バイク搭載が中止 淡路島の高速船「淡路ジェノバライン」

ニュース

2020年6月22日(月)から7月13日(月)まで、高速船「淡路ジェノバライン」にバイクの搭載ができなくなります。125cc以下のバイクや原付を搭載できる船舶「まりん・あわじ」がドック入りするためです。

船舶「まりん・あわじ」は、本州から淡路島に125cc以下のバイクや原付を運搬する唯一の船舶です。明石海峡大橋は高速道路のために125cc以下のバイクの通行ができません。

ドック入り期間は、本州から淡路島に125cc以下のバイクや原付で移動する手段がありません。小型自動二輪で淡路島にアクセスする場合は、ドック入り期間を外して計画されることをおすすめします。

なお、淡路島のアクセス手段のまとめについては、「淡路島アクセスまとめ 交通手段と時間と価格」の記事をご参照ください。

バイク搭載が中止 淡路島の高速船「淡路ジェノバライン」

淡路島の岩屋港と本州の明石港を運航する高速船「淡路ジェノバライン」は、2020年6月22日(月)から7月13日(月)までの期間、125cc以下のバイクや原付が搭載できる船舶「まりん・あわじ」のドック入りを発表しました。この結果、高速船に125cc以下のバイクや原付を搭載できなくなります。

日頃弊社航路をご利用いただきありがとうございます。
以下の期間、まりん・あわじドックのため、バイクの搭載ができなくなります。
ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、この期間をはずしてご計画・ご利用を賜りますようお願い申し上げます。

まりん・あわじドック期間
令和2年6月22日から7月13日まで

高速船「淡路ジェノバライン」の船舶「まりん・あわじ」は、本州から淡路島に125cc以下のバイクや原付を搭載できる唯一の船舶です。明石海峡大橋は高速道路のために125cc以下のバイクの通行ができません。

「まりん・あわじ」以外の船舶として、「まりーんふらわあ2」、小型船の「ジェノバⅠ」の「レットスター2」があります。ただし、125cc以下のバイクや原付を搭載できるのは「まりん・あわじ」のみです。

まりん・あわじ(H27.8.2就航)
■船型:減揺装置付高速双胴船(アルミ合金製)
■総トン数:118トン
■航海速力:24ノット(最大速力27ノット)
■最大搭載人員:旅客180名(1F室内150名・2Fデッキ30名)、船員3名、
自転車20台、小型バイク(125cc以下)8台 ※バイクはH27年9月23日以降
■主機関:ヤンマー製 高速ディーゼル 1080kw×2基(1468馬力×2基)
■寸法:長さ32.7m 幅8m
■建造会社:ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(広島県)

詳細・基本情報

  • ドック入り期間:2020年6月22日(月)~7月13日(月)
  • ドック入り船舶:まりん・あわじ
  • 運航会社:淡路ジェノバライン
  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋925-27
  • 電話:0799-72-0181
  • 公式ホームページ:http://www.jenova-line.co.jp/index.php
  • 運賃:大人530円、小人270円、小型自動二輪480円、自転車240円
  • 所要時間:13分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました