淡路ビーフ「ステーキハウスgenpei」

和食

ステーキハウスgenpeiの淡路ビーフのメニューは、ヒレステーキまたはサーロインステーキとなります。サイズは、120グラム、150グラム、200グラムから選べます。

淡路島の澄んだ空気と美味しい水と豊かな自然で産まれた牛から、年間200頭とほんの一握りのブランド牛は、他の和牛より低温で溶ける脂質が特徴です。旨味成分のオレイン酸やイノシン酸の含有量が多いです。

鉄板で焼き上げると絶品です。美味しさの秘訣はこだわりにあります。A-5ランクの牛という素材から仕込、仕上げまで丁寧です。

カウンターキッチンの鉄板で披露されるオーナーシェフの吉田さんによる調理パフォーマンスは臨場感たっぷりです。窓越しに見える美しい海をバックに匠の技が光ります。旨みを引き出すテクニックは見事です。

丁寧に焼きながら仕上げはフランベです。大きな炎は一見の価値があります。食欲をそそります。贅沢な時間を過ごせます。お客さんに美味しく食べてもらうために色々なソースや食べ方も提案しています。

大きな窓からは明石海峡大橋と瀬戸内海の絶景が眺められます。大パノラマの景色は昼と夜で全く異なります。昼には青い空と碧い海が広がります。夜には明石海峡大橋のライトアップや神戸の夜景が広がります。

美味しい料理と美しい景観を堪能できます。優雅なひと時を過ごせます。

淡路ビーフのステーキ

  • 120グラム:14000円(淡路ビーフ ヒレステーキ)
  • 120グラム:11600円(淡路ビーフ サーロインステーキ)
  • 120グラム:7200円(淡路ビーフ ヒレステーキ)
  • 120グラム:5800円(淡路ビーフ サーロインステーキ)

オプションとして、ランチではAコース(サラダ、ライス、味噌汁)、Bコース(前菜、サラダ、ライス・パン、スープ、デザート)、Cコース(前菜、サラダ、魚料理、ライス・パン、スープ、デザート)があります。

ディナーではAコース(前菜・サラダ・スープ・デザート・ドリンク)、Bコース(前菜・サラダ・魚料理・スープ・デザート・ドリンク)、Cコース(前菜・サラダ・肉料理・スープ・デザート・ドリンク)、Dコース(前菜・サラダ・魚料理・肉料理・スープ・デザート・ドリンク)があります。

ランチ(オプション)

  • Aコース:900円(サラダ・ライス・味噌汁)
  • Bコース:2500円(前菜・サラダ・ライスorパン・スープ・デザート)
  • Cコース:3300円(前菜・サラダ・魚料理・ライスorパン・スープ・デザート)

ディナー(オプション)

  • Aコース:2500円(前菜・サラダ・スープ・デザート・ドリンク
  • Bコース:3300円(前菜・サラダ・魚料理・スープ・デザート・ドリンク)
  • Cコース:3800円(前菜・サラダ・肉料理(100g)・スープ・デザート・ドリンク)
  • Dコース:5800円(前菜・サラダ・魚料理・肉料理(100g)・スープ・デザート・ドリンク)

他に、淡路牛のステーキ、国産牛のステーキ、魚料理などがあります。アラカルトに、伝助穴子、しゃぶしゃぶ、鯛めし、フランスパン、ガーリックライス、雲丹、前菜、サラダ、スープ、ライスがあります。

淡路ビーフが食べられるお店は「淡路ビーフ(淡路牛)おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、ステーキハウスgenpeiは、兵庫県淡路市で牛肉のステーキがおすすめのお店です。場所は、淡路島北端の淡路市岩屋の国道28号線沿いの岩屋港近くにあります。

シェフは、創業60年の老舗「寿司割烹 源平」の三代目社長を務めています。淡路島のブランド牛を提供するお店を展開しています。ミシュランガイド兵庫2016では「ミシュランプレート」に選ばれています。

建物は海岸沿いにせり立つ1階建てです。プロ野球選手や各界の著名人が数多く訪れる有名店です。店内には、窓が大きくて明るい雰囲気です。高級感と清潔感があります。有名人のサイン色紙が並びます。

座席は、カウンター15席、離れの個室、20名までの貸切部屋があります。全部で35席です。

カウンター席からは、国生み神話で登場するオノコロ島「絵島」、世界一長い吊り橋「明石海峡大橋」など大パノラマの絶景が眺められます。昼には開放的で雄大な景色、夜には美しいネオンを楽しめます。

住所と電話は以下の通りです。

営業時間と定休日は以下の通りです。

  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O.21:00)
  • 定休日:火曜日

アクセスと駐車場は以下の通りです。

  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分
  • 駐車場:約5台

SNSは以下の通りとなります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました