淡路島観光スポットおすすめ34選

淡路島フレンチ(フランス料理)おすすめ6選

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめの6選をご紹介します。

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめ6選

淡路島でおすすめのフレンチ(フランス料理)は、カドー・ドゥ・ラ・メール(淡路市)、ハレノサラ(淡路市)、シーサイド(洲本市)、コッコラーレ スペシャリテ(淡路市)、ふらんす食堂プティ・ポア(南あわじ市)、ラ・グーテ(南あわじ市)となります。

人気のフレンチ(フランス料理)として、アクセスに便利、駐車場が広い、座席数が多い、地元住民や観光客に人気などのお店を厳選しました。淡路島の食材を使用したご当地メニューもあります。

さらに、淡路島での立地とアクセス、人気メニューと料金、周辺の施設や観光スポットをまとめています。淡路島でグルメと観光に利用できるフレンチ(フランス料理)の一覧となります。

なお、淡路島のフレンチも含めておすすめグルメのまとめは、以下の記事をご参照ください。

カドー・ドゥ・ラ・メール

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、カドー・ドゥ・ラ・メールです。場所は淡路島南西部で県道25号線から200メートル入ったホテルアナガにあります。アクセスは淡路島南インターチェンジから車で約5分です。駐車場は約50台です。

営業時間は、ランチが11時30分から14時まで、ディナーが17時30分から21時までとなります。定休日は無休です。席数はテーブル席と個室と宴会場があります。全部で約60席です。

店名はフランス語で「海からの贈りもの」を意味します。総料理長は、2016年8月から、コンラッド東京で活躍して7年連続でミシュランガイドで1つ星を獲得した前田慎也さんが務めています。

ソムリエは、コンラッド東京で活躍して日本屈指のトップソムリエとされる森覚さんが務めています。お客様一人ひとりに心地よいホスピタリティという伝統と哲学のもとに五感に訴える料理が提供されます。

店内は天井が高く広々として開放感があります。全面ガラス張りの大きな窓からは明石海峡と大鳴門橋の絶景が眺められます。座席の間隔も広めです。空と海の眺望を眺めながら心地よい光が降り注ぐ空間です。

フレンチ(フランス料理)は、ランチの「Precious(プレシャス)」がおすすめです。淡路島の旬の食材を使用した魚料理と肉料理が付いたフルコースランチとなります。

淡路島玉ねぎ、淡路ビーフ、北坂たまご、蜂蜜、旬の野菜、3年とらふぐ、サクラマス、楼鯛、紅葉鯛、鱧、蛸、鮑、伊勢海老など、淡路島を代表する食材、旬の食材を使用した肉・魚介・野菜の料理が登場します。

素材の旨みを最大限に活かした調理法で、お皿をキャンパスにして鮮やかに料理が彩られます。淡路島の四季を彩る地元素材を使用した地産地消のフレンチとなります。

旬野菜のポタージュは野菜の旨味が凝縮されています。魚介類は新鮮です。淡路ビーフのローストビーフは名物です。華やかで可愛いスイーツは好評です。自家製パンはこだわりの製法で焼き上げられます。

この他、メインディッシュが魚料理もしくは肉料理を選ぶ「Select(セレクト)」があります。

  • Precious(プレシャス):4500円
  • Select(セレクト):3000円

ディナーは、「Degustation(デギュスタシオン)」と「Saison(セゾン)」と「ANAGA Classic(アナガ・クラシック)要予約」があります。ワインは、ソムリエがお好みに合わせてセレクトします。

モーニングのメニューとして、北坂養鶏場のたまご料理がメインのアメリカン・ブレックファスト、カフェのメニューとして、アラカルトから選べるライトスナックメニューがあります。

なお、カドー・ドゥ・ラ・メールの周辺の観光スポットとして、うずの丘 大鳴門橋記念館、道の駅うずしお、うずしおクルーズ、淡路人形座、福良マルシェなどがあります。

カドー・ドゥ・ラ・メールの基本情報

住所〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1109 ホテルアナガ1階
電話0799-39-1111
公式HPhttp://www.hotelanaga.com/restaurants/cadeaudelamer/
営業時間ランチ11:30~14;00、ディナー17:30~21:00
休業日無休
座席数約60席(テーブル席、個室、宴会場)
駐車場約50台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約5分

ハレノサラ

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、ハレノサラです。場所は淡路島中央部の淡路市木曽で県道66号線から約200メートル入ったところにあります。アクセスは津名一宮インターチェンジから車で約10分です。駐車場は約10台です。

営業時間は、ランチが11時30分から14時まで、ディナーが予約制で18時から20時までです。定休日は日曜日と木曜日です。席数は、テーブル席が全部で28席です。

沖縄帰りの地元洲本市出身のオーナー小濱さん夫妻が長閑な田園地帯で2014年9月にオープンしたレストランです。建物は築120年以上の昔ながら農家の古民家をリノベーションしています。

敷地面積が約300坪で、駐車場の空き地、長屋門、母屋、離れ、裏座敷、庭があります。店名は特別な日「ハレの日」に利用してもらえる店として名付けられています。

立派な長屋門をくぐると広々した庭があります。砂利が敷き詰められた玄関アプローチがあります。両サイドには、植木や庭石で造園された中庭、離れとテラス席があります。中庭は母屋の側面まで広がります。

店内は、大正ロマンの雰囲気です。板張りで靴のまま上がります。欄間・襖・格子窓と和の趣きに、重厚なテーブル・ロココ調の椅子・電笠フラワー照明と西洋の趣きが融合した和モダンな空間です。

フレンチ(フランス料理)は、日替わりフルコースがおすすめです。前菜、スープ、魚料理、肉料理、パンもしくはライス、デザート、コーヒーが付きます。2800円と大変お得な値段で提供しています。

地元の海の幸・山の幸など地産地消にこだわっています。あまり手を加えずに素材の味を最大限に活かしています。淡路島の食材の魅力を引き出すように調理しています。

食材は、肉が大造畜産の椚座牛、魚が由良漁港や福良漁港などの魚介類、野菜が花岡農恵園など地元農家と淡路島産です。食器は陶芸家の樂久登窯・あわびウェア(awabiware)のお洒落な淡路島産です。

食材の盛り付け、料理の飾り付け、ソースのかけ方、食器の形と色と美しい配色で色彩が絶妙です。和モダンな空間、窓から眺望、料理の味も見た目から、創作フレンチを堪能できます。パンの種類も豊富です。

この他、日替わりランチ、椚座牛のステーキランチ、おまかせフルコース、パスタランチなどがあります。

  • 日替わりフルコース:2800円
  • 日替わりランチ:1500円
  • 椚座牛のステーキランチ:3000円
  • おまかせフルコース:5000円
  • パスタランチ:1000円

ディナーは、おまかせコースで2500円、3500円、5000円があります。シェフ特製の至極の料理が登場します。イタリアン、和食、フレンチで腕を磨いた経験と淡路島の山の幸と海の幸が融合します。

なお、ハレノサラの周辺の観光スポットとして、伊弉諾神宮、たこせんべいの里、パルシェ香りの館、ウェルネスパーク五色などがあります。

ハレノサラの基本情報

住所〒656-2152 兵庫県淡路市木曽上324
電話0799-64-7433
営業時間ランチ11:30~14:00、ディナー18:00~20:00(予約制)
休業日日曜日、木曜日
座席数28席(テーブル席)
駐車場約150台(普通車130台、大型車20台)
駐車料金約10台
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分

シーサイド

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、フレンチレストラン シーサイドです。場所は淡路島南東海岸で県道76号線沿いのホテルニューアワジにあります。アクセスは洲本インターチェンジから車で約20分です。駐車場は約200台です。

営業時間は、ランチが11時30分から14時まで、ディナーが17時30分から20時までです。定休日は不定休です。席数はテーブル席で全部で24席です。貸切で50席分を確保できます。

建物は12階建ての本館3階でロビー階となります。店内は、バンケットルームや宴会場、パーティー会場やコンベンションホールを小さくしたような空間です。BGMは、優雅なクラシックが流れています。

窓からは、紀淡海峡が一望できます。淡路島の自然の恵みとなる海の幸や山の幸をフレンチとして彩り豊かに提供しています。カジュアルな雰囲気で本格フレンチのコースを気軽に楽しめます。

フレンチ(フランス料理)は、日帰りカジュアルプランがおすすめです。フランス料理フルコースと洲本温泉の入浴券がセットになったリピーターが多い人気のプランです。

フランス料理フルコースでは、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザートが付きます。ドリンクはコーヒーもしくは紅茶です。オードブルは、マリネやカルパッチョやテリーヌなどが登場します。

洲本温泉の入浴券では、スパテラス水月、淡路棚田の湯(男性)、くにうみの湯(女性)、淡路夢泉景、湯賓閣 天宮の雫(男性・女性)とホテルニューアワジが誇る海辺の湯めぐりを満喫できます。

魚料理は白身魚のポアレ、肉料理は国産牛の赤ワインソースが多いです。食材は、淡路島の特産品の玉ねぎをはじめ新鮮野菜、地元由良漁港で水揚げされる淡路島の鯛、鱧、蛸、鮑などの魚介が使用されます。

  • フランス料理フルコース+入浴券(日帰りカジュアルプラン):5400円~
  • 淡路牛と淡路野菜のステーキ丼+入浴券(日帰りカジュアルプラン):4400円~

この他、ランチプランでは、淡路牛と淡路野菜のステーキ丼+入浴券、海の幸のピラフ+入浴券、淡路島ぬーどる ブイヤベース風スープ仕立て+入浴券など日帰りカジュアルプランが人気です。

淡路牛のステーキ丼は、まろやかで風味が豊かで香りが高い柔らかな淡路牛を使用しています。上質な肉の旨みとサシの甘みが特徴です。淡路島の新鮮な野菜とのハーモニーで自然を感じることができます。

なお、フレンチレストラン シーサイドの周辺の観光スポットとして、洲本城、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像、洲本レトロこみち、大浜海水浴場などがあります。

シーサイドの基本情報

住所〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷20 ホテルニューアワジ本館3階
電話0799-23-2200
公式HPhttps://www.newawaji.com/day/
営業時間ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~20:00
休業日不定休
座席数24席(テーブル席)、貸切50席可能
駐車場約200台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約20分

コッコラーレ スペシャリテ

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、コッコラーレ スペシャリテです。場所は淡路島北東部で国道28号線沿いの淡路夢舞台でウェスティンホテル淡路にあります。アクセスは淡路インターチェンジから車で約5分です。駐車場は約600台です。レストランの利用で駐車料金が無料となります

営業時間は、ランチが11時30分から14時30分まで、ディナーが17時30分から21時30分までです。定休日は無休です。席数は、テーブル席が32席です。ホテル2階にあります。

店内は、ラグジュアリーで高級感あふれる雰囲気です。モロッコのタイル、クールなテーブルとチェアーで落ち着きがあります。お洒落な空間でリゾート気分を味わえます。ディナーにドレスコードがあります。

シェフの独創的な発想でアレンジされた本格的な地中海フレンチです。淡路島の食材を使用して地産地消にこだわります。コストパフォーマンスが良い評判です。上質な空間と最良のおもてなしを堪能できます。

フレンチ(フランス料理)は、スペシャリテランチコースがおすすめです。前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザートが付きます。素材の味わいや和のテイストが盛り込まれています。

この他、カジュアルランチコース(前菜、メインディッシュ、デザート)、ひょうご五国物語 地産地消ランチコース(前菜(2皿)、スープ、メインディッシュ(2皿)、デザート)などがあります。

淡路島産の淡路牛、鮮魚、貝類、野菜などがマリネ、揚げ物、カルパッテョ、ポワレ、ポアソン、グラニテとなって登場します。ドリンクはコーヒー・紅茶・ハーブティから選べます。焼き立てパンが付きます。

  • スペシャリテランチコース:5000円
  • カジュアルランチコース:3000円
  • ひょうご五国物語 地産地消ランチコース:6500円

ディナーは、ひょうご五国物語 地産地消ディナーコースがあります。淡路島のトラフグ、ハモ、サクラマスなど旬の食材とオマール、フォアグラ、トリュフなどがコラボレーションします。

ワインは、料理とのマリアージュをコンセプトに世界中から厳選した約200種類のワインを並べたセラーがあります。スタッフおすすめの逸品が素材の味を際立たせます。最高に贅沢な時間が過ごせます。

なお、コッコラーレ スペシャリテの周辺の観光スポットとして、淡路島国営明石海峡公園、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館、絵島、道の駅あわじなどがあります。

コッコラーレ スペシャリテの基本情報

住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2 ウェスティンホテル淡路2階
電話0799-74-1111
公式HPhttps://www.westin-awaji.com/restaurant/coccolare/specialite.php
営業時間ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~21:30
休業日無休
座席数32席(テーブル席)
駐車場約600台(ウェスティンホテル淡路地下駐車場)
駐車料金1日500円(レストラン2000円以上利用で無料券)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

ふらんす食堂プティポワ

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、ふらんす食堂プティポワです。場所は淡路島南中央部で国道28号線から少し入ったテナントビルにあります。アクセスは西淡三原インターチェンジから車で約10分です。駐車場は共有で約20台です。

営業時間は、ランチが11時30分から15時まで、ディナーが17時30分から21時までです。定休日は火曜日です。2000年10月にオープンしたバイク好きのオーナー安田シェフが営むお店です。

淡路島の人と自然に魅せられて26才のときに大阪から来られたそうです。お子様からお年寄りまで安心と安全で気軽に、地産地消のカジュアルフレンチが食べられる雰囲気を心がけています。

外観は、ガラス張りで緑の看板、緑のサンルーフと緑がイメージカラーです。ちなみにバイクも緑です。店内は、柔らかいベージュで落ち着いた空間です。テーブルクロスとイスのシートが緑です。

昭和の面影が残る懐かしい雰囲気です。ツーリング、女子旅、ペット連れ、家族連れにおすすめです。

座席は、カウンター席とテーブル席、屋外にインナーテラスがあります。全部で26席です。1組のみの利用となりますが、愛犬のワンちゃんとインナーテラスでフレンチが食べられる数少ないお店です。

フレンチ(フランス料理)はBランチがおすすめです。ポタージュまたはパスタ、プティサラダ、魚料理または肉料理、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶が付きます。プラスでデザートやスープが付きます。

野菜は地元で契約農家の仲野さんが育てた野菜、魚介類は鳴門海峡の急流で身が締まった鮮魚、肉は淡路牛と淡路島ポークで淡路島産を使用しています。ソースはバターを極力抑えられて身体に優しいです。

ポタージュが名物です。旬の野菜をたっぷり使用して本来の香りと旨みが感じられます。淡路島玉ねぎが旬の春先は本格オニオンスープが味わえます。野菜は素材の食感と風味により魚や肉との相性も抜群です。

この他、本日のスパゲティとプティサラダとコーヒーまたは紅茶が付いたAランチ、本日のスパゲティと魚料理と肉料理とパンまたはデザートとコーヒーまたは紅茶が付いたCランチがあります。

  • Bランチ:1730円(税込)
  • Aランチ:1100円(税込)
  • Cランチ:3100円(税込)

ディナーは、お魚ディナーコース、淡路牛フィレコース、スペシャルディナーコース、お子様コースがあります。多数のアラカルトの他、子供用にハーフサイズのスパゲティやハンバーグがあります。

なお、ふらんす食堂プティポワの周辺の観光スポットとして、淡路ファームパーク イングランドの丘、淡路島牧場、おのころ島神社などがあります。

ふらんす食堂プティポワの基本情報

住所〒656-0446 兵庫県南あわじ市八木寺内1150-2 サンみはら102号
電話0799-42-3181
公式HPhttp://www.m-awaji.jp/~petitpois/
営業時間ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~21:00
休業日火曜日
座席数26席(カウンター席、テーブル席、屋外テラス)
駐車場約20台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原から車で約10分、洲本ICから車で約15分

ラ・グーテ

淡路島のフレンチ(フランス料理)でおすすめは、ラ・グーテです。場所は、淡路島南中央部で国道28号線沿いのアワジ花ホテルにあります。アクセスは西淡三原インターチェンジから車で約10分です。駐車場は約35台です。

営業時間は、ランチが11時30分から14時まで、ディナーが17時30分から20時30分までです。定休日は水曜日です。建物は5階建てホテルの1階左部分です。

席数は、カウンター5席、テーブル16席です。全部で21席です。外観は、赤色のサンルーフ調で白地に「Restaurant Les Goute」と掲げています。店内は、ゆったり落ち着けるモダンな雰囲気です。

オーナーシェフの上野さんは、関西で10年、淡路島で20年のキャリアです。淡路島で老舗リゾートホテルのホテルアナガの総料理長を経て2005年11月にオープンしました。

店名はフランス語で食事を楽しむ、空間を楽しむ、おやつを意味します。淡路島で旬の魚料理が自慢です。上野シェフは、コースメニューの説明をしたり、苦手な食材を聞いたり、サービス旺盛で親切丁寧です。

フレンチ(フランス料理)は、Bランチがおすすめです。前菜、魚料理、肉料理、自家製デザート盛り合わせ、コーヒーまたは紅茶、パン食べ放題が付きます。

魚介と野菜のマリネ、白身魚のポアレ、フィレ肉のマスタードソースもしくは小鴨のローストなどが定番です。チーズケーキやチョコムースに、イチゴやメロンのシャーベットなどの組み合わで登場します。

淡路島の食材にこだわっています。手間隙かけたシェフ特製のソースは絶品と称されています。料理の盛り付け、飾り付けは熟練の技が冴えます。スムーズに流れるコースで本格フレンチを堪能できます。

この他、Aランチは前菜、季節のスープ、肉料理、自家製デザート盛り合わせ、コーヒーまたは紅茶、パン食べ放題が付きます。火曜日数量限定のレディースランチは、メインがラグーテ特製オードブルです。

  • Bランチ:4300円
  • Aランチ:3200円

ディナーでは、Bランチに特製オードブルが付いたディナーAコース、魚料理が丸山漁港産、肉料理が国産牛フィレ肉となるディナーBコースがあります。

魚料理には、鯛、サーモン、ハマチ、スズキ、ホタテ、エビなどが多めです。肉料理には、小鴨、フィレ肉、ミスジなどが多めです。スープには、カリフラワー、ジャガイモ、カボチャ、さつま芋などが多めです。

なお、ラ・グーテの周辺の観光スポットとして、淡路ファームパーク イングランドの丘、淡路島牧場、おのころ島神社などがあります。

さらに、うずしおクルーズ、うずの丘 大鳴門橋記念館、道の駅うずしお、慶野松原などもあり、南あわじ市を観光するのには便利な立地となります。

ラ・グーテの基本情報

住所〒656-0462 兵庫県南あわじ市市青木114-5 アワジ花ホテル1階
電話0799-42-3789
公式HPhttp://www.m-awaji.jp/~lagoute/
営業時間ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~20:30
休業日水曜日
座席数21席(カウンター5席、テーブル16席)
駐車場約35台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原から車で約10分、洲本ICから車で約15分
淡路島グルメ
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました