スポンサーリンク

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設

うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。

兵庫県と徳島県が推進する世界遺産登録の推進拠点として2017年3月にリニューアルオープンしました。館内は、エントランスゾーン、うずしおゾーン、世界遺産学習ゾーン、体験学習ゾーンと4つのエリアがあり、子供から大人までスムーズに往来できて観賞できます。

うずしお科学館の基本情報

  • 名称:うずしお科学館
  • 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館1階
  • 電話:0799-52-2888
  • 営業時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 休館日:火曜日
  • 入場料金:大人500円、中高生:200円、小学生100円、未就学児無料(保護者同伴)
  • 団体割引:15名以上1割引
  • 駐車場:無料(乗用車130台、バス20台、サイクルスタンド10台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路島南ICから車で約5分

うずしお科学館の施設

うずしお科学館は、大鳴門橋の完成を記念して建設された大鳴門橋記念館にあり、鳴門海峡に発生する世界一のうずしお「鳴門の渦潮」をテーマとした展示学習施設です。2017年3月に、兵庫県と徳島県で推進する世界遺産登録推進の拠点として、観光と交流に重点を置き、機能を拡充してリニューアルオープンしました。

うずしお科学館の見どころは、エントランスゾーン、うずしおゾーン、世界遺産学習ゾーン、体験学習ゾーンと4つのエリアで、鳴門海峡の渦潮を、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べるところです。リニューアルにより、子供から大人までスムーズにエリアを往来できるよう機能を拡充しています。世界一のうずしおを体験できる施設です。

うずしおゾーン

映像と立体装置を使って世界一のうずしお「鳴門の渦潮」の仕組みを学ぶゾーンです。渦潮の発生メカニズムを2000分の1スケールで再現した縦5メートル、横10メートルの巨大水理模型があります。

さらに、400インチのスクリーンと天井から吊られた直径2.5メートルの巨大球体スクリーンという3つが連動して、海流と渦の関係、潮の干満と渦の関係、月と渦の関係を映像を交えて、展示演出することで再現しています。

自然界で発生する世界でも希有な現象である渦潮の仕組みを視覚的に学ぶことができます。上映時間は約18分となり、9分の待機映像を挟んで繰り返して上映しています。うずしお科学館のメインコンテンツです。模型、映像、空間全体で、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」の神秘を体感できます。

うずしおゾーン上映時間(各回内容は同じ)

9:10~、9:38~、10:06~、10:34~、11:02~、11:31~、11:59~、12:27~、12:55~、13:24~、13:52~、14:20~、14:48~、15:17~、15:45~、16:13~、16:41~

うずしおスライダー

渦潮が発生する仕組みの一つ、太平洋側と瀬戸内海側の海面の高低差を滑り台「うずしおスライダー」で再現しています。うずしおスライダーを滑って海面の高さを体感できます。自分の体を使ってうずしおを遊んで楽しく学ぶコンテンツです。

うずしおサークル

渦潮の大きさを直径7メートルの「うずしおサークル」で再現しています。うずしおサークルの中に入って、最大約3倍の直径30メートルになる渦潮の大きさを体感できます。うずしおサークルの壁面には渦潮をめぐる南あわじ市の風土、文化、歴史に関連した解説など、充実した内容で、サークルの真ん中まで詳しく説明しています。

リアルタイムうずしおカメラ

大鳴門橋の主塔に取り付けている「リアルタイムうずしおカメラ」を自分で操作できます。レバーを動かしたり、ズームしたり、様々な角度から鳴門海峡や鳴門の渦潮の現在の様子を見ることができます。

歌川広重「阿波 鳴門の風波」セット

江戸時代を代表する浮世絵師 歌川広重が描いた「六十余州名所図会「阿波 鳴門の風波」」の舞台セットを再現しています。江戸時代の旅人になって、浮世絵の世界に入って記念撮影ができます。

ミュージアムボックス

子供が楽しく遊べるパズルや絵本、手作りおもちゃなどを用意しています。様々なおもちゃで親子で一緒に楽しむことができます。

うずしお資料の壁

うずしお科学館の壁は、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」に関する資料がたくさん掲示されております。地質学的な解説をはじめ、南あわじ市の風土、文化、歴史に関連した解説など、充実した内容で説明しています。大人の方が、うずしおについて様々な角度から理解を深めることができます。鳴門海峡の南流と北流の2つの潮の流れを確認することができるモニターが設置されています。

うずの丘 大鳴門橋記念館の概要

淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋の完成を記念してつくられた複合施設です。淡路島オニオンキッチンうずの丘店では、ご当地バーガーグランプリで全国1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」を販売しています。ショップうずの丘味市場では、淡路島玉ねぎ、淡路島の釘煮など淡路島の山の幸や海の幸の商品が販売されています。入口に設置された淡路島玉ねぎのUFOキャッチャーは名物です。

うずしお科学館は、鳴門海峡で発生する渦潮をテーマとした展示学習施設です。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設
うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科...

絶景レストラン うずの丘は、人気ナンバーワンの「うずの丘 海鮮うにしゃぶ」が食べられます。淡路島の絶品生うにをベースに仕上げたコクあるスープに、新鮮な魚介をしゃぶしゃぶして食べます。

淡路島うにしゃぶ うずの丘で1番人気メニュー 大鳴門橋記念館
淡路島で「うに」といえば絶景レストラン うずの丘の「うずの丘海鮮うにしゃぶ」です。兵庫県の南あわじ市の大鳴門橋や鳴門海峡を一望できる大鳴門橋記念館にあります。「うにしゃぶ」は、テレビなど多数のメディアに登場する一番人気メニューです。濃厚うに...

うずしお科学館のアクセス

うずしお科学館がある「うずの丘 大鳴門橋記念館」へのアクセスは、手段として自動車、高速バスと無料シャトルバスの2つのアクセス方法があります。

自動車の場合

神戸方面からお越しの場合

神戸淡路鳴門道の淡路島南ICから下りて車で約5分ほどで、うずしお科学館に到着します。

  • 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館1階
  • 電話:0799-52-2888
  • カーナビ電話番号:0799-52-2888
  • 駐車場:無料(乗用車130台、バス20台、サイクルスタンド10台)

徳島方面からお越しの場合

神戸淡路鳴門道の淡路島南ICから下りて車で約5分ほどで、うずしお科学館に到着します。

  • 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館1階
  • 電話:0799-52-2888
  • カーナビ電話番号:0799-52-2888
  • 駐車場:無料(乗用車130台、バス20台、サイクルスタンド10台)

高速バスの場合

高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから徒歩5分で道の駅福良に到着します。道の駅 福良からは、うずしお科学館まで無料シャトルバスが運行されています。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

無料シャトルバスの発車時刻

道の駅福良の発車時刻

09:15、10:30、11:30、12:25、13:50、15:35

絶景レストラン うずの丘

09:35、10:50、11:50、12:40、14:15、15:50

うずしお科学館周辺の観光施設

うずしお科学館がある「うずの丘 大鳴門橋記念館」の周辺の観光スポットは以下の通りです。

道の駅うずしお 全国1位のあわじ島オニオンビーフバーガー

道の駅うずしおは、大鳴門橋の根元の岬にあります。瀬戸内海が眺められ、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」に一番近い道の駅です。とっとりバーガーフェスタで2013年全国1位あわじ島オニオンビーフバーガー、2014年全国2位あわじ島オニオングラタンバーガーを食べられることで人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...

うずしおクルーズ 世界一の鳴門海峡の渦潮を体験

うずしおクルーズは、淡路島福良港から出港する大型遊覧船です。世界三大潮流の一つに数えられる鳴門海峡で発生する世界最大のうずしお「鳴門の渦潮」を周遊するクルージングが楽しめます。直径20メートルの渦を間近で体感できます。自然が作り出す美しさと潮風の心地よさを感じる海上散歩です。

うずしおクルーズ 淡路島で世界一の鳴門海峡の渦潮を体験するクルージング
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

淡路人形座 500年の伝統芸能の淡路人形浄瑠璃を上演

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、文化の華ともてはやされました。人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描いた姿は、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能といえるでしょう。

淡路人形座 淡路島で伝統芸能 人形浄瑠璃を上演する劇場
淡路人形座は、兵庫県の淡路島南あわじ市の道の駅福良にあります。500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を上演する専用の劇場です。淡路人形座は、1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めました。現在、常設館として公...

イングランドの丘 コアラの見学や野菜の収穫、花畑を楽しむ

イングランドの丘は、動物施設と植物施設と農業施設が合体したファームパーク(農業公園)です。広大な敷地で、コアラやウサギなど動物のふれあい体験、コスモスやひまわりなど季節の花畑の鑑賞体験、野菜や果物の収穫体験が楽しめます。ゴーカートなどの乗り物や、淡路島バーガーなどグルメもあります。

淡路ファームパーク イングランドの丘 淡路島で動物と植物と農業
淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の南あわじ市にある観光施設です。動物施設と植物施設、農業施設がドッキングした農業公園(ファームパーク)です。コアラやウサギをふれあえたり、花畑で四季折々の花々を楽しめたり、野菜や果物の収穫を体験...

淡路島牧場 乳しぼりや乳飲まし、バター作り体験を楽しむ

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。親牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験、淡路島牛乳を使ったバター作り体験を楽しめます。淡路島牛乳の無料試飲コーナーもあります。淡路島牛乳たっぷりのミルクソフトクリームが販売されています。オリジナルグッズも販売しています。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

おのころ島神社 日本三大鳥居 縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石に結ばれる縄は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市で「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット
おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘に正殿があります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方法は、縁...

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 日本の夕陽百選

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...

洲本市民広場 ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像

洲本市民広場にドラゴンクエスト30周年記念碑があります。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として誕生30周年を祝して建立されました。主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。

淡路島洲本市 ドラクエ記念碑 聖地巡礼4選 堀井雄二さん故郷
淡路島洲本市はドラクエ(ドラゴンクエスト)の聖地としての地位を確立しつつあります。ドラクエ(ドラゴンクエスト)生みの親である堀井雄二さんの故郷であることを最大限に活用して、現在では洲本市の名誉市民となった堀井雄二さんと一緒になって地元で展示...

洲本レトロこみち 城下町の風情が残るショップが並ぶ通り

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市に城下町の風情が残る小路に、江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。週末に、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業します。レトロな「まち歩き」が楽しめます。

洲本レトロこみち 淡路島で城下町の風情が残る通り
洲本レトロこみちは、淡路島の洲本市にある城下町の風情が残るレトロな通りです。洲本レトロこみちには、江戸時代から残る古い町家や小民家、空き家を利用したお店が並んでいます。洲本レトロこみちでは現在、おしゃれなカフェやレストラン、ショップなど個性...

洲本城 西日本最大級の水軍の山城

洲本城は、東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の曲輪(くるわ)があり、西日本最大の要塞といわれた山城です。洲本市南部の標高133メートルの三熊山の山頂にあります。本丸を取り囲む石垣と本丸へ通じる石垣の階段が壮大です。淡路水軍の拠点だったことから本丸石垣から絶景が望めます。城下町だった洲本市街地から内陸に向かう景色と紀伊水道の外洋に向かう景色は見事です。

洲本城 淡路島に西日本最大級の水軍の山城
洲本城は、淡路島洲本市の三熊山にある山城です。戦国時代から江戸時代にかけて淡路国の統治の拠点となりました。周囲には広大な総石垣造の曲輪が残されています。かつて、西日本最大級の水軍の山城といわれていました。洲本城は国の指定史跡、兵庫県の指定文...

淡路ごちそう館 御食国 赤レンガ建物の大型レストラン

淡路ごちそう館 御食国は、洲本市で食事とショップが一体の100名を収容できる大型レストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物は、約14.5メートルの吹き抜けが開放的です。淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路米など名産による多彩な料理が心を和ませます。ショップは数百種類の淡路島のお土産が揃っています。

ごちそう館 御食国(みけつくに)淡路島洲本市の大型レストラン
淡路ごちそう館 御食国は、淡路島洲本市にある大型レストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物に100名収容のレストランとお土産ショップが併設されています。淡路牛や淡路島玉ねぎなどの料理と、淡路島の名産や特産を販売しています。名前は、淡路島が...

大浜海水浴場 淡路島で人気のビーチ

大浜海水浴場は、洲本市に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北750メートル、東西55メートルに湾曲した砂浜は見事です。遠浅の海で水遊びが楽しめます。淡路島で人気のビーチです。遊歩道が整備されています。穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しめます。

大浜海水浴場 淡路島洲本市の人気ビーチ 遠浅で無料
大浜海水浴場は、洲本市にある慶野松原と並び淡路島を代表するビーチです。環境省の「快水浴場百選」に選定されています。南北750メートル、東西55メートルに見事なカーブを描きながら広がる白砂は美しいです。遠浅の海は波が穏やかで泳ぎやすいです。駐...

淡路島観光おすすめスポットまとめ

淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気です。古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景が眺められます。

淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼がご当地グルメとして人気です。四季折々の花が美しく咲き誇る淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。コアラがいるイングランドの丘があります。

日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光スポットをまとめました。淡路島は、兵庫県の瀬戸内海で最大の島で人気の観光地です。淡路島には、海に囲まれて緑が豊かで自然を満喫できる観光スポット、淡路島玉ねぎをはじめ、淡路牛に鱧に鯛と新鮮な食材を堪能できるグルメスポット、国生み神...

鳴門海峡の渦潮 世界遺産登録の推進活動

「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への登録を目指す活動が進められています。淡路島、南あわじ市、鳴門市、兵庫県、徳島県とそれぞれの地域で運動を盛り上げるための活動と、自然遺産に登録されるために必要となる学術的な価値を証明するための調査が行われています。

世界遺産への登録を目指す調査は、兵庫県と徳島県の関係団体などでつくる世界遺産登録推進協議会が自然遺産と文化遺産を視野に行う予定です。徳島県が文化面を担当して、兵庫県が自然面を担当します。2017年度から2019年度までの3年間で渦潮を科学的な調査が行われます。

鳴門海峡の渦潮 世界遺産登録の推進活動 淡路島
「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への登録を目指す活動が進められています。淡路島、南あわじ市、鳴門市、兵庫県、徳島県とそれぞれの地域で運動を盛り上げるための活動と、自然遺産に登録されるために必要となる学術的な価値を証明するための調査が行われていま...

鳴門海峡の渦潮が世界一の理由と発生するメカニズム

鳴門海峡で発生する渦潮が世界一となっている理由は、鳴門海峡が世界三大潮流の一つに数えられるほど潮の流れが急激であること、鳴門海峡がV字型で急激に深く落ち込んでいることに関係があります。

鳴門海峡で渦潮が発生するメカニズムは、太平洋から瀬戸内海に流入する2つの海流が合流する時間差と、満潮と干潮による海流が合流して生じる水位差、早い海流と遅い海流の速度差に関係があります。

鳴門海峡の渦潮 世界一の理由と発生するメカニズム
淡路島と徳島県の間にある鳴門海峡では、世界一の大きさを誇る渦潮(うずしお)が発生します。「鳴門の渦潮」として日本でも有名で人気の観光スポットです。なぜ鳴門海峡で発生する渦潮(うずしお)は世界一の大きさとなっているのかという理由と、どのように...
南あわじ市
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!