海の舎 淡路島のハンバーグやオムライスでおすすめ洋食レストラン

洋食・外国料理

海の舎は、淡路島のハンバーグやオムライスでおすすめの洋食レストランです。場所は淡路島北西海岸の劇場&レストラン「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」にあります。アクセスは淡路インターチェンジから車で約10分です。

ランチは、クラッシックな洋食コース、オムライスやカレーのセットが提供されます。カフェはズコットケーキやフルーツタルトのセットが提供されます。ディナーは、昔懐かしい洋食コースが提供されます。

食材は、淡路島産の牛肉(淡路牛)、鶏卵、野菜などを使用して地産地消にこだわります。

アンティークなシャンデリア、置き物、食器、絵画など調度品が飾られた明治時代を彷彿するレトロな雰囲気です。ピアノの生演奏も楽しめます。格式ある華やかで優雅な空間で大人時間を過ごせます。

2階には、バーカウンターがあり、バーテンダーがアルコールなどを提供しています。総合プロデュースは、ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸さんが務めます。

海の舎 青海波

なお、「海の舎」も含めて、淡路島のランチでおすすめのお店は「淡路島ランチおすすめ22選」の記事をご参照ください。

海の舎の詳細・基本情報

  • 店名:海の舎(うみのや)UMINOYA
  • 住所:〒656-1723 兵庫県淡路市野島大川70
  • 電話:0799-70-9020
  • 公式HP:https://awaji-seikaiha.com/
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)、14:00~18:00(L.O.17:00)、18:00~21:00(L.O.20:00)
  • 休業日:木曜日
  • 座席数:約80席(テーブル約72席、カウンター約8席)
  • 駐車場:約50台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で10分

海の舎の雰囲気・様子

海の舎は、兵庫県淡路市にある劇場&レストラン「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」にある洋食レストランです。場所は、淡路島の北西海岸にあります。演劇や和楽、アニメなど芸能と和食と洋食が楽しめます。

アクセスは、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約10分です。県道31号線(通称:淡路サンセットライン)沿いにあります。駐車場は無料で約50台が収容できます。

建物は3棟が連なる中央にあります。クラシックな洋館の2階建です。営業時間はランチが11時から15時まで、カフェが14時から18時まで、ディナーが17時から21時までです。定休日は木曜日です。

外観と建物 海の舎

店内は、中央が吹き抜けで開放的な空間です。頭上には、ミラノから直輸入したカラフルで大きなシャンデリアが飾られています。中央には大きな大理石の台座が置かれています。

あらゆる場所に、アンティークな置き物、食器、絵画、鏡、インテリアなど数々の調度品が飾られています。天井や階段などは木目を使用しています。明治時代を彷彿とさせるレトロな雰囲気です。

1階フロアには、ランダムに座席が配置されています。丸テーブルにリビングチェアにテーブルクロスとレトロモダンなロマンスタイルとなります。格式ある華やかで優雅な空間で大人時間を過ごせます。

2階フロアは、中央が吹き抜けで周囲に座席が配置されています。海側に、団体用の大きな楕円形のテーブル席と、バーカウンターがあります。瀬戸内海は播磨灘の絶景を眺められます。

階段付近には、演奏スペースが用意されています。ピアノや楽器の生演奏が披露されます。吹き抜けフロアを利用して、1階から2階までクラシックな音楽が奏でられます。

店内 海の舎

席数は、テーブルが約72席、カウンターが約8席で合計で約80席あります。

ランチは、明治レトロな雰囲気を楽しみながら昔ながらの「和製洋食」が食べられます。カフェは、クラシカルな欧風デザートが食べられます。ディナーは、豪華なフルコースが食べられます。

  • 青海波-SEIKAIHA- 公式ホームページ:海の舎

ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸氏を総合プロデュースとして迎え、淡路島の旬の食材を使った本格レストランをオープンいたします。日本の夕陽100選に選ばれた絶景の播磨灘の海をバックに、日本の文化を楽しみながら、昔懐かしい洋食をお愉しみいただけます。

淡路島の食材をふんだんに使ったクラシックな洋食レストラン。淡路牛を100%使用したハンバーグ、淡路玉ねぎスープなどをお愉しみいただけます。レトロな雰囲気に包まれる空間で、優雅なひとときをお過ごしください。

青海波
バー 海の舎

ハンバーグやオムライスなど洋食

海の舎のメニューは、ハンバーグとオムライスがおすすめです。海の舎は、ひょうご「食」担当参与であり、ワールドグルメサミット世界ベストシェフの山下春幸さんが総合プロデュースを務めます。

食材は、淡路島産牛肉「淡路牛」、淡路島玉ねぎ、北坂養鶏卵など新鮮食材を使用しています。

メニューは、淡路牛100パーセントのハンバーグ、淡路島玉ねぎのスープ、北坂養鶏卵のオムライス、淡路牛のカレー、鯛のポアレ、鰺のフライ、淡路牛のビフカツなどの洋食メニューです。

欧風浪漫コース

欧風浪漫コースは、サラダ、スープ、選べるメイン、ライスまたはパン、選べるデザート、有機コーヒーまたは紅茶が付いたコースとなります。

サラダは「御食国オードブル山海美食サラダ仕立て 欧州クラシックヴィネガー風味」です。淡路島の山と海の幸がたっぷりの新鮮野菜にブドウ酒やリンゴ酒などの西洋風の酢がかけられたサラダとなります。

スープは「淡路島玉ねぎとオマール海老のビスク」です。淡路島玉ねぎとオマールエビを使用したクリームベースの濃厚で滑らかな味わいの欧風スープとなります。

選べるメインは、淡路牛100パーセントのクラシックハンバーグとエビフライ、真鯛のポアレ クラリファイドバターと淡路玉ねぎ、淡路牛欧風ビフカツ (プラス1000円)の3種類から選べます。

ライスまたはパンは、地元の鮎原米のライスと自家製ブレッド(自家製藻塩バター付)から選べます。選べるデザートは、クラシック プリン・ア・ラ・モード、旬の果実のコンポートの2種類から選べます。

  • 海の舎 欧州浪漫コース:4200円(税抜)
ハンバーグ 海の舎

オムライスセット

オムライスセットは、サラダ、スープ、オムライス、デザート、有機コーヒーまたは紅茶が付いたセットとなります。

サラダは「青海波サラダ」です。オニオンフレンチドレッシングがかけられています。スープは「淡路島玉ねぎとオマール海老のビスク」です。

オムライスは「ドレス・ド・オムライス」です。卵の中心がぐるっとひねられているオムライスとなります。まるでお姫様のドレスのような芸術的な形とトロトロの半熟卵の輝きが特徴です。

デザートは「クラシック プリン・ア・ラ・モード」です。プリンアラモードは、洋食には欠かせない定番のデザートです。プリンとクリームと果物の組み合わせが抜群です。

  • 海の舎 ドレス・ド・オムライスセット:3500円(税抜)

カレーセット

カレーセットは、サラダ、スープ、カレー、デザート、有機コーヒーまたは紅茶が付いたセットとなります。

サラダは「青海波サラダ」です。オニオンフレンチドレッシングがかけられています。スープは「淡路島玉ねぎとオマール海老のビスク」です。

カレーは「淡路牛 欧風カレー」です。淡路島産の牛肉「淡路牛」をトロトロになるまで長時間煮込んで、ビーフの出汁を活かしたシチューのようなドロドロしたカレーです。

デザートは「クラシック プリン・ア・ラ・モード」です。プリンアラモードは、洋食には欠かせない定番のデザートです。プリンとクリームと果物の組み合わせが抜群です。

  • 天重セット:3800円(税抜)

ディナーメニュー

ディナーメニューは、欧風浪漫コース(ディナー)となります。サラダ、スープ、魚料理、選べるメイン、ライスまたはパン、選べるデザート、有機コーヒーまたは紅茶が付いたフルコースとなります。

サラダは「御食国オードブル山海美食サラダ仕立て 欧州クラシックヴィネガー風味」です。スープは「淡路島玉ねぎとオマール海老のビスク」です。

魚料理は「青海波名物 釣り鰺フライ」です。釣った鰺をそのまま揚げてサクサク食感です。

選べるメインは、淡路牛100パーセントのクラシックハンバーグとエビフライ、真鯛のポアレ クラリファイドバターと淡路玉ねぎ、淡路牛欧風ビフカツ (プラス1000円)の3種類から選べます。

ライスまたはパンは、地元の鮎原米のライスと自家製ブレッド(自家製藻塩バター付)から選べます。選べるデザートは、クラシック プリン・ア・ラ・モード、旬の果実のコンポートの2種類から選べます。

  • 海の舎 欧州浪漫コース:6800円(税抜)

カフェメニュー

カフェメニューは、ズコットケーキセットとフルーツタルトセットの2種類があります。

ズコットケーキ 海の舎

ズコットケーキセット

ズコットケーキセットは、ズコットケーキと有機コーヒーもしくはドイツ産紅茶のポットサービスが付きます。ズコットケーキは、ドーム型のセミフレッドを使用したケーキです。

ルネサンス時代にイタリアのトスカーナ地方のフィレンツェで誕生しました。名前は、15世紀から16世紀に兵士がかぶっていた金属製の兜「ズッコット」に由来しています。

マスカット、果物、イチゴともにズコットケーキは、ドーム型の表面にも、カットされた断面にも、ぎっしりとフルーツが詰まっています。ゴージャスなデザートとなります。

  • マスカットのズコットケーキセット:3800円(税抜)
  • 果実のズコットケーキセット:2800円(税抜)
  • 苺のズコットケーキセット:2800円(税抜)

フルーツタルトセット

フルーツタルトセットは、フルーツタルトと有機コーヒーもしくはドイツ産紅茶のポットサービスが付きます。フルーツタルトは、パイ生地の器にクリームとフルーツが盛り付けられています。

  • キウイとゴールデンキウイのフルーツタルトセット:1680円(税抜)
  • ルビーグレープとオレンジのフルーツタルトセット:1680円(税抜)
  • いちごのフルーツタルトセット:1680円(税抜)
  • 季節のフルーツタルトセット:1680円(税抜)

ドリンクメニュー

ドリンクは、ソフトドリンク、ノンアルコール、スパークリング、アルコールがあります。

ソフトドリンクは、コーラ、ジンジャー、カルピス、オレンジ、アップル、ウーロンに加えて、有機コーヒーポットとドイツ産紅茶ポットなどがあります。

ノンアルコールは、ミモザ・ロゼ、ゼロ・ロワイヤル、モヒート、シンデレラ、青海波、スイカフローズンがあります。スパークリングは、カールユング、ピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブランがあります。

アルコールは、地ビール「淡路七福神ビール」、地元の千年一酒造と都美人酒造の日本酒、カクテル、ウイスキー、古酒、果実酒、赤ワイン、白ワイン、スパークリングがあります。

  • 有機コーヒーポット:880円(税抜)
  • ドイツ産紅茶ポット:880円(税抜)
  • 青海波(ノンアルコール):880円(税抜)
  • 淡路七福神ビール(地ビール):800円(税抜)
  • 特別純米酒 冷酒(千年一)冷:980円(税抜)
  • 純米吟醸 暁乃都美人:1500円(税抜)

海の舎のアクセス方法・行き方

海の舎のアクセス方法・行き方は、自動車、高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:兵庫県淡路市野島大川70
  • 駐車場:無料(約50台)別途、臨時駐車場有

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから下ります。淡路インターチェンジから約10分で「海の舎」に到着します。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の北淡インターチェンジから下ります。北淡インターチェンジから約15分で「海の舎」に到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合は、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

淡路島行きの高速バスに乗車すると、淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。なお、淡路インターチェンジから「海の舎」までは、無料シャトルバスが運行しています。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金680円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金420円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金470円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1270円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金680円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1270円)

高速船の場合

高速船の場合は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を運航しています。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から「海の舎」まで無料シャトルバスが運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分530円)

無料シャトルバス

高速バスと高速船を利用する場合は、淡路インターチェンジの高速バス乗り場と岩屋港の高速船乗り場から「海の舎」のある「青海波(せいかいは)SEIKAIHA」まで無料のシャトルバスが運行しています。

淡路インターチェンジの無料シャトルバス乗り場は、階段を下りてトンネルをくぐって県道157号線に出て坂道を下るとあります。岩屋港の無料シャトルバス乗り場は、岩屋ポートビルを出たロータリーにあります。

無料シャトルバスの停車駅は、岩屋港(岩屋ポート)、淡路インターチェンジ、ニジゲンノモリ、クラフトサーカス、ハローキティショーボックス、青海波、ハローキティスマイル、ミエレ、オーシャンテラス、のじまスコーラとなります。

なお、無料シャトルバスは、約40分に1本程度で周回しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました