カフェスコーラ(Cafe Scuola)淡路島でランチおすすめカフェ

カフェ

カフェ・スコーラ(Cafe Scuola)は、淡路島のランチでおすすめのお店です。淡路島北西部にある観光施設「のじまスコーラ」の1階にあります。旧小学校の教室をリノベーションしたお洒落カフェレストランです。

ランチタイムは、メインが選べるランチコースがおすすめです。カレーやパスタが名物です。地元農家が育てた新鮮野菜のサラダプレートとスープがおかわり自由で付きます。子供用のキッズセットもお得で人気です。

テラス席ではワンちゃんと一緒に食事が楽しめます。ペット専用メニューはサラダがおかわり自由です。カフェタイムは、パティシエが作る本格ドルチェ、ローケーキ、フルーツドリンクがおすすめです。

カフェ・スコーラ(Cafe scuola)

なお、「カフェスコーラ(Cafe Scuola)」も含めて、淡路島のカフェでおすすめのお店は「淡路島カフェおすすめ14店 2020年最新版」の記事をご参照ください。

カフェスコーラ(Cafe Scuola)の詳細・基本情報

  • 店名:カフェ・スコーラ(Cafe Scuola)
  • 住所:〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦843 のじまスコーラ1F
  • 電話:0799-82-1820
  • 公式サイト:https://www.nojima-scuola.com/
  • 予約可否:予約可
  • ランチ営業時間:平日11:00~14:00、土日祝11:00~15:00
  • ティー営業時間:平日14:00~18:00、土日祝15:00~18:00
  • 定休日:水曜日(祝日は営業)
  • 座席数:100席(テーブル40席、テラス30席、ドッグテラス30席)
  • 駐車場:無料(80台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約15分、北淡ICから車で約10分

カフェスコーラ(Cafe Scuola)の様子・雰囲気

カフェ・スコーラ(Cafe Scuola)は、淡路島でランチがおすすめのカフェレストランです。場所は、兵庫県淡路市で北西海岸にある観光施設「のじまスコーラ」の1階にあります。

アクセスは高速道路の淡路インターチェンジから車で15分です。駐車場は約80台が無料駐車できます。2012年8月にオープンしました。

建物は、白を基調とする3階建てです。旧野島小学校の校舎をリノベーションしています。赤のワンポイントが入りインスタ映えします。ベーカリー、直売所、ショップ、カフェ、動物園などがあります。

建物 カフェスコーラ(Cafe Scuola)

1階には、ベーカリー、マルシェ、カフェがあります。2階には、レストランがあります。カフェスコーラ(Cafe Scuola)の場所は1階の通路の突き当たりです。旧職員室を改装しています。

店内は、天井や壁が薄い黄色を基調としています。テーブルにはクロスがかけられています。清潔感があります。昔学校だったというレトロ感と温かみある雰囲気です。

憩いの場所として、お気軽にランチタイムやティータイムを過ごせます。カジュアルで子供連れの家族におすすめです。旧小学校ということで大人には懐かしさ、子供には新鮮さを感じられるかもしれません。

店内以外に、屋外にテラスが設置されています。広めのスペースのテラス席は大人数も対応可能です。天気の良い日には見晴らしが良く、開放的で心地よい空間となります。リゾート気分を味わえます。

瀬戸内海は播磨灘の景色を眺めながら食事が食べられます。カフェスコーラ(Cafe Scuola)のある淡路島西海岸は、淡路サンセットラインと呼ばれて、日本の夕陽百選に選ばれた美しい夕陽が自慢です。

テラス席の奥に、ペット連れが同伴できるドッグテラスが設置されています。ワンちゃんと一緒に食事ができます。愛犬家には大好評のワンちゃん専用のメニューがあります。淡路鶏と豆腐のワンバーグが大人気です。

座席数は、店内のテーブル席が40席、店外のテラス席が30席、店外のドッグテラスが30席、全部で100席です。カップル、ファミリー、友達、グループ、ペット連れなどにおすすめです。

店内 カフェスコーラ(Cafe Scuola)

生パスタやカレーが大人気のカフェ・スコーラ。メインが選べるランチコースには、おかわり自由のサラダプレートとスープがついてきます!カフェタイムには、旬の果物がたくさん入ったフルーツドリンクや、ローケーキなどのカフェ・スコーラ自慢のドルチェをご用意。開放感のあるテラス席でペットと一緒にお食事もお楽しみいただけます!

のじまスコーラ

淡路島ランチ

カフェスコーラ(Cafe Scuola)のランチは、淡路島の海産物、農産物、畜産物などをふんだんに使用した地産地消の料理を提供しています。チャレンジファーム、地元の契約農家で採れた素材が自慢です。

おすすめメニューは、メインが選べるランチコースです。パスタ、カレー、スペシャル、ピザからメイン料理を選びます。サラダプレート、スープがおかわり自由です。子供向けメニューにはキッズセットがあります。

ペット専用メニューには、3種類のわんちゃんサラダセットがあります。カフェメニューには、ドルチェセット、ローケーキ、フルーツドリンクが人気です。他には、テイクアウトメニューがあります。

なお、アレルギーをお持ち場合は、スタッフに事前に申し出ると対応してくれます。

メインが選べるランチコース

メインが選べるランチコースは、一人一品ずつメインとなる料理を選べます。淡路島の野菜をメインとしたサラダプレートがおかわり自由となります。玉ねぎなどのスープがおかわり自由となります。

  • メインが選べるランチコース:平日1550円(税抜)、土日祝1680円(税抜)

メインのメニューは、パスタ、カレー、スペシャル、ピザの4種類から選びます。

パスタ

パスタは、淡路島玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナ(トマトソース)、淡路牛のボロネーゼ(ミートソース)などがあります。パスタ麺は地元の淡路麺業が開発した生パスタを使用しています。

アマトリチャーナは、玉ねぎの甘みがたっぷりのトマトソースが美味しいです。モチモチの生パスタに良く絡みます。チーズのコクで風味が豊かです。ベーコンの食感と塩みが程よくアクセントになります。

ボロネーゼは、香り豊かな淡路牛と豚の合挽き肉はゴロゴロして肉の味を堪能できます。タリアテッレの麺はモチモチで食べ応えがあります。赤ワインの風味、チーズのコク、玉ねぎの甘みが味を調えて上品にさせます。

他にも、季節の旬の食材を使用した季節毎に変更される季節のパスタがあります。

パスタ カフェスコーラ(Cafe Scuola)

カレー

カレーは、淡路牛すじカレー、グリーンカレー、ハッシュドビーフ、2色カレーから選べます。

淡路牛すじカレーは、淡路島玉ねぎと独自配合のスパイスのカレールーに、淡路牛の牛すじを入れたカレーです。辛さは中辛です。タマネギ、カボチャ、ジャガイモ、ネギなどゴロゴロの素揚げ野菜がたっぷりです。

グリーンカレーは、淡路島玉ねぎと独自配合のスパイスのカレールーに、淡路鶏の肉を入れたカレーです。辛さは辛口です。タマネギ、カボチャ、ジャガイモ、ネギなどゴロゴロの素揚げ野菜がたっぷりです。

ハッシュドビーフは、淡路牛と淡路島玉ねぎをデミグラスソースで煮込んでご飯にかけられています。上からチーズがかけられています。コクのある濃厚な味で肉の柔らかさ、玉ねぎの甘さが引き立ちます。

2色カレーは、牛すじカレーとグリーンカレーが半分ずつかけられたカレーです。辛さの異なる淡路牛と淡路鶏が食べ比べできます。カレー好きにはたまらない贅沢感です。なお、プラス400円での提供です。

カレー カフェスコーラ(Cafe Scuola)

ピザ

ピザは、マルゲリータ、3種のチーズピザ、チーズとはちみつのピザ、淡路玉ねぎピザから選べます。

マルゲリータは、ピザ生地にトマトソースとモッツァレラチーズとバジルの葉がのせられています。ナポリピッツァの代表です。薄皮でパリパリに焼き上げられたピザは具材との相性が抜群です。

3種のチーズピザは、モツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、ペコリーノロマーノの3種類のチーズがのせられたピッツァです。ブルーチーズ、水牛のチーズ、ヒツジのチーズと贅沢な取り合わせです。

チーズとはちみつのピザは、チーズのピザにハニーポットから黄金色の蜂蜜が注がれたピッツァです。本場ではポピュラーな食べ方です。クリーミーな蜂蜜で、チーズの味が引き立ちます。絶妙な組み合わせです。

淡路玉ねぎピザは、淡路島の釜揚げしらすと淡路島玉ねぎがたっぷりのせられたピッツァです。釜揚げしらすの塩味と玉ねぎの甘味が絶妙にマッチします。アンチョビとコショウがアクセントとなります。

他にも、季節の旬の食材を使用した季節毎に変更される季節のピザがあります。

サラダバーとスープバー

おかわり自由のサラダバーには、約20種類の淡路島の地元で収穫された新鮮な野菜が並んでいます。スライスオニオン、レタスなど地元農家で丹精込めて育てられた無農薬野菜が食べ放題となります。

おかわり自由のスープバーには、玉ねぎやワカメなど地産地消のオリジナルスープが並んできます。玉ねぎスープはお土産でも1番人気でクセになる味です。甘みとコクがあり美味しいです。

キッズセット

キッズセットは、4歳から小学生までのお子様が対象のメニューです。メインはパスタとカレーから選べます。ジュースとチーズトーストが付きます。おかわり自由のサラダバーとスープバーが付きます。

  • キッズセット:1000円(税抜)

パスタはアマトリチャーナ(トマトソース)とボロネーゼ(ミートソース)から選べます。カレーは淡路鶏のチキンカレーです。ジュースは、アップル、オレンジ、カルピス、コーラなどから選べます。

わんちゃんディッシュ

わんちゃんディッシュは、ペット専用メニューです。犬の栄養バランスを考慮した料理です。ビタミンや食物繊維豊富な新鮮な野菜を提供することでワンちゃんの健康をサポートします。愛犬家も安心のメニューです。

淡路鶏のわんバーグわんちゃんサラダバーセット、淡路鶏ささみのグリルわんちゃんサラダバーセット、淡路産真鯛のわんちゃん鯛めしわんちゃんサラダバーセットの3種類があります。サラダのおかわりが自由です。

どのメニューもSサイズ、Mサイズ、Lサイズの3種類があります。

  • Sサイズ:780円
  • Mサイズ:980円
  • Lサイズ:1180円

他にも、いちごと豆乳のショートケーキがあります。小麦、卵、乳が不使用です。米粉の生地に豆乳クリームをサンドしています。

他のメニュー

他のメニューとして、ドリンク、ドルチェなどがあります。

ドリンクでは、淡路島の旬のフルーツをぎゅっと詰め込んだシュワシュワの爽やかなフルーツドリンクがおすすめです。ジンジャーエール、ベリーソーダ、ティーソーダがあります。

ドルチェでは、チーズケーキ、ガトーケーキ、ローケーキ(2種)があります。ローケーキ5種盛りがおすすめです。素材に火を通していない酵素たっぷりのケーキです。複数人で注文すると食べ比べができます。

他には、季節のデザートピザがおすすめです。淡路島の旬の果実を使用したデザートピザです。手作りのピザ生地を焼き上げます。

ドルチェ カフェスコーラ(Cafe Scuola)

テイクアウトメニュー

テイクアウトのメニューは、淡路牛の牛すじカレー、淡路鶏のグリーンカレー、淡路牛のハッシュドビーフ、淡路鶏のハーブ蒸しとたっぷり野菜のサラダなどがあります。全メニューがサラダ付きです。

数量限定のメニューとして、淡路牛のハンバーグプレート、淡路牛の牛丼、淡路牛の焼肉丼などがあります。淡路島在住の方は、購入商品が平日3割引き、休日2割引きとなる入会無料のイカンカカードがあります。

カフェスコーラ(Cafe Scuola)のアクセス方法・行き方

カフェ・スコーラ(Cafe Scuola)がある「のじまスコーラ」のアクセス方法・行き方は、自動車、高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから下ります。県道31号線で淡路島の西海岸に出て走行します。約15分で「のじまスコーラ」に到着します。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の北淡インターチェンジから下ります。県道31号線で淡路島の西海岸に出て走行します。約10分で「のじまスコーラ」に到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りの高速バスの乗り場から運行しています。淡路インターチェンジのバス停で降車します。

なお、淡路インターチェンジのバス停から徒歩約1分で県道157号線に出ます。パソナグループの運営施設を周遊する無料シャトルバスのバス停があります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金680円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金420円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金470円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1270円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金680円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1270円)

高速船の場合

高速船の場合、JR明石駅から徒歩10分で明石港に到着します。明石港から高速船で約13分で岩屋港に到着します。岩屋港から、のじまスコーラまで無料シャトルバスが運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分530円)

無料シャトルバス

無料シャトルバスは、高速バスの淡路インターチェンジから徒歩約1分の県道157号線沿いのバス停から運行しています。パソナグループの運営施設を周遊します。

淡路インターチェンジのバス停から、のじまスコーラまで約25分で運行しています。高速船の岩屋港のバス停から、のじまスコーラまで約18分で運行しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました