日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段「カラクリ頭が変化 安珍・清姫伝説」淡路人形座

商業施設

「日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段」が上演されます。淡路島で人形芝居の劇場「淡路人形座」で、嫉妬に狂う清姫が情念から大蛇に化けて日高川を渡る物語です。

和歌山の安珍・清姫伝説が題材となります。清姫の変化(へんげ)がハイライトです。ガブというカラクリ頭が使われます。美しい清姫の顔が、一瞬にして目が見開き、口が裂けて、角が二本現れます。

ゴールデンウィーク特別企画として、淡路人形座で4月28日(土)から5月6日(日)の10時から、11時10分からの1日2回の上演となります。

日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段

4月28日(土)から5月6日(日)の10時から、11時10分からの1日2回、淡路島南あわじ市にある人形芝居の劇場「淡路人形座」で、「日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段」が上演されます。

嫉妬に狂う清姫が乙女の情念から大蛇に化けて日高川を渡る物語です。「安珍と清姫の伝説」が題材となっています。清姫の変化(へんげ)がハイライトになります。

清姫には、ガブというからくりの頭が使われます。美しい清姫の顔が、一瞬にして目が見開かれ、口が裂けて、角が二本現れる場面は人形浄瑠璃の見どころです。

なお、淡路人形座の詳細については、「淡路人形座 淡路人形浄瑠璃の劇場」の記事をご参照ください。

和歌山の安珍・清姫伝説のあらすじ

「日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段」は、和歌山の安珍と清姫の伝説を題材にした物語です。

乙女の清姫が、思いを寄せた僧侶の安珍に裏切られて、嫉妬に狂い大蛇に化けて、日高川を渡り、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すというストーリーです。

「天田堤より渡し場の段」では、清姫が大蛇に化けて日高川を渡る場面までが上演されます。

朱雀天皇は病気がちで、実弟である桜木親王に皇位を譲ろうとしますが、左大臣の藤原忠文が桜木親王を罪に陥れて追っ手をかけます。桜木親王は追ってを逃れると、安珍と名を変えて僧侶となり紀州豪族であった真那古庄司に一夜の宿を求めます。

この宿で恋人であり、桜木親王を探していた小野大臣の娘おだ巻姫と再会します。藤原忠文の追っ手に正体を見破られそうになるところを、真那古庄司が、安珍は娘の清姫の許婚と偽って切り抜けます。安珍は、おだ巻姫を連れ立って日高の道成寺を指して落ち延びて行きます。

真那古庄司の娘清姫は、かねてから都で見染めた人が安珍でした。清姫は、親王とは知らずに安珍を慕い、父の許婚という偽りの言葉を真に受けて、安珍を追いかけます。清姫は天田堤で道行く人々に安珍の行方を聞きながら、日高川の渡し場に辿り着きます。

清姫は、船頭を見つけて向こう岸へ渡してくれるよう頼みます。しかし、船頭に拒否されます。船頭は、安珍から清姫が来ても絶対に渡さないように頼まれていたからです。清姫は、安珍への想いが断ちきれず、嫉妬に狂い、安珍を恨み、髪を振り乱して、ついには大蛇に変身して川を渡っていきます。

清姫の変化(へんげ)がハイライトになります。清姫には、ガブというからくりの頭が使われます。美しい清姫の顔が、一瞬にして目が見開かれ、口が裂けて、角が二本現れる場面は人形浄瑠璃の見どころです。なお、上演日時は、4月28日(土)から5月6日(日)の午前10時から、午前11時10分からの1日2回となります。

詳細・基本情報

  • 開催日時:4月28日(土)~5月6日(日)10:00~、11:10~
  • 開催場所:淡路人形座
  • 開催住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話番号:0799-52-0260
  • 入場料金:大人1500円、中学生1300円、小学生1000円、幼児300円
  • 駐車場:無料(道の駅福良駐車場 普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原IC・淡路島南ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました