春休みイベント うずしお科学館 リニューアル1周年記念 大鳴門橋記念館

3月21日(水)から4月8日(日)まで、大鳴門橋記念館うずしお科学館で、春休みイベント「SPRING EVENTS」が開催されています。大鳴門橋記念館にある世界一のうずしお「鳴門の渦潮」についての展示学習施設「うずしお科学館」がリニューアルされてから1周年を記念して企画されました。

イベント開催期間は各曜日毎に楽しい企画が用意されています。月曜日と火曜日は、支配人の保坂さんによる「ウミホタルの発光ショー」が開催されます。ウミホタルは、夜になると青白く波が光ることで有名になった長さ3ミリほどの節足動物です。刺激を受けると青白く発光します。淡路島でも特定の海岸で見られます。発行ショーは1日2回で30分程度となります。

水曜日と木曜日と金曜日は、プラスチック板でつくる「オリジナルストラップ」が開催されます。淡路島玉ねぎ、世界一のうずしおなど淡路島を代表する大鳴門橋記念館うずしお科学館で記念となる手作りストラップを作ります。土曜日と日曜日は、うずしお紙芝居&うずしおクイズが開催されます。世界一のうずしお「鳴門の渦潮」のことを紙芝居にしてわかりやすく学べます。紙芝居の後、クイズ大会に参加して景品がゲットできます。また、イベント期間に入場された小学生のお子様全員に、もれなくプレゼントがあります。

春休みイベント うずしお科学館の基本情報

  • 開催期間:3月21日(水)~4月8日(日)
  • 開催場所:大鳴門橋記念館うずしお科学館
  • 開催住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘大鳴門橋記念館
  • 電話番号:0799-52-2888
  • 入場料金:大人500円、中高校生200円、小学生100円
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
  • HP:大鳴門橋記念館
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:無料(普通車130台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路島南ICから車で約5分、西淡三原ICから車で約15分

春休みイベント うずしお科学館の内容

3月21日(水)から4月8日(日)までの期間、うずしお科学館で各曜日毎に楽しい企画が用意されています。全ての企画で、子供から大人でも誰でもお楽しみいただける内容となっています。また、イベント期間に入場された小学生のお子様全員に、もれなくプレゼントがあります。

ウミホタルの発光ショー

支配人の保坂さんが、ウミホタルの刺激を受けると青白く発光する原理を使ってショーを行います。ウミホタルは長さ3ミリほどの節足動物で、淡路島でも特定の海岸では見られます。

開催曜日:月曜日、火曜日(イベント期間中)
開催時間:11:00~、14:00~
所要時間:30分程度

オリジナルストラップ作り

プラスチック板を使って、淡路島を代表する淡路島玉ねぎや世界一のうずしおなど、淡路島を代表する大鳴門橋記念館うずしお科学館で記念となる手作りストラップを作ります。

開催曜日:水曜日、木曜日、金曜日(イベント期間中)
開催時間:10:00~15:00
所要時間:30分程度

うずしお紙芝居&うずしおクイズ

世界一のうずしお「鳴門の渦潮」の内容を紙芝居にして、うずしおのことをわかりやすく学ぶことができます。紙芝居の後、うずしおのクイズ大会に参加して景品がゲットできます。

開催曜日:土曜日、日曜日(イベント期間中)
開催時間:11:00~、14:00~
所要時間:30分程度

うずしお科学館の概要

うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。2017年3月に、兵庫県と徳島県で推進する世界遺産登録推進の拠点として、観光と交流に重点を置き、機能を拡充してリニューアルオープンしました。

世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科学館です。館内は、エントランスゾーン、うずしおゾーン、世界遺産学習ゾーン、体験学習ゾーンと4つのエリアがあり、子供から大人までスムーズに往来できて観賞できます。

うずしお科学館 うずの丘大鳴門橋記念館で渦潮の展示学習施設
うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮をテーマとした展示学習施設です。淡路島南あわじ市で鳴門海峡を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館の1階にあります。世界一のうずしおを、目で見ながら仕組みを学び、体で動かしながら遊んで学び、文字を読んで深く学べる科...
error:Content is protected !!