お土産「淡路たまねぎスープ」

娯楽・商業

淡路たまねぎスープは、お土産でおすすめです。甘く、やわらかく、みずみずしいの3拍子が特徴の淡路島玉ねぎのエキスがたっぷり入ったスープの素となります。島内で1番人気の品物です。

淡路島産の玉ねぎといえば、今や全国ブランドの特産品となりました。瀬戸内海の温暖な気候と肥沃の大地で育てられます。玉ねぎ小屋で自然乾燥させることで甘味を増幅させています。

玉ねぎの旨味を凝縮した粉末タイプで10袋入りです。スープとして利用するだけでなく、調味料として優秀です。チャーハンをはじめ、料理の味付けに使い勝手が良いです。

淡路玉ねぎスープの販売価格は、1袋10食入りで550円(税込)となります。

スープの食べ方は、お好みのカップやお椀に粉末1袋を入れます。沸騰したお湯を150ミリリットル注ぎます。よくかき混ぜます。トッピングのフライドオニオンを振りかけると完成します。

味は、玉ねぎの甘味と旨味が、コンソメの塩加減と絡み合って絶妙なコクと深みを出しています。菜種油で揚げたフライドオニオンは、サクサク食感と香ばしい風味でスープを味を引き立てます。

冷めないうちに美味しくいただけます。手間いらずの簡単操作で本格スープが味わえます。体に優しい原材料で素材で身体に染みわたります。ランチやディナーのスープに料理の味わいが一層増します。

一日の始まりをスムーズに切らせてくれる朝食のスープ以外にも、料理の隠し味・優秀な調味料として大活躍します。茶碗蒸し、チャーハン、唐揚げ、カレー、お漬物などの味付けにおすすめです。

淡路島では、淡路市・洲本市の・南あわじ市の「ふるさと納税」として販売しています。

主な販売店は、淡路ハイウェイオアシスの物産館です。ナンバーワンの人気商品です。累計販売総数が5500万食(2017年12月現在)を超えており、淡路島で抜群の人気を誇る看板商品です。

2018年には、名物スポットとして蛇口から淡路たまねぎスープが出るスープスタンドが登場しました。何杯でも淡路たまねぎスープの試飲ができる人気スポットとなっています。

週末は長蛇の列となります。試飲される方、撮影される方など大人気です。試飲できるプレーンタイプは、10パックや20パックなど一度にまとめ買いされる方も登場しています。

淡路島のお土産でおすすめは以下の記事をご参照ください。

なお、淡路ハイウェイオアシスは、淡路島北部の複合施設です。緑豊かなアトリウム空間に、フードコート、レストラン、カフェ、ショップがあります。淡路サービスエリアに直結して往来が自由です。

展望広場から明石海峡大橋の絶景を眺められます。淡路島玉ねぎスープが無料で飲めるスープスタンドや竹ちくわの自販機などが名物です。兵庫県立淡路島公園ニジゲンノモリとも直結しています。

ショップは、淡路島最大級の品揃えです。レストランは、和食、寿司、イタリアンがあります。フードコートは、うどんや丼などを提供します。カフェは、バーガー、ソフトなどを提供します。

淡路ハイウェイオアシスの基本情報は以下のとおりです。

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました