2021年2月に「miele the garden」が淡路島にオープン

ニュース

2021年2月20日(土)に、フランス発祥のサンドイッチ「カスクート」や主に淡路島野菜を使用したサラダ等を提供ガーデンカフェ「miele the garden」が淡路島でオープンします。

地域産業の活性化や雇用創造に取り組む株式会社パソナふるさとインキュベーションが運営します。

miele the garden(ミエレザガーデン)は、2014年7月に淡路島の北西海岸に「はちみつカフェ」としてオープンした「miele(ミエレ)」の姉妹店となります。海辺の白いカフェレストランとして人気です。

場所は、「日本の夕陽百選」に選ばれた瀬戸内海は播磨灘の美しい景色が眺められる最高のロケーションとなります。店内は、一面に芝生が広がる緑豊かな解放的な空間が広がります。

オープンガーデンテラスで淡路島の絶景を眺めながら、淡路島産の新鮮な野菜などを使用したフランス発祥のサンドイッチ「カスクート」やサラダ、パスタなどの料理を楽しむことができます。

海に溶け込むような美しい夕陽と淡路島の新鮮食材の料理で大人の上質リゾート空間を満喫できます。なお、カスクートとは、フランス語で軽食またはサンドイッチの総称を意味します。

日本では、フランスパン全般を使用したサンドイッチとして定着しています。ハムやパテなどの肉製品、チーズ、野菜などをバゲットに挟むのが定番となっています。

看板メニューは、淡路島産玉ねぎと京丹波高原豚ソーセージのカスクート、淡路島産玉ねぎのアマトリチャーナ、淡路島野菜のミエレガーデンサラダの3つとなります。

淡路島産玉ねぎと京丹波高原豚ソーセージのカスクートは、みずみずしい新鮮野菜とパリっと焼き上げたジューシーなソーセージがアクセントのヘルシーでボリューミーなカスクートです。

淡路島産玉ねぎのアマトリチャーナは、ローストした淡路島産の玉ねぎとトマトを煮込んだソースがかけられたパスタです。くちどけのよいイタリア産チーズ「グラナ・パダーノ」を削って提供されます。

淡路島野菜のミエレガーデンサラダは、彩り豊かな約10種類の野菜をビネガードレッシングなど3種類のドレッシングで味わうサラダとなります。

詳細・基本情報

  • 正式名称:miele the garden(ミエレ ザ ガーデン)
  • オープン:2021年2月20日(土)
  • 住所:〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦816
  • 電話:0799-70-9031
  • 公式サイト:https://mielethegarden.com/
  • 営業時間:平日11:00~18:30(LO18:00)、土日祝11:00~19:30(LO19:00)
  • 定休日:水曜日(祝日は営業)
  • 席数:80席(テラス20席、ペット可)
  • 敷地面積:167.94平方メートル
  • 駐車場:50台
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICより車で15分、北淡ICより車で10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました