淡路ビーフ「三楽園本店」

和食

三楽園本店の淡路ビーフのメニューは、淡路ビーフのステーキです。シャトーブリアン、ヘレ(ヒレ)、特選カルビ、上ロース、サーロインステーキ、赤身三種盛りがあります。

数量限定で淡路ビーフの三楽園盛りと贅沢盛りがあります。牛肉は、淡路牛で最高峰のプレミアム牛です。最高級品質の国産黒毛和牛で、日本を代表する神戸ビーフの素牛となる淡路産但馬牛がメインとなります。

厳しい認定基準をクリアした淡路牛にのみ与えられる淡路ビーフは、口に入れた瞬間、柔らかく舌触りの良い上質な甘みと脂の旨味が絶妙に交差します。島の恵みが広がります。伝統の超一流資質を堪能できます。

焼き方は備長炭の炭火焼にこだわっています。遠赤外線の熱効果でガスの4倍の赤外線で素材の旨味を逃しません。輻射熱で素材を焼いて肉の旨味を閉じ込めます。外と内の絶妙な食感がプラスされます。

タレでは、最高のハーモニーを奏でる「もみだれ&つけだれ」、先代から半世紀受け継がれる伝統の「味噌だれ」をはじめ、オリジナルブレンドの岩塩、ぽん酢、山葵醤油などがあります。相性が抜群です。

お得なランチメニューとして、淡路ビーフのステーキランチとローストビーフ丼、牛丼があります。

ステーキランチには、ヘレ(100グラム)もしくはサーロイン(100グラム)にサラダ、スープ、ライス、コーヒーが付きます。ローストビーフ丼には味噌汁、牛丼にはミニスープが付きます。

淡路ビーフのステーキ

  • ヘレ(ヒレ):6880円
  • シャトーブリアン:9880円
  • 特選カルビ:2280円
  • 上ロース:3680円
  • サーロイン:7880円
  • 赤身三種盛り:5980円

淡路ビーフの数量限定メニュー

  • 三楽園盛り(サーロイン・ヘレ・他部位2種):19800円
  • 贅沢盛り(サーロイン・ヘレ・上ロース):16880円

淡路ビーフのランチメニュー

  • ステーキランチ:6800円
    ※ヘレ100gもしくはサーロイン100g、サラダ、スープ、ライス、コーヒー
  • ローストビーフ丼(味噌汁付き):1800円
  • 牛丼(ミニスープ付):1200円

他には、神戸ビーフと淡路和牛のステーキがあります。ディナーでは、淡路ビーフのステーキディナーコースと淡路和牛のステーキディナーコースがあります。

単品メニューでは、タン、ハラミ、カルビ、ロース、内蔵、キムチ、野菜、サラダ、ビビンバ、クッパ、牛丼、キムチラーメン、お茶漬け、アイスなどがあります。ブリスケ焼きすき、炙りユッケが名物です。

淡路ビーフが食べられるお店は「淡路ビーフ(淡路牛)おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、三楽園本店は、兵庫県淡路市で牛肉のステーキがおすすめのお店です。場所は、淡路島北東部の淡路市大谷の国道28号線沿いにあります。妥協なき目利きで牛肉を仕入れています。

1972年に先代が淡路市東浦にオープンしました。創業30年に淡路市大谷に本店をオープンしました。2012年の改装してVIPカウンターを設置しました。最高の素材、手作り、伝統の味にこだわっています。

店主の松本さんは、20年以上、肉の品質にこだわり続けています。最上食材の類まれな味わいを追求して、優秀な資質の兵庫畜産共進会入賞牛、超一流の肉質の淡路ビーフのチャンピオン牛も購入しています。

建物は茶色のレンガ風の3階建てです。完全予約制です。座席は1階がカウンター6席と掘りごたつ36席、2階が最大30席の宴会場となります。全部で72席です。間仕切りや堀座卓で個室空間を演出します。

住所と電話は以下の通りです。

営業時間と定休日は以下の通りです。

  • 営業時間:平日11:00~14:00・16:00~22:00、土日祝11:00~22:00
  • 定休日:木曜日

アクセスと駐車場は以下の通りです。

  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分
  • 駐車場:約20台

SNSは以下の通りとなります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました