スポンサーリンク

淡路島竹灯篭2018 淡路市と洲本市の6地域でリレー開催

淡路島で竹灯篭2018が開催されます。竹灯篭2018は、兵庫県の淡路市と洲本市にある6地域で、竹灯篭の柔らかな光を楽しむイベントです。晩秋から初冬にかけて週末毎に、各地域をリレー形式しながら順次開かれます。

淡路島の美しい星空の下、山間の田舎の風景が柔らかな竹灯籠の光により幻想的に彩られます。各地区が地域の特色を活かした企画を行います。今年で3回目を迎え、毎年千人近くが訪れる好評のイベントとなっています。

淡路島竹灯篭2018の基本情報

開催日時

  • 摩耶の竹灯篭:11月8日(木)18:00~21:00(小雨決行、雨天11月9日(金)順延)
  • 五斗長の竹灯篭:11月17日(土)17:30~21:00(小雨決行、雨天中止)
  • 生田の竹灯篭:11月18日(日)17:30~21:00
  • 長澤の竹灯篭:11月23日(金祝)17:00~21:00(小雨決行、雨天中止)
  • 柳沢の竹灯篭:12月1日(土)17:00~20:30(小雨決行、雨天12月2日(日)順延)
  • 鮎原下の竹灯篭:12月8日(土)~11日(火)夕刻から

開催場所

  • 摩耶の竹灯篭:〒656-2222 兵庫県淡路市野田尾1064 鷲峰寺
  • 五斗長の竹灯篭:〒656-1601 兵庫県淡路市黒谷1395-3 五斗長垣内遺跡
  • 生田の竹灯篭:〒656-1604 兵庫県淡路市生田畑152 そばカフェ生田村周辺
  • 長澤の竹灯篭:〒656-2221 兵庫県淡路市長澤1389 東山寺
  • 柳沢の竹灯篭:〒656-1541 兵庫県淡路市柳澤丙93 みか谷池周辺
  • 鮎原下の竹灯篭:〒656-1326 兵庫県洲本市五色町鮎原下511 古民家ついどはん周辺

アクセス

  • 摩耶の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約20分
  • 五斗長の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分
  • 生田の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分
  • 長澤の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約15分
  • 柳沢の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分
  • 鮎原下の竹灯篭:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

淡路島竹灯篭2018の内容

淡路島竹灯篭2018は、地域活性化に取り組む摩耶、五斗長、生田、長澤、柳沢、鮎原下の6地区で開催されます。11月から12月まで、毎週末にバトンリレーしながら田舎の原風景を竹灯篭で浮かび上がらせます。

淡路島の山間にある6地区が、イベントを通して山間の地域に訪れてもらい、淡路島の自然の素晴らしさ、原風景の素晴らしさ、淡路島の歴史の素晴らしさを体験してもらい、賑わいを創出しようと企画しました。

各地域の協議会が企画して、淡路県民局による「地域づくり活動応援事業 地域再生大作戦」を利用して実施しています。竹灯篭の温かな明かりが冷えて澄んだ穏やかな田舎の景色を幻想的に照らしてくれます。

近年、竹林の放置などによる竹の過剰な増加が、各地区の集落で問題となっていました。イベントでは、竹を伐採して、竹を有効活用して社会問題を考えるきっかけにしようと竹灯籠を用いることにしています。

開催する6地区では、合同で淡路市の兵庫県立淡路景観園芸学校の専門家から竹灯籠の製作や設置について学びました。竹の伐採と灯籠の製作は光源は発光ダイオードとして各地区で自前で用意しています。

弥生時代の遺跡、古刹の参道、参道の紅葉、山間の棚田など、各地区で自慢の風景に竹灯篭を設置しています。淡路島の山間に残る美しい田舎の原風景を竹灯籠の柔らかな光で照らして幻想的に演出します。

兵庫県の淡路市にある摩耶、五斗長、生田、長澤、柳沢と洲本市にある鮎原下で開催される淡路島竹灯篭2018は、各会場とも観覧は無料となります。近隣には20台から50台の無料駐車場があります。

摩耶の竹灯篭

11月8日(木)の18時から21時まで、淡路市摩耶地区の鷲峰寺で摩耶の竹灯篭が開催されます。7世紀に法道仙人が開山した摩耶山の古刹 鷲峰寺の参道を竹灯籠で照らします。淡路島西国三十三ヶ所霊場の一つです。

「摩耶山竹灯籠 摩耶のあかり」と題して、鷲峰寺参道の入口から竹灯篭の灯りがガイドとなって、澄み切った夜空を眺められる展望所へと誘導します。会場では、摩耶ごぼう茶のふるまいや地場野菜の販売が行われます。

摩耶の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:11月8日(木)18:00~21:00(小雨決行、雨天11月9日(金)順延)
  • 開催場所:淡路市摩耶地区 鷲峰寺
  • 開催住所:〒656-2222 兵庫県淡路市野田尾1064
  • 電話番号:090-4031-8685(淡路島摩耶地域づくり協議会、担当:上田)
  • 駐車場:鷲峰寺下駐車場(20台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約20分

五斗長の竹灯篭

11月17日(土)の17時30分から21時まで、淡路市五斗長地区の五斗長垣内遺跡で五斗長の竹灯篭が開催されます。播磨灘に沈む夕日が美しい高台にある弥生時代の五斗長垣内遺跡を竹灯籠で照らします。

「竹灯籠で浮かび上がる弥生時代の鍛冶遺跡」と題して、弥生時代の遺跡を照らしながら、古代ロマンを感じる神秘的な空間を演出します。新米など特産品が販売される「五斗長 収穫祭」の前夜祭として実施されます。

五斗長の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:11月17日(土)17:30~21:00(小雨決行、雨天中止)
  • 開催場所:淡路市五斗長地区 五斗長垣内遺跡
  • 開催住所:〒656-1601 兵庫県淡路市黒谷1395-3
  • 電話番号:0799-70-4217(五斗長まちづくり協議会、担当:高田)
  • 駐車場:五斗長垣内遺跡駐車場(30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分

生田の竹灯篭

11月18日(日)の17時30分から21時まで、淡路市生田地区のそばカフェ生田村で生田の竹灯篭が開催されます。山間の棚田が美しい地域で戦国時代の城といわれている備中館跡で幻想的な空間を演出します。

「生田村竹灯籠 戦国をしのぶ備中館跡のあかり」をテーマとして、生田地域で採れる風味が自慢の蕎麦をPRするために、ミニそばのふるまい、屋台の出店、そばカフェ生田村の営業などが行われます。

生田の竹灯篭の開催に合わせて、そばカフェ生田村周辺で「淡路島竹灯籠×出会いコラボイベント」が開催されます。イベント準備を独身の男女で、一緒に手作りイベントの楽しさを体験しながら交流を図ります。

山間の自然豊かな淡路島で、竹筒を並べたり、ライトを設置したり、ふるまい準備をしたり、イベント準備を通じた出会いと交流となります。夕方以降は、幻想的な竹灯篭の風景を一緒に観覧しながら楽しめます。

生田の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:11月18日(日)17:30~21:00
  • 開催場所:淡路市生田地区 そばカフェ生田村周辺
  • 開催住所:〒656-1604 兵庫県淡路市生田畑152
  • 電話番号:090-5642-7125(生田地域活性協議会、担当:田村)
  • 駐車場:旧生田小学校駐車場(50台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分

淡路島竹灯籠×出会いコラボイベント

  • 開催日時:11月18日(日)13:00~17:00
  • 受付時間:12:45~
  • 開催場所:そばカフェ生田村周辺
  • 募集人員:兵庫県在住・在勤の独身男女各5名(将来 淡路島在住希望の方を歓迎)
  • 参加対象:男女20歳~60歳
  • 参加料金:無料
  • 募集締切:11月10日(土)必着
  • 申込方法:名前、年齢、性別、住所、連絡先(携帯電話、メールアドレス)を応募用紙に記入して、持参、FAX、郵送で「淡路出会いサポートセンター」に申込となります。
  • お問合せ:淡路青少年本部「淡路出会いサポートセンター」
  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋2-4-5(洲本総合庁舎1階)
  • 電話:0799-24-2717

長澤の竹灯篭

11月23日(金祝)の17時から21時まで、淡路市長澤地区の東山寺で長澤の竹灯篭が開催されます。もみじの名所である東山寺で、柔らかな竹灯籠とライトアップが饗宴して紅葉が幻想的で美しく演出されます。

「もみじを照らす竹灯籠」をテーマとして、農産物が豊かな長澤地域の自慢の自然薯の販売をはじめ、紅葉まつりが行われます。淡路島で最古の木造建築である山門から境内に向かう紅葉に包まれた参道は美しいです。

長澤の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:11月23日(金祝)17:00~21:00(小雨決行、雨天中止)
  • 開催場所:淡路市長澤地区 東山寺
  • 開催住所:〒656-2221 兵庫県淡路市長澤1389
  • 電話番号:090-4495-3288(長澤元気村協議会、担当:喜田)
  • 駐車場:東山寺横駐車場(30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約15分

柳沢の竹灯篭

12月1日(土)の17時から20時30分まで、淡路市柳沢地区のみか谷池で柳沢の竹灯篭が開催されます。棚田の美しい曲線を描いた輪郭が柔らかな竹灯篭の灯りにより幻想的に浮かび上がります。

「柳沢竹灯籠 棚田のあかり」をテーマとして、柳沢地域の米作を中心に地域資源を活かした地域づくりの一環として、自慢の米粉団子、しょうが湯などのふるまいが行われます。

柳沢の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:12月1日(土)17:00~20:30(小雨決行、雨天12月2日(日)順延)
  • 開催場所:淡路市柳沢地区 みか谷池周辺
  • 開催住所:〒656-1541 兵庫県淡路市柳澤丙93
  • 電話番号:080-6115-5369(柳沢活性化協議会、担当:藤本)
  • 駐車場:淡路市ふるさとセンター(50台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分

鮎原下の竹灯篭

12月8日(土)から11日(火)までの夕刻から、洲本市鮎原下地区の古民家再生プロジェクト「ついどはん」周辺で鮎原下の竹灯篭が開催されます。開催期間は4日間ありますが、初日がおすすめです。

「鮎原下に新たな竹灯籠」をテーマとして、新たに竹灯籠に加わった小民家ついどはん周辺にある棚田の灯りを楽しむことができます。なお、12月11日(火)の午後6時開場、午後7時30分開演で、小民家ついどはんで竹灯篭まつりライブが開催されます。沖縄県の竹富町観光大使の「つちだきくお」さんが八重山音楽を披露します。

開催場所となる小民家ついどはんの名前の由来は、古民家の後ろにある祠「四ツ辻にあるお堂」が「つじどう」と変化して、現在「ついどはん」として地元で親しまれています。

「ついど」という言葉は、元々「道の交わり」という意味が込められています。山里で人と人が交わりながら暮らしたいという願いも込められています。

鮎原下の竹灯篭の基本情報

  • 開催日時:12月8日(土)~11日(火)夕刻から
  • 開催場所:洲本市鮎原下地区 古民家ついどはん周辺
  • 開催住所:〒656-1326 兵庫県洲本市五色町鮎原下511
  • 電話番号:090-2019-1808(鮎原下など相原地区活性化協議会、担当:下森)
  • 駐車場:鮎原下公会堂(20台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

鮎原下竹灯篭まつりライブ

  • 開催日時:12月11日(火)開場18:00、開演19:30
  • 開催場所:洲本市鮎原下地区 古民家ついどはん
  • 開催住所:〒656-1326 兵庫県洲本市五色町鮎原下511
  • 入場料(前売):小民家2000円(限定50名)、中庭1000円
  • 入場料(当日):小民家2500円(限定50名)、中庭1500円
  • 特典:開演までに入場の場合、1ドリンクサービス
  • 軽食(1品150円):カレーパン、鮎原サンド、ベーコンエピ、おとうふトーナツ
  • チケット発売日:11月3日(土)10:00~
  • 申込方法:電話もしくはメール
  • 申込電話:090-2019-1808(鮎原下竹灯篭実行委員会 下森)
  • 申込メール:keikun1962@yahoo.co.jp(鮎原下竹灯篭実行委員会 下森)

淡路島観光スポットまとめ

淡路島は、自然が豊富で、食材の宝庫で、歴史ある観光地です。明石海峡大橋、鳴門海峡の渦潮、伊弉諾神宮、イングランドの丘、慶野松原、洲本城、おのころ島神社は全国有数です。明石海峡公園、あわじ花さじき、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館、遊園地ONOKOROなどは定番です。最近、ハローキティのレストラン、クレヨンしんちゃんのアスレチックで注目されています。淡路島観光でおすすめをまとめてご紹介します。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光スポットをまとめました。淡路島は、兵庫県の瀬戸内海で最大の島で人気の観光地です。淡路島には、海に囲まれて緑が豊かで自然を満喫できる観光スポット、淡路島玉ねぎをはじめ、淡路牛に鱧に鯛と新鮮な食材を堪能できるグルメスポット、国生み神...
淡路島
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!