淡路島フレンチ(フランス料理)おすすめ9選

ジャンル

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめの9選をご紹介します。

淡路島フレンチ(フランス料理)

ホテルニューアワジ

ホテルニューアワジ「シーサイド」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。日帰り温泉プランは「フランス料理フルコース+入浴券」の日帰りカジュアルプランです。

フランス料理フルコースは、アミューズ・オードブル・スープ・魚料理・肉料理・デザートが付きます。由良産の魚介類と淡路牛など厳選食材を使用します。彩り豊かで自然の恵みを味わえます。

  • フランス料理フルコース+入浴券:8,500円

温泉は、本館1階のスパテラス水月で「淡路棚田の湯(男性)」と「くにうみの湯(女性)」が利用できます。2つの源泉を多彩な湯船で楽しめます。回廊を歩いてグループホテルの湯めぐりができます。

淡路島南東部の洲本温泉郷にある淡路島を代表するホテルです。関西ローカルのテレビCMが有名です。紀淡海峡の絶景を眺められます。温泉は洲本温泉と自家源泉古茂江温泉の源泉が楽しめます。

グランド バオバブ(Grand Baobab)

フレンチの森「グランド バオバブ(Grand Baobab)」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「馥郁と香るコース」です。気軽に愉しめるカジュアルフレンチとなります。

馥郁と香るコースは、香りの島で名高い淡路島ならではのコース料理です。旬食材が香る料理、島内自生の植物による燻製や炙り料理が登場します。潮風の香り、樹木の香りと自然の息吹が感じられます。

  • 馥郁と香るコース:4,800円

神戸のフランス料理店やホテルの料理長を務めた岩谷慶浩シェフが腕をふるいます。滞在型レストランとして、趣の異なる3つのレストランが連なります。北部山間で豊かな自然や静けさに満ちています。

グランドニッコー淡路

グランドニッコー淡路「コッコラーレ スペシャリテ」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「季節の野菜コース」です。シェフの感性が光る色彩あふれる地中海フレンチです。

季節の野菜コースは、美しい海と自然に恵まれた淡路島と個性豊かな素材を生み出す兵庫県の旬食材を主役に料理人が考案した季節限定のコース料理です。新鮮野菜や淡路近海の魚介類を使用します。

  • 季節の野菜コース:7,700円

淡路島北東部の建築家 安藤忠雄さんが設計したリゾート施設「淡路夢舞台」にあるホテルです。ニッコーホテルグループの最上位ブランドです。国営明石海峡公園、奇跡の星の植物園と隣接しています。

ハレノサラ

ハレノサラは、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「ランチフルコース」です。由良漁港や福良漁港の魚介類、花岡農恵園の野菜など地産地消にこだわります。素材の味を活かします

ランチフルコースは、前菜・スープ・魚料理・肉料理・パンorライス・デザート・コーヒーが付きます。イタリアン・和食・フレンチで腕を磨いた豊富な経験と淡路島産の山の幸と海の幸が融合します。

  • ランチフルコース:3,630円

淡路島中央部の田園地帯にあります。地元出身のオーナーシェフです。築120年以上の農家の古民家をリノベーションしています。和洋融合した和モダンな空間です。大正ロマンの雰囲気となります。

ホテルアナガ

ホテルアナガ「カドー・ドゥ・ラ・メール」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「Precious(プレシャス)」です。空と海にひらかれた島のキュイジーヌです。

Precious(プレシャス)は、漁港直送で鮮魚の魚料理と淡路ビーフの肉料理が味わえるフルコースです。畑や海で素材と対話したレシピです。伝統あるクラシックスタイルで食材の魅力を堪能できます。

  • Precious(プレシャス):5,000円

淡路島南西端にあるオーベルジュです。一年通じて眩い陽射しが降り注ぐ温暖な気候に恵まれたリゾートホテルです。南向きオーシャンビューです。海岸沿いで鳴門海峡や大鳴門橋の絶景が眺められます。

ラローズ(La Rose)

フレンチの森「ラローズ(La Rose)」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「Le Printemps(ルプランタン)コース」です。淡路島の大地と海の恵みを最大限に引き出します。

Le Printemps(ルプランタン)コースは、和とフレンチのフュージョン料理です。淡路産の旬食材を使用した料理とワインのマリアージュを愉めます。ソムリエ資格を持つシェフがワインを厳選します。

  • Le Printemps(ルプランタン)コース:ランチ7,000円

本場フランス三ツ星レストランで研鑽を積んだ村上遼太郎シェフが腕をふるいます。滞在型レストランとして、趣の異なる3つのレストランが連なります。北部山間で豊かな自然や静けさに満ちています。

レストロル・サンクメ(Restro Le 5 Mai)

レストロル・サンクメ(Restro Le 5 Mai)は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチはランチセットです。淡路産の食材を使用したフレンチです。地産地消で地元食材にこだわります。

ランチセットは、淡路牛をはじめ、近海で獲れる旬の地魚、無農薬の野菜など厳選素材を使用します。魚料理・ワイン蒸し・香草蒸しが得意です。デザイン性高い食器でフォトジェニックな盛り付けです。

  • ランチセット:Aセット1,650円、Bセット2,200円、Cセット3,850円

淡路島北東部にあります。西洋建築で、シャンデリアのリゾートヴィラ風のクラシックな雰囲気です。オーナーシェフは島内ホテルで料理長を務めました。店名は5月5日を意味するフランス語です。

ふらんす食堂プティポワ

ふらんす食堂プティポワは、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「淡路牛フィレコース」です。ブランド牛の素牛として名高い「淡路牛」を満喫できる1番人気のメニューです。

淡路牛フィレコースは、淡路産食材と高級部位のフィレを使用したコース料理です。フィレ肉は、柔らかくジューシーで身体に優しいソースと相性抜群です。契約農家の仲野さんの野菜は甘くて新鮮です。

  • 淡路牛フィレコース:5,950円

淡路島南部中央にあるカジュアルフレンチレストランです。気兼ねなく楽しめるアットホームな空間です。昔ながらの昭和の雰囲気です。ツーリングの立ち寄りに便利です。安心・安全を心掛けています。

プランス エトワール(Prince Etoile)

フレンチの森「プランス エトワール(Prince Etoile)」は、淡路島のフランス料理でおすすめの飲食店です。ランチは「島の食材を愉しむコース」です。伝統的なフランス料理を現代風にアレンジします。

島の食材を愉しむコースは、大地や海が作り出した素材を感じるニュートラディショナルなコース料理となります。フレンチの技法と旬の食材の組み合わせにより素材本来の旨味を限界まで引き出します。

  • 島の食材を愉しむコース:ランチ7,000円

リーガロイヤルホテルで10年以上の経験した池田和政シェフが腕をふるいます。滞在型レストランとして、趣の異なる3つのレストランが連なります。北部山間で豊かな自然や静けさに満ちています。

まとめ

ここで紹介した淡路島フランス料理の飲食店は、食べる価値のある人気店・名店ぞろいです。個性的で独創的な料理が自慢です。数多ある店舗から厳選しました。一度足を運んで食べてみてください。

フランス料理は、淡路島の近海で獲れた魚介類、淡路島の肥沃の大地で育てた野菜、淡路島の自然で育まれた淡路牛と地元で自慢の旬食材をふんだんに使用しています。素材本来の味を引き出しています。

シェフが腕によりをかけた匠の技と至極の食材が融合したコース料理を堪能できます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました