淡路島 北の桜守 洲本オリオンで上映(4/21~5/11)

4月21日(土)から5月11日(金)まで、淡路島の唯一の映画館 洲本オリオンで、「北の桜守(きたのさくらもり)」が上映されます。「北の桜守」は3月10日(土)から公開された映画です。「北の零年」、「北のカナリアたち」に続く「北の3部作」の最終章となります。主演は今作が120本の記念となった女優 吉永小百合さんです。監督は「おくりびと」で世界を魅了した滝田洋二郎さんです。この他、堺雅人さん、篠原涼子さん、佐藤浩市さん、阿部寛さん、岸部一徳さん、高島礼子さんなど豪華キャストが顔を揃えています。今回描かれるのは戦中から戦後の激動の時代を死に物狂いで生き抜いた「家族の愛の物語」です。「昭和」の時代をスクリーンに蘇らせた、北の史実に心を揺さぶられる作品です。なお、上映期間中の4月27日(金)、4月28日(土)、5月7日(月)は休館となります。また、洲本オリオンは駐車場がありません。近隣の洲本市役所駐車場、イオン洲本店駐車場、エディオン駐車場、洲本バスセンター前駐車場などを利用することとなります。

北の桜守の上映の詳細情報

  • 開催場所:洲本オリオン
  • 開催期間:4月21日(土)~5月11日(金)(4/27、4/28、5/7は休館)
  • 開催住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8
  • 電話番号:0799-22-0265
  • 座席数:100席
  • HP:洲本オリオン
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約10分
  • 駐車場:洲本市役所駐車場、イオン洲本店、洲本バスセンターの駐車場が比較的広いです。なお、駐車料金は最初1時間無料でその後1時間毎100円となります。

「北の桜守」の上映スケジュール

北の桜守の上映スケジュールは、10時30分、13時、15時30分、18時の1日4回となります。なお、13時からの上映は、難聴者用に日本語字幕版の上映となります。

  • 10:30~、13:00~、15:30~、18:00~

「北の桜守」の入場料金

北の桜守の入場料金は、大人1800円、大学生1500円、高校生以下1100円、シニア(60歳以上)1100円、身障者手帳保持者1100円となります。
  • 一般1800円、大学生1500円、高校生以下1100円、シニア(60歳以上)1100円 身障者手帳保持者1100円

「北の桜守」の概要

女優 吉永小百合さんが主演を務めた、北海道の大地を舞台にした「北の零年(2005年)」、「北のカナリアたち(2012年)」に続く「北の三部作」の最終章で集大成となる人間ドラマとなります。女優 吉永小百合さんの120本目を記念する出演作品です。厳しくも温かく息子を守る母・江蓮(えづれ)てつ役を吉永小百合さん、苦難を乗り越え成功して再び母と過ごす決意をする息子・修二郎役を堺雅人さん、修二郎の妻・真理を篠原涼子さん、親子を見守る山岡役に岸部一徳さん、てつの夫・徳次郎役に阿部寛さん、てつたち親子を助ける菅原役を佐藤浩市さんなど、豪華キャストが顔を揃えています。監督は「おくりびと(2008年)」で有名なの滝田洋二郎さん、脚本は「北の三部作」全作品を手掛ける那須真知子さん、舞台演出に「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」が名を連ねています。多くの名作が生まれた北海道の雄大な風景の中で、今回描かれるのは戦中から戦後の激動の時代を死に物狂いで生き抜いた「家族の愛の物語」です。「昭和」の時代をスクリーンに蘇らせた、北の史実に心を揺さぶられる作品です。

「北の桜守」の詳細情報

  • 公開日:2018年03月10日
  • 上映時間:126分
  • 監督:滝田洋二郎
  • 脚本:那須真知子
  • 舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • 出演者
    吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、高島礼子、永島敏行、安田顕、笑福亭鶴瓶、中村雅俊、阿部寛、佐藤浩市

「北の桜守」のあらすじ

1945年5月、樺太に住む江蓮(えづれ)家の庭に待望の一輪の桜の花が咲いた。夫と息子たちと暮らす江蓮てつが大切に育てたその花は、家族にとって希望の花のはずだった。1945年8月、本土が終戦に向かう中でソ連軍が侵攻を開始した。樺太に残る夫との再会を約束して、江蓮てつは二人の息子と共に樺太を脱出して、命からがら決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの凍てつく寒さと厳しい飢えが襲いながらも、親子は必死になって懸命に生き抜くのだった。時は流れて1971年、次男の修二郎はアメリカに渡って成功を収めて、米国ホットドックストアの日本社長として帰国する。そして、15年ぶりに網走へと向かう。母を訪ねると、そこには長男の姿はなく、年老いた母てつの姿があった。たった一人で夫を待ち続けて、侘しい暮らしをしていた。修二郎は一人暮らしが心許なく思える様子に、札幌へと連れ帰り、一緒に暮らして面倒を見る決意をする。息子夫婦と一緒に暮らし始めたてつだったが、薪を使い米を炊いて近所から苦情を受けたり、金を払わないまま八百屋から葱を持ち去ろうとするなど、次第に不可解な行動が目立つようになる。年老いたてつは、戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていたのだった。てつ自身もその変化を自覚していくのだった。てつは立派になった修二郎に迷惑をかけたくないとの思いから一人で網走に戻ろうとした。しかし、網走の住処はすでに取り壊された後だった。帰る場所を失ったてつと、てつに寄り添いたいと思う修二郎だった。二人で北海道の各地を巡り、共に過ごした過去の記憶を拾い集めるように旅を始める。その旅は、親子の抱える禁断の記憶の扉を開けてしまうのだった。そして満開の桜の下で明かされる、衝撃の結末。

洲本オリオンの概要

淡路島の洲本市にある淡路島で唯一の映画館です。戦前は淡路人形浄瑠璃を上演する芝居小屋として存在していました。その後、「昭和館」や「福助座」と変遷していき、1951年に公募により「オリオン」と命名して映画館となりました。映画の最盛期には洲本市にも7つの映画館がありました。1975年に建物を現在の風貌に改築しました。その後、得意の洋画以外に邦画も上映するようになりました。洲本市出身の作詞家の阿久悠さんや俳優の笹野高史さんも学生時代に通っていたそうです。2011年7月に3Dデジタルシネマシステム(ドルビー3D)を導入してデジタル化しました。2012年から毎年4月下旬と10月上旬に「城下町洲本レトロなまち歩き」と題したイベントを洲本オリオン周辺で開催しています。運営は「城下町洲本再生委員会」が行っており、代表を洲本オリオン代表である野口純子さんが務めています。ただ、島外にあるシネコンの影響を受けて、2013年10月に映画館としての営業を一時終了しました。その後、2014年6月に山口賀生さんが「島の映画やさん」を名乗って映画上映会企画を立ち上げました。この活動が功を奏して2014年9月に「ベイマックス」や「アナと雪の女王」というアニメ上映会を洲本オリオンで2日間開催しました。全ての上映回がほぼ満席の状態となり、企画は成功しました。その後、2016年にはGWと夏に年末年始に「ガールズ&パンツァー」の上映会を開催。そして、2016年の年末に洲本オリオンは、休館を取り下げて常時上映でなく定期的な上映会を継続しています。

error:Content is protected !!