淡路島観光スポットおすすめ34選

淡路島玉ねぎのスープスタンド蛇口付き 淡路ハイウェイオアシス

淡路島玉ねぎのスープスタンドが人気です。淡路島にある淡路ハイウェイオアシスで、蛇口をひねると玉ねぎスープが注がれる世界初の「淡路たまねぎスープスタンド」が登場しています。

何回でも無料で試飲できる飲み放題のサービスです。全国ブランドの淡路島玉ねぎを使った美味しいスープを多くの方に味わってもらうために設置されました。稼動時間は11時から17時までです。

淡路島玉ねぎを100%使用した「淡路たまねぎスープ」は、淡路ハイウェイオアシスのお土産で人気ナンバーワン商品となっています。累計販売総数6000万食を超えるヒット商品です。

淡路ハイウェイオアシスでは、「淡路たまねぎスープ」をもっと多くの方に、もっと手軽に味わって、もっと存分に味わって、もっと美味しいと感じて欲しいと試飲サービスを検討しました。

試飲サービスは、ポットでなく蛇口から「淡路たまねぎスープ」を出したら、インパクトがあって楽しいという意見から、淡路たまねぎスープの蛇口付きスタンドの設置が決まりました。

淡路たまねぎスープスタンドは、2018年4月5日(木)に神戸淡路鳴門自動車道が全通20周年になることを記念して4月7日(土)からのお披露目となりました。

その後、2020年3月29日(日)に淡路北スマートインターチェンジが開通することを記念して、3月17日(火)にリニューアルとなりました。2代目は大幅にモデルチェンジしています。

なお、淡路ハイウェイオアシスの詳細については、「淡路ハイウェイオアシス 淡路島の玄関口にある観光スポット」の記事をご参照ください。

淡路島玉ねぎのスープスタンド蛇口付き

淡路たまねぎスープスタンドは、淡路ハイウェイオアシスにあるオアシス館の建物に向かって左側の入口から入ったエントランスに設置されています。開放感あふれるアトリウム空間の入口です。

初代は、高さが1.8メートル、幅が1メートルで、公式イメージキャラクター「淡路タマ子さん」と人気ナンバーワン商品「淡路たまねぎスープ」を描かれて、玉ねぎカラーのカワイイ外観でした。

スタンド内には、ヒーターで温め可能な大きな寸胴鍋に淡路たまねぎスープが大量に入れられています。寸胴鍋を2つの蛇口につないで、蛇口をひねると熱々の淡路たまねぎスープが出る仕組みです。

スープスタンドは、来場者の約80パーセント以上が利用していました。平日は約600人、土日祝は約1500人と盛況ぶりでした。初代のメンテナンスが必要となり2代目が導入されました。

2代目は、高さが1.8メートル、幅が1メートルで、イメージキャラクター「淡路タマ子さん」が立体的に表現されています。音声スイッチを押すとお話しします。モデルチェンジした最新システムです。

スタンド内には給湯器とコンロ2台が増設されています。スープの補充がスムーズになりました。

淡路たまねぎスープスタンドは、保健所による衛生面の基準をクリアしてから設置されているので安心できるサービスです。提供時間は午前11時から午後5時まで年中無休です。

これまで蛇口から出てくる全国の名産品として、愛媛県の松山空港ではポンジュースが出る蛇口、京都府の小学校では宇治茶が出る蛇口、香川県の高松空港では讃岐うどん出汁が出る蛇口があります。

さらに、青森県の八戸空港ではリンゴジュースが出る蛇口、静岡県島田市の小学校では緑茶が出る蛇口、愛知県東海市の市役所ではカゴメトマトジュースが出る蛇口などがあります。

ご当地グルメの蛇口シリーズとして、新たに兵庫県の淡路島玉ねぎスープが出る蛇口が加わることになりました。淡路島玉ねぎのスープスタンドの設置以降、長蛇の列となるほど大人気です。

明石海峡大橋を渡ってすぐという立地から、淡路島観光の新スポットとして名物となりそうです。

試飲の方法

試飲の方法は、紙コップを蛇口にセットして、蛇口をひねると熱々の「淡路たまねぎスープ」が出てきます。お好みの量を調整しながら蛇口を止めるという簡単手順です。

トッピングには、淡路島玉ねぎのオニオンフライが用意されています。こちらもお好みの量を投入できます。淡路たまねぎスープの味は濃厚なコンソメ味となっています。

淡路たまねぎスープは、淡路島玉ねぎの美味しいエキスがたっぷりと入っています。コンソメのしっかりとした味わいが絶妙に演出して濃厚で深みのある味となっています。

トッピングの淡路島玉ねぎのフライドオニオンを加えると、淡路島玉ねぎの濃厚な味にアクセントとして香ばしさが増します。おかわり自由で無料で何回でも試飲を楽しむことができます。

なお、淡路たまねぎスープの熱さは、美味しくいただけるように熱々で80度ほどになっています。くれぐれもやけどには注意しながら淡路たまねぎスープを堪能してください。

公開記念キャンペーン

2018年4月7日(土)から7月16日(月)まで、淡路ハイウェイオアシスで、淡路たまねぎスープスタンドの公開記念キャンペーンが開催されました。

淡路ハイウェイオアシスの公式インスタグラム、公式ツイッター、公式フェイスブックのいずれかをフォローして、「淡路たまねぎスープスタンド」の写真をアップすると、淡路ハイウェイオアシスにあるレストラン6店舗で飲食代が1割引きとなります。

なお、1組4名様までご利用可能で、期間中1回限りとなります。淡路ハイウェイオアシスの対象レストランで会計前にアップ画面を提示することになります。

公開記念キャンペーンの基本情報

  • 開催期間:2018年4月7日(土)~7月16日(月)
  • 開催場所:淡路ハイウェイオアシスのレストラン6カ所
  • 必要条件:淡路ハイウェイオアシスの公式インスタグラム、公式ツイッター、公式フェイスブックのいずれかをフォロー、「淡路たまねぎスープスタンド」の写真をアップ
  • 特典:お食事代10%OFF
  • 対象店舗:みけ家、大富、すし富、MOSTAJI(モスタージ)、Pont et mer(ポンテメール)

淡路たまねぎスープ

淡路たまねぎスープは、淡路島玉ねぎを100パーセント使用したエキスが入ったスープの素です。1袋を150ミリリットルのお湯で溶かして、フライドオニオンをかけていただきます。

淡路ハイウェイオアシスにある淡路島土産として人気ナンバーワンの商品です。累計販売総数6000万食を超えており、淡路島でもダントツの知名度を誇り定番商品のお土産となっています。

淡路島玉ねぎのスープスタンドの試飲コーナーが登場して以降、淡路島の名物スポットとなりました。長蛇の列に並んで試飲された皆さんが10パック以上をまとめ買いされるパターンが増えました。

淡路島といえば全国屈指の玉ねぎ王国として知られています。兵庫県は全国で北海道に続いて2番目の玉ねぎ収穫量を誇ります。兵庫県の玉ねぎの90パーセント以上は淡路島産となります。

淡路島玉ねぎは、甘い、柔らかい、瑞々しいと三拍子揃って美味しいと称されています。

淡路島玉ねぎの美味しい理由は、瀬戸内海の温暖な気候で日照時間が長いこと、島特有の潮風を受けてミネラル豊富で水はけが良い肥沃な土壌であること、約7カ月をかけて育てていることが理由です。

収穫後には、「玉ねぎ小屋」と呼ばれている小屋に吊り下げられて、ゆっくりと自然乾燥させていきます。自然乾燥することで甘みが増して色艶も際立ちます。美味しさとコクが格段に増します。

その結果、全国でも名産品として有名な淡路島玉ねぎのブランドを構築していったのです。

淡路玉ねぎスープは、ミネラルたっぷりで甘い淡路島玉ねぎを丁寧にソテーして甘みを引き出しています。コンソメのしっかりとした味わいが絶妙にマッチします。深みのある味わいです。

淡路たまねぎスープの発売以降、淡路島のお土産で人気商品です。現在、販売商品は、コンソメ(プレーン)・カレー・ポタージュ・はるさめ・プレミアム・アソートの6種類となります。

  • 淡路たまねぎスープ(コンソメ):550円(税込)10食
  • 淡路たまねぎスープ(カレー):550円(税込)10食
  • 淡路たまねぎスープ(ポタージュ):690円(税込)5食
  • 淡路たまねぎスープ(はるさめ):690円(税込)5食
  • 淡路たまねぎスープアソート:760円(税込)コンソメ3食・ポタージュ3食・カレー2食
  • 淡路たまねぎスーププレミアム:890円(税込)5食

なお、淡路たまねぎスープアソートは、2019年7月25日に販売開始されたプレーン(コンソメ)、ポタージュ、カレーと3種類の味を楽しめるパックとなります。

詳細・基本情報

リニューアル日2020年3月17日(火)
設置日2018年4月7日(土)
開催場所淡路ハイウェイオアシス
稼働時間11:00~17:00
利用料金無料(一人何回でも試飲が可能です)
サイズ幅1000mm、高さ1880mm、奥行1480mm、蛇口数2口
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
電話0799-72-0220
公式HPhttp://www.awajishimahighwayoasis.com/
営業時間9:00~20:00(平日・土日祝)
休業日無休
駐車場約560台(普通車)、約50台(大型車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路SA上下線から車で約1分
タイトルとURLをコピーしました