラス
  • オープン:2017年11月25日(土)~
  • 営業時間:11:00~19:00(最終受付18:30)
  • 利用料金:500円
  • 定休日:無休
  • 入園料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 駐車料金:無料(約500台)
    ※A1、A2駐車場は初回の3時間無料、その後1日500円
    ※アトラクションにより最寄駐車場が異なります。

こびとづかん「もりのめいろ」の内容

2017年11月25日(土)から、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」のレストラン「モリノテラス」に、絵本「こびとづかん」をテーマにしたアトラクション「もりのめいろ」がオープンしました。

木製の子供向けのミニアスレチックです。「こびとづかん」をテーマにした「もりのめいろ」は、まよいのもり、もりのしげみ、くるくるきのこ、土のめいろの4つのエリア分かれています。

各エリアに隠れているたくさんのコビトを立ったり、しゃがんだり、くぐったり、全身を使ってエリアに隠れているたくさんの「こびと」を探すアトラクションです。利用料金は500円となります。

2018年12月7日に、ミニアトラクション「もりのめいろ」が来場5000人を突破するということで、「カクレモモジリの特大ぬいぐるみ」をプレゼントキャンペーンが開催されました。

5000人目の来場されるお子さんに絵本「こどもづかん」のキャラクター「カクレモモジリ」の特大ぬいぐるみがプレゼントされます。現在もニジゲンキッズに大人気のアトラクションです。

なお、レストラン「モリノテラス」には関西初となるショップ「こびと百貨店」がオープンしています。「こびとは、いつも、みんなのそばに」を合言葉に、グッズの販売、ショップの雰囲気、サービスにこだわる「こびとづかん」のコンセプトショップです。

こびとづかんの概要

「こびとづかん」は2006年に発売された絵本です。主人公の「ぼく」が、動物でも植物でも昆虫でもロボットでもない不思議な生き物「こびと」を見つけるお話です。2008年には「こびと大百科」、2010年には「こびと観察入門」が発売されます。これらの発売で「こびと探し」が流行となりました。

こびとづかんのショップ「こびと百貨店」

「こびとは、いつも、みんなのそばに」を合言葉に、グッズの販売、ショップの雰囲気、サービスにこだわる「こびとづかん」のコンセプトショップです。関西で初出店です。販売商品は、こびとづかんの本やDVDやCDをはじめ、キャラクターのグッズを取り揃えています。

こびと百貨店の基本情報

  • 場所:レストラン「モリノテラス」
  • 営業時間:平日12:00~19:00、休日11:00~20:00
  • 最寄駐車場:F駐車場

こびとづかん「もりのめいろ」のアニメパーク

こびとづかん「もりのめいろ」があるニジゲンノモリは、淡路島公園にある淡路島の自然と二次元の世界を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の広大な敷地に、日本の漫画やアニメやゲームの世界感をテーマにしたエリアが点在します。

現在、アニメ「クレヨンしんちゃん」、アニメ「ナルト NARUTO」、漫画「火の鳥」、絵本「こびとづかん」をテーマにしたエリアでがあります。アトラクションやショップなどで世界観を体験できます。

レストラン「モリノテラス」では、淡路島の食材を使った料理とオリジナルキャラクターのグッズを販売しています。グランシャリオ北斗七星では、星の見える宿泊施設としてグランピングを体験できます。

ニジゲンノモリ 淡路島公園アニメパーク
ニジゲンノモリは、淡路島にあるアニメパークです。「クレヨンしんちゃん」や「ナルト&ボルト」、「火の鳥」など、日本の漫画やアニメなど二次元の世界観を楽しめるテーマパークです。入場は無料です。 アニメと自然を融合させたアトラクションをはじ...

こびとづかん「もりのめいろ」のアクセス

こびとづかん「もりのめいろ」があるニジゲンノモリへのアクセスは、交通手段として、自動車、高速バス、高速船の3つがあります。最寄り駐車場はF駐車場です。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジを下ります。一般道を真っ直ぐ走ること約3分でニジゲンノモリのF駐車場に到着します。

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061(受付時間:平日10:00~18:30)
  • 駐車場:F駐車場(無料)普通車約100台

高速バスの場合

高速バスの場合は、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅から淡路島行きの高速バスが運行しています。淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。

淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。なお、淡路インターチェンジの高速バス乗り場からニジゲンノモリのF駐車場までは無料シャトルバスが運行しています。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路インターチェンジ(所要時間40分、乗車料金670円)
  • 高速舞子駅ー淡路インターチェンジ(所要時間10分、乗車料金410円)
  • 学園都市駅ー淡路インターチェンジ(所要時間20分、乗車料金460円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路インターチェンジ(所要時間70分、乗車料金1250円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路インターチェンジ(所要時間55分、乗車料金670円)
  • なんば駅ー淡路インターチェンジ(所要時間90分、乗車料金1250円)

高速船の場合

高速船の場合は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を運航しています。明石港はJR明石駅から徒歩10分で到着します。岩屋港から徒歩1分で無料シャトルバスの乗り場があり、ニジゲンノモリのF駐車場まで運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニジゲンノモリ(淡路島公園)
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!