スポンサーリンク

秋のうずしお写真展 鳴門海峡の渦潮 うずの丘大鳴門橋記念館

秋のうずしお写真展が開催されます。淡路島にある「うずの丘」大鳴門橋記念館で「鳴門海峡の渦潮」をテーマにした写真展となります。展示作品は、淡路島の移りゆく風景を半世紀近く撮り続けてきたベテランの写真家 里口寿信さんの選りすぐりの約20点となります。

里口さんにとって鳴門海峡の渦潮の撮影はライフワークの一つとなっています。地元民ならではの普段は滅多にお目にかかることができない渦潮発生の瞬間や鳴門海峡の風景など貴重な作品となります。

秋のうずしお写真展の開催日時は、11月1日(木)から12月2日(日)までとなります。開催場所は、淡路島南あわじ市うずの丘 大鳴門記念館の1階ホール奥にある特別展示ルームとなります。

秋のうずしお写真展の基本情報

  • 開催期間:11月1日(木)~12月2日(日)
  • 開催時間:9:00~17:00
  • 開催場所:うずの丘 大鳴門記念館 1階ホール奥 特別展示ルーム
  • 入場料金:無料
  • お問合せ:0799-52-2888(うずの丘 大鳴門記念館)
  • 休館日:火曜日(火曜日が祝日、長期休みの場合、臨時営業)
  • 駐車場:無料(乗用車130台、バス20台、サイクルスタンド10台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約5分

秋のうずしお写真展の内容

11月1日(木)から12月2日(日)まで、淡路島にある「うずの丘 大鳴門橋記念館」で、世界遺産登録を目指す「鳴門海峡の渦潮」をテーマにした「秋のうずしお写真展」が開催されます。

世界三大潮流に数えられる鳴門海峡で、世界一の渦潮が発生する瞬間、大鳴門橋を背景にした激流、鳴門海峡の激しい潮流などを捉えた貴重な写真の約20点が展示されています。

今回の展示作品は、淡路島南あわじ市で婦人服の製造販売をする里口寿信さんの作品です。里口寿信さんは、全日本写真連盟淡路支部長を歴任するなどアマチュア写真家として活動してきました。

里口寿信さんは、淡路島の移りゆく風景を半世紀近く撮り続けてきたベテランの写真家です。鳴門海峡の渦潮の撮影は、大鳴門橋が開通した昭和60年以降、撮り続けてきたライフワークの一つです。

これまでも、個展の開催や写真集の販売、新聞に掲載やコラムに掲載など幅広く活躍しています。作品の何点かは、世界遺産登録を目指す「鳴門海峡の渦潮」の記念切手の写真に採用されています。

今回は、「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産登録への後押しになるよう機運を高めるために、うずの丘 大鳴門橋記念館が企画して、里口寿信さんに依頼して実現することになりました。

展示作品の約20点は、これまで「うずしお」をテーマに30年間取り続けた作品の中から、滅多にお目にかかることができない渦潮発生の瞬間と鳴門海峡の風景を選りすぐって展示しています。

淡路島在住という地の利を生かして、船舶をチャーターしたり、絶好の撮影ポイントを探したり、時間帯をずらしたり、様々な創意工夫で、鳴門海峡の渦潮の表情を狙い続けてきました。

満潮になる早朝の鳴門海峡の渦潮、満潮になる夕暮の鳴門海峡の渦潮、引き潮になる昼間の鳴門海峡の渦潮など、パワフルでダイナミックな渦潮が誕生する瞬間を捉えた貴重な作品ばかりです。

うずの丘 大鳴門橋記念館の概要

淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋の完成を記念してつくられた複合施設です。淡路島オニオンキッチンうずの丘店では、ご当地バーガーグランプリで全国1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」を販売しています。ショップうずの丘味市場では、淡路島玉ねぎ、淡路島の釘煮など淡路島の山の幸や海の幸の商品が販売されています。入口に設置された淡路島玉ねぎのUFOキャッチャーは名物です。

うずしお科学館は、鳴門海峡で発生する渦潮をテーマとした展示学習施設です。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設
うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科...

絶景レストラン うずの丘は、人気ナンバーワンの「うずの丘 海鮮うにしゃぶ」が食べられます。淡路島の絶品生うにをベースに仕上げたコクあるスープに、新鮮な魚介をしゃぶしゃぶして食べます。

秋のうずしお写真展のアクセス

秋のうずしお写真展が開催される「うずの丘大鳴門橋記念館」へのアクセスは、自動車もしくは高速バスと無料シャトルバスの2つのアクセス方法があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。淡路島南インターチェンジの出口を左折して坂を登り、左折してさらに坂を登ります。うずの丘 大鳴門橋記念館に到着します。

  • 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F
  • 電話:0799-52-2888
  • カーナビ電話番号:0799-52-2888
  • 駐車場:無料(乗用車130台、バス20台、サイクルスタンド10台)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。福良行きの高速バスに乗車して福良バスターミナルで降車します。

福良バスターミナルから徒歩5分で道の駅福良に到着します。道の駅 福良からは、絶景レストラン うずの丘まで無料シャトルバスが運行されています。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

無料シャトルバスの発車時刻

道の駅福良の発車時刻

09:15、10:30、11:30、12:25、13:50、15:35

絶景レストラン うずの丘

09:35、10:50、11:50、12:40、14:15、15:50

秋のうずしお写真展周辺の観光施設

秋のうずしお写真展が開催される「うずの丘大鳴門橋記念館」の周辺の観光スポットは以下の通りとなっています。

道の駅うずしお 全国1位の淡路島玉ねぎバーガー

道の駅うずしおは、淡路島で鳴門海峡と大鳴門橋の絶景を眺められる観光スポットです。ご当地バーガーグランプリで全国1位となった「あわじ島オニオンンビーフバーガー」を販売していることでも有名です。淡路島南西の先端にあることから、自転車やバイクで淡路島一周をする通称「アワイチ」の休憩地点として人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲ませで淡路島牛乳を体験

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミルクソフトクリームを堪能できます。淡路島牧場は、淡路島で乳牛とふれあい、牛乳を用いた自然体験が楽しめます。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

うずしお科学館 鳴門の渦潮を見て遊び学ぶ展示学習施設

うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録を推進する拠点です。

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設
うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科...
その他
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!