淡路島 渋滞 ゴールデンウィークGWの予測情報と回避方法

淡路島を走る神戸淡路鳴門自動車道が、今年のゴールデンウィークの渋滞予測で約50キロとなり全国でも最長となっています。昨年も実際にピーク時で約45キロの渋滞となりましたので、今年もピーク時に昨年と同様の渋滞となることは確実です。さらに今年のゴールデンウィークの渋滞は、4連休となる後半の5月3日(木祝)、4日(金祝)、5日(土祝)に集中するとみられて多少延びる可能性もあります。せっかく淡路島で観光を楽しんでも、最後の渋滞で台無しとなっては元も子もありません。今回は、淡路島を走る神戸淡路鳴門道における現在出されている渋滞予測と回避方法をご紹介します。

淡路島のゴールデンウィークの渋滞予測情報

神戸淡路鳴門自動車道下りの渋滞予測

5月3日(木祝)

  • 渋滞時間:8時~18時
  • 渋滞区間:布施畑JCT-東浦IC
  • ピーク時:15時(約20キロ)

5月4日(金祝)

  • 渋滞時間:9時~14時
  • 渋滞区間:布施畑JCT-淡路IC
  • ピーク時:12時(約15キロ)

神戸淡路鳴門自動車道上りの渋滞予測

5月4日(金祝)

  • 渋滞時間:15時~23時
  • 渋滞区間:洲本IC-垂水JCT
  • ピーク時:20時(約40キロ)

5月5日(土祝)

  • 渋滞時間:14時~24時
  • 渋滞区間:西淡三原IC-垂水JCT
  • ピーク時:19時(約50キロ)

淡路島のゴールデンウィークの渋滞回避方法

出発時間をずらす

渋滞を回避する方法として最も有効な方法は、行きも帰りも出発時間をずらすことです。渋滞時間を避けることにより渋滞に遭遇することを防ぐことができます。神戸淡路鳴門道では、ゴールデンウィークの渋滞が、5月3日(木)~5月5日(土)の特定の時間帯に発生することが予測されています。ピーク時に20キロ以上の渋滞が予測される日にちで、上り下りのおすすめの時間帯は下記の通りとなります。

神戸淡路鳴門自動車道下りのおすすめ時間

  • 5月3日(木祝)は、8時以前に明石海峡大橋を通過して淡路島に上陸する
  • 5月3日(木祝)は、18時以降に明石海峡大橋を通過して淡路島に上陸する

神戸淡路鳴門自動車道上りのおすすめ時間

  • 5月4日(金祝)は、15時以前に明石海峡大橋を通過して本州に上陸する
  • 5月4日(金祝)は、22時以降に明石海峡大橋を通過して本州に上陸する

  • 5月5日(土祝)は、14時以前に明石海峡大橋を通過して本州に上陸する

経路を選択する

高速道路は、渋滞が特に激しい区間においては複数のルートを選択できるように設計されています。神戸淡路鳴門道では、渋滞が発生しやすい明石海峡大橋から大阪方面のルートにおいて、第二神明道路経由、神戸山手線経由、新神戸トンネル経由の3つのルートが選択できます。ただ、高速料金や走行距離の兼ね合いもありますので、状況に応じての対応となります。

第二神明経由ルート

  • 図形情報板通称:阪高3経由
  • 明石海峡大橋ー垂水JCTー名谷JCTー阪神高速
  • ETC車料金:2410円
  • 現金車料金:3880円
  • 総距離:51.0キロ

神戸山手線経由ルート

  • 図形情報板通称:阪高31経由
  • ルート:明石海峡大橋ー布施畑JCTー白川ICTー湊川JCTー阪神高速
  • ETC車料金:2300円
  • 現金車料金:3820円
  • 総距離:57.6キロ

新神戸トンネル経由ルート

  • 図形情報板通称:阪高32経由
  • ルート:明石海峡大橋ー布施畑JCTー箕谷JCTー国道2号出口ー生田川入口ー阪神高速
  • ETC車料金:2300円
  • 現金車料金:5120円
  • 総距離:59.4キロ

サービスエリアSA、パーキングエリアPAを活用する

サービスエリアSA、パーキングエリアPAでは、リアルタイムの交通情報が確認できます。特に交通が混雑する期間に渋滞情報に加えて、図形情報板を使ってルート別の所要時間を表示しています。神戸淡路鳴門道の場合、図形情報板に先ほどの3ルートの通称「阪高3経由」「阪高31経由」「阪高32経由」で、3つのルートの明石海峡大橋から神戸(生田川出入口)までの所要時間が表示されます。また、サービスエリアSA、パーキングエリアPAのインフォメーションなどで、渋滞が予測される日時や区間を記載した「渋滞予測ガイド」の配布も行っています。

渋滞走行のテクニック

渋滞でも一般道に下りない

淡路島の神戸淡路鳴門道で渋滞になった場合、迂回ルートを探すために高速道路を下りたとしても、最終的には高速道路に上って明石海峡大橋を渡らなければなりません。また、淡路島の一般道の迂回ルートは東海岸と西海岸の2本だけと少ないです。山越えなどを考慮すれば、おそらく東海岸沿いを走る国道28号線が唯一の迂回ルートとなります。そのため、高速道路が1本に対して迂回ルートも1本となり、高速道路以上の渋滞に巻き込まれる可能性もあります。最寄りのインターチェンジから上り、高速道路で渋滞に巻き込まれた場合は、一般道に下りずにそのまま高速道路を走るほうが賢明かもしれません。

基本は左車線、出入口付近は一時右車線

淡路島の神戸淡路鳴門道で渋滞になった場合、基本的に左車線のほうが流れが早くなる可能性が高いです。ただし、サービスエリアPA付近もしくはパーキングエリアPA付近、インターチェンジIC付近では、出る車以上に入る車や合流する車が多くなるので左車線が滞る可能性が高くなります。あらかじめ、一時右車線に移動しておいた早い可能性が高いです。淡路サービスエリア、東浦インターチェンジ、北淡インターチェンジがポイントとなります。

関連記事