フランス料理「ホテルアナガ」

ジャンル

ホテルニューアワジの「フランス料理」は「Precious(プレシャス)」のランチがおすすめです。

  • Precious(プレシャス):5,000円

「Precious(プレシャス)」は、四季折々に届く淡路島産で旬の厳選素材を使用した前菜に野菜スープを加え、漁港直送で鮮魚の魚料理や特撰淡路ビーフの肉料理も味わえるフルコースとなります。

空と海にひらかれた島のキュイジーヌです。畑や海で素材と対話したレシピです。手をかけて育てられた野菜の滋味、速い潮に揉まれた魚の旨味と食感、調理法やソースによって心が満たされます。

メインは、近海で獲れた魚介もしくは淡路ビーフです。澄んだ空気と美味しい水、自然豊かな島育ちの食材、厳しい認定基準を満たした淡路ビーフ、旬の海の幸など四方を海に囲まれた島ならではです。

心地良い陽射しが降り注ぐ開放的な空間で、淡路島産の素材と鳴門海峡の絶景を楽しみながら、優雅なランチタイムとなります。伝統あるクラシックスタイルのフレンチで淡路の魅力を堪能できます。

Precious(プレシャス)のメニュー例

  • バジルでマリネした淡路タコ ビーツのデリベイション
  • 魚介のムースを詰めたコンキリエ タイム風味の島野菜
  • スズキのムニエル 熟成シェリービネガーのブール・ノワゼット or 鮑のステーキ 赤ワイン風味の肝ソース(+2,200円)
  • 淡路鶏とポーチドエッグのサブリメイション or フランス産クチュイ家の鴨むね肉のロースト(+1,000円) or 淡路ビーフ ランプ肉のエギュイエット(+1,600円)
  • プリン・アラモード or マンゴー&パッション
  • お好みの温かいお飲み物

他に、Decouverte(デクーヴェルト)があります。前日までの事前予約が必要です。四季折々に届く旬の素材を優雅な眺めと共に淡路島の素材が持つ力強さと新たな発見と魅力が楽しめます。

  • Decouverte(デクーヴェルト):12,000円

Decouverte(デクーヴェルト)のメニュー例

  • 沢蟹とクレソンのシュークリーム
  • イサキの炙りとキャロットラペ ガスパチョ添え
  • 淡路鱧のポッシェ ズッキーニとレモンの旨味ジュレ
  • 穴子、マッシュルーム、トリュフ
  • 淡路和牛のフィレ肉 初夏の野菜で彩るグラタン・ドフィノワーズ
  • ミントのジュレとキウィ
  • チェリーのティラミ・ス
  • 可愛らしい小菓子の盛り合わせ
  • お好みの温かいお飲み物

淡路島フランス料理については「淡路島フレンチ(フランス料理)おすすめ6選」をご参照ください。

ホテルアナガは、淡路島南西端にあるオーベルジュです。一年を通じて眩い陽射しが降り注ぐ温暖な気候に恵まれたリゾートホテルです。海岸沿いから鳴門海峡や大鳴門橋の絶景が眺められます。

総客室数は40室です。スイート、デラックス、スーペリア、スタンダード、ドギーヴィラがあります。全室が南向きのオーシャンビューです。窓からは、大きな空、広い海、緑の自然が広がります。

レストランは、フランス料理レストラン「カドー・ドゥ・ラ・メール」、和食レストラン「日本料理 鮨 阿那賀」があります。ラウンジバーとコテージタイプのテラスレストランもあります。

他の施設は、ガーデンプール、ライブラリ、バンケット、ショップ、ドギーガーデン、テニスコート、パターゴルフ、レンタサイクル。遊歩道などがあります。ゴルフ場や船釣りの利用もできます。

スイスで100年以上の歴史を誇る伝統的スパ&トリートメント「ヴァルモン」、プライベートウエディング&ハネムーン「ハネムーン」があります。宿泊プランはオーベルジュが人気です。

ホテルアナガの基本情報は以下のとおりです。

カドー・ドゥ・ラ・メールの基本情報は、以下のとおりです。

  • 営業時間:11:30~14:00(L.0)
  • 定休日:無休
  • 座席数:60席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました