バレンタインイルミネーション「光の3部作」明石海峡大橋ライトアップ

地域イベント

バレンタインイルミネーション「光の3部作」が開催されます。神戸淡路鳴門自動車道が2018年4月に全通20周年を迎えることを記念したプレイベントとなります。

明石海峡大橋と淡路サービスエリア(淡路SA)で2018年2月10日(土)から2月14日(水)までの5日間となります。

日本の夜景100選にも選ばれている淡路サービスエリア(淡路SA)で「明石海峡大橋特別ライトアップ(全31パターンのライトアップ)」をはじめ、「恋人の聖地ライトアップ」、「桜の小道イルミネーション」の同時点灯で彩られる光の演出がバレンタインまでお楽しみいただけます。

バレンタインイルミネーション

2018年2月10日(土)から2月14日(水)までバレンタイン期間の5日間、明石海峡大橋を含めた淡路サービスエリアで、バレンタインイルミネーション「光の3部作」が開催されます。

明石海峡大橋のライトアップは期間中の日没から24時まで行われています。中でも19時、21時、23時から各1時間は「煌めき・オーロラ・桜」の3パターンの演出が実施されます。20時、22時から各1時間は残りの28パターンの演出が1分間隔で実施されます。

ライトアップパターン「煌めき」は夜空の星の煌めき、星に願いをかけたくなるような美しい雰囲気をイルミネーションで演出しています。

ライトアップパターン「オーロラ」は、夜空に浮かぶ虹の橋、見る人を癒しの気持ちにしてくれるような雰囲気をイルミネーションで演出しています。

ライトアップパターン「桜」は、風にそよぐ花びら、太陽のめぐみを浴びて輝く桜、夜景に浮かび上がる幻想的な雰囲気をイルミネーションで演出しています。

ロマンティックな雰囲気でバレンタインを迎えられることでしょう。なお、明石海峡大橋ライトアップの詳細については、「明石海峡大橋ライトアップ まとめ」の記事をご参照ください。

淡路サービスエリア上りの展望広場では、ライトアップが施されます。恋人の聖地に認定された「橋の見える丘」と呼ばれています。展望広場では、「蓄光石」による幻想的な光の演出を行っています。

日本発祥の地である「淡路島」国生み神話をモチーフにしたライトアップです。

モニュメント「ハートライトゲート」から、明石海峡大橋、淡路サービスエリア下りの大観覧車、花時計、神戸の夜景(ネオン)を含めた大阪湾一体を浮かび上がるネオンがロマンチックに演出してくれます。

なお、「恋人の聖地」のライトアップは毎日の日没から日の出まで光の演出を実施しています。

 

淡路サービスエリア上りの本館向かい側にある「桜の小道」にイルミネーションが点灯します。桜の小道は全長90メートルです。淡路サービルエリアのデザインが施されています。

小道や壁面が点灯して幻想的な雰囲気に包まれるようライトアップで表現しています。点灯期間は12月8日(金)~来年3月14日(水)の毎日の日没から23時までとなっております。

この他、大観覧車のライトアップと展望広場のライトアップがライトグリーンに施されて幻想的な雰囲気になります。大観覧車は冷暖房完備で、夜9時(チケット販売は夜8時30分まで)まで営業しています。

 

 

詳細・基本情報

  • 光の3部作「明石海峡大橋、恋人の聖地、桜の小道」
    開催場所:淡路サービスエリア
    開催期間:2月10日(土)~2月14日(水)
  • 明石海峡大橋ライトアップ
    開催時間:日没~24:00
    19:00、21:00、23:00 各1時間「煌めき・オーロラ・桜」
    20:00、22:00 各1時間「28パターン1分間隔で実施」
  • 恋人の聖地ライトアップ
    開催場所:淡路サービスエリア(上り)本館奥
    開催時間:日没から日の出まで
    蓄光石で光の演出を行っています。
  • 桜の小道イルミネーション
    開催場所:淡路サービスエリア
    桜の小道イルミネーション
    開催場所:淡路サービスエリア(上り)本館向かい
    開催期間:3月14日(水)まで開催時間:日没~23:00
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました