スポンサーリンク

鳴門海峡の渦潮 世界一の理由と発生するメカニズム

淡路島と徳島県の間にある鳴門海峡では、世界一の大きさを誇る渦潮(うずしお)が発生します。「鳴門の渦潮」として日本でも有名で人気の観光スポットです。なぜ鳴門海峡で発生する渦潮(うずしお)は世界一の大きさとなっているのかという理由と、どのように鳴門海峡で渦潮が発生しているのかというメカニズムをご紹介します。

鳴門海峡の渦潮が世界一の理由

鳴門海峡で発生する渦潮が世界一となっている理由は、鳴門海峡が世界三大潮流の一つに数えられるほど潮の流れが急激であること、鳴門海峡がV字型で急激に深く落ち込んでいることに関係があります。

世界三大潮流の鳴門海峡に流れ込む潮流の速さ

淡路島と四国の間にある鳴門海峡は、イタリア「メッシーナ海峡」、アメリカ「セイモア海峡」と並び、世界三大潮流と呼ばれています。潮の干満差が激しく流れが急で、まるで滝のように流れ込む勢いがあります。

鳴門海峡で潮の干満差が激しい大潮の時期の潮流は、最高時速は約20キロにも及ぶことがあります。潮流の速さは世界で3番目といわれています。

太平洋と瀬戸内海から流れ込む激しい潮流が鳴門海峡でぶつかり合って発生するのが「鳴門の渦潮」です。 世界で3番目の速さでぶつかり合えば、発生する渦潮も規模が大きくなります。

つまり、鳴門海峡で発生する渦潮が世界一となっている理由の一つに、鳴門海峡の潮流の速さが世界で3番目に速いことが挙げられます。

鳴門海峡の急激に狭くなり急激に深くなる地形

鳴門海峡は、幅が1.3キロですが淡路島側も四国側も岬のような地形になっています。海峡付近で急激に狭くなることが特徴です。このことから、潮の干満の高い側から低い側へ流れ込む潮流が速くなりやすい傾向になります。

鳴門海峡は、一番深い深間は約90メートルに達して急激に落ち込んでいる地形になっています。潮流は抵抗が少ない深間では速く流れ、抵抗が多い浅瀬では遅く流れます。このことから、水深の浅い部分の潮流と、深い部分の潮流で速度差に大きな開きができます。

鳴門海峡の急激に狭くなる地形と、急激に深くなる地形により、大幅な潮流の速度差が生まれます。その結果、発生する渦潮も規模が大きくなります。

つまり、鳴門海峡で発生する渦潮が世界一となっている理由の一つに、急激に狭くなる地形と、急激に深くなる地形が挙げられます。

世界一の渦潮が発生

鳴門海峡には世界で3番目に速い潮流が流れ込みます。鳴門海峡に流れ込んだ潮流は急激に狭くなる地形により、大きな水位差を生みます。急激に深くなる地形により、大きな速度差を生みます。

このことから世界で3番目に速い潮流が、大きな水位差と大きな速度差によって増幅されて、最大直径30メートルにも達する世界一大きな渦潮が発生するのです。これが、鳴門海峡で発生する渦潮の大きさは世界一といわれる理由です。

なお、鳴門海峡で発生する渦潮は、潮の干満により発生します。干満差の大きな時期は「大潮」といわれており、春と秋となります。春と秋の大潮の時期が、大きな渦潮いわゆる「大渦」が発生する時期となります。

鳴門海峡の渦潮の発生メカニズム

鳴門海峡で渦潮が発生するメカニズムは、太平洋から瀬戸内海に流入する2つの海流が合流する時間差と、満潮と干潮による海流が合流して生じる水位差、早い海流と遅い海流の速度差に関係があります。

海流が明石海峡コースと鳴門海峡コースに分かれる

太平洋から入った満潮の海流は、紀伊水道を通って淡路島に到達します。淡路島に到達した満潮の海流は、鳴門海峡を通り瀬戸内海へ流れ込む鳴門海峡コースと、大阪湾に向かい明石海峡を通り瀬戸内海へ流れ込む明石海峡コースの2つに分かれて進みます。

鳴門海峡で満潮と干潮が合流して生じる水位差

明石海峡コースを通った満潮の海流がぐるっと周って鳴門海峡に到達する頃には、鳴門海峡コースを通った満潮の海流が逆に干潮の海流となって流れ出てきます。

鳴門海峡では、明石海峡コースの満潮の海流と鳴門海峡コースの干潮の海流が合流します。満潮と干潮の差から海水面に水位差が生じます。鳴門海峡の水位差は、大潮の時で約2メートルに達します。

中央部と両側の海流の速度差から渦潮が発生

鳴門海峡では、明石海峡コースの満潮の海流から鳴門海峡コースの干潮の海流へ激しい勢いで海水が流れ込みます。鳴門海峡の南側に流れ込むことから「南流」といわれています。

鳴門海峡は急激に狭くなっていることから、潮流が川のように流れ込みます。川のような流れの両端部分では流れ込む潮流がどんどん押し出されながら、穏やかな潮流を引き込み巻き込みます。その結果、「渦潮」が発生します。

つまり、鳴門海峡で潮流が川のように流れ込む両端部分で、右巻きと左巻きの「渦潮」が発生することになります。

鳴門海峡の満潮と干潮の時間差

鳴門海峡の満潮と干潮の周期は約6時間です。約6時間後には干満が入れ替わって、鳴門海峡の南側が満潮の海流となり、北側が干潮の海流となります。

海水面に水位差が生じて、今度は逆に南側から北側へ激しい勢いで海水の流れ込みます。「北流」といわれています。再び、鳴門海峡で潮流が川のように流れ込む両端部分で、右巻きと左巻きの「渦潮」が発生することになります。

鳴門海峡の満潮と干潮は一日2回ずつあります。鳴門海峡では、この満潮時と干潮時に渦潮が発生します。渦潮は満潮時と干潮時の前後1時間半くらいが見頃といわれています。

うずしおクルーズの概要

うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。約1時間のクルージングを楽しむことができます。

500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船となります。世界最大の大きさを誇る「うずしお」の間近まで迫ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた脅威の自然現象を体感することができます。

うずしおクルーズ 淡路島で世界一の鳴門海峡の渦潮を体験するクルージング
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

うずしおクルーズの基本情報

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人2000円、子供(小学生)1000円
  • 駐車料金:無料(普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分

鳴門海峡の渦潮周辺の観光スポット

鳴門海峡の渦潮を体験できる道の駅福良にある観潮船「うずしおクルーズ」の周辺の観光スポットは以下の通りとなります。

うずしお科学館 鳴門の渦潮を見て遊び学ぶ展示学習施設

うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録を推進する拠点です。

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設
うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科...

吹上浜 NHK朝ドラ「まんぷく」のオープニングロケ地

NHK連続テレビ小説「まんぷく」で淡路島の吹上浜がロケ地となっています。オープニングでは、福子(安藤サクラさん)が海や山で自由に動き回るタイトルバックに美しい海辺が登場します。泉大津の塩作りでは、萬平(長谷川博己さん)を慕う塩軍団「たちばな塩業」の15人の従業員と塩作りをする美しい海岸が登場します。

淡路島まんぷくロケ地 オープニングと塩作りは吹上浜 連続テレビ小説
NHK連続テレビ小説「まんぷく」のオープニングと泉大津の塩作りに登場した海岸のロケ地は淡路島にある吹上浜です。オープニングでは、朝の連ドラのヒロイン福子(安藤サクラさん)が淡路島の海辺などで自由に動き回るタイトルバック映像が印象的です。オー...

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 日本の夕陽百選

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...
鳴門海峡の渦潮
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!