銀麺 淡路島チャーシュー麺おすすめ店

和食

銀麺は、淡路島のチャーシュー麺でおすすめのお店です。場所は、兵庫県洲本市安乎町の国道28号線沿いにあります。2019年6月に洲本市本町から移転しました。1日数量限定で人気店となっています。

チャーシュー麺は、器からはみ出すほどいっぱいにチャーシューが敷き詰められたメニューです。とろけるように柔らかいです。ホロリと崩れる優しい食感です。脂の甘みがしっかりと味わえます。

スープは、豚骨鶏がらの白濁スープです。淡路島産の昆布、カツオ、煮干、野菜などの食材が使用されています。コクがあって濃厚です。麺は細麺でスープとよく絡んで美味しいです。

なお、淡路島ラーメンのおすすめ店のまとめと淡路島のランチでおすすめ店のまとめは以下となります。

銀麺の詳細・基本情報

店名銀麺
住所〒656-2121 兵庫県洲本市安乎町平安浦1979-1
電話0799-28-1507
公式サイトhttps://ja-jp.facebook.com/ginmen.takuhai/
営業時間平日(11:00~14:30、18:00~21:00)、土日祝(11:00~15:00、18:00~21:00)
休業日月曜日
座席数30席前後(カウンター10席前後、テーブル20席前後)
禁煙・喫煙完全禁煙
駐車場約20台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

銀麺の様子・雰囲気

銀麺は、淡路島のチャーシュー麺でおすすめのお店です。場所は、兵庫県洲本市北東部の国道28号線沿いにあります。マリンアクティビティやバーベキューで人気のシーアイガ海月の向かい側です。

2019年5月に洲本市本町の店舗を閉店して、6月に洲本市安乎町に移転してオープンとなりました。元々、ラーメン店「六三六」が営業していた跡地となっています。

アクセスは、津名一宮インターチェンジから車で約15分です。カーナビでもわかりやすいです。駐車場は、店舗の前と横に約10台、店舗の右脇道の奥に約10台で合計20台程度のスペースとなります。

建物は、1階立てでシックな黒塗りで赤ラインがワンポイントとして入っています。

建物の看板は「ねぎ男はぶり子の愛を取り戻せるか?」と「ぶり子よ 二度とお前を泣かせはしない!」の昭和レトロな映画ポスターとなっています。入口には「上映中」の文字もあります。

淡路島で人気のラーメン屋となります。1日数量限定でラーメンを提供しています。平日から週末まで並ぶ場合が多いです。地元住民をはじめ、淡路島の観光客まで多様なお客さんが利用しています。

入口を入ると食券器があります。両替の場合は店員さんに申し付けます。麺の硬さ、背脂、ネギの量はお好みとなります。食券を渡すときに注文します。

ランチタイムは11時から15時までとなります。ラーメンを注文するとご飯一杯が無料でサービスされます。

座席は、カウンター席が10席前後、テーブル席が20席前後あります。カウンター席は、間仕切りがされており、プライベート空間が確保されています。1人様でも気兼ねせずに入れます。

天然豚骨ラーメン専門店で人気の一蘭のスタイルです。細麺を使用することも共通しています。店内は全面禁煙となっています。屋外の自販機の横に灰皿が置かれた喫煙スペースがあります。

調味料などは、1つの2人掛けテーブルにまとめて置かれています。自慢の特製ニラ壺、おろしニンニク、豆板醤、辛味ニラなどがあります。セルフサービスとなります。

なお、豚骨スープが無くなり次第、注文が終了となります。facebookページでは1日の限定数量を告知しています。1日200食程度が標準的な数量となっています。

淡路島チャーシュー麺

銀麺のラーメンは、白濁スープと細麺に、チャーシューとメンマとたっぷりネギが添えられたラーメンとなります。

スープは、国産の豚骨鶏がらベースの白濁スープとなります。淡路島産の昆布、鰹(カツオ)、煮干し(ニボシ)、野菜などの食材を使用しています。地産地消のこだわりスープといえます。

豚骨と魚介の風味が絶妙で非常に美味しいです。です。豚骨のゼラチン質が乳化剤の役割を果たします。スープと分離した油が乳化して溶け込んでいます。味にまろやかさが加わりマイルドです。

鶏がらでコラーゲンとたんぱく質が含まれていることから濃厚でしっかりしたコクと旨みがあります。野菜を使用すえうころからスープに少々とろみがあります。後味があっさりで体に優しいスープです。

麺は細めでストレートです。博多の一蘭と同じです。背脂が器の上面に広がっており、細麺と豚骨スープが良く絡み合います。チャーシューとメンマとネギも程よいボリュームです。

スープや麺と絡めると絶妙なバランスとなります。なお、京都に本店を構える天下一品のラーメンほどではありませんが、こってりもあっさりもコクがあって濃厚です。食べ応え抜群のラーメンです。

銀麺のメニューは、ラーメンの他に、チャーシュー麺がこってりとあっさりを選べます。この他、塩とんこつ、和風みそ、黒王ラーメン、濃厚つけ麺、魚介つけ麺などがあります。

チャーシュー麺は、器をはみ出すほどチャーシューが敷き詰められています。チャーシューはとろけるように柔らかいです。ホロリと崩れる優しい食感です。脂の甘みがしっかりと味わえます。

見た目に圧倒されるチャーシューの存在感です。銀麺の看板メニューといえるでしょう。

メニュー

メニューは、定食、丼類、うどん、ラーメン、ドリンクがあります。

  • ラーメン(こってり)
  • ラーメン(あっさり)
  • 塩とんこつ
  • 和風みそ
  • 黒王ラーメン
  • チャーシュー麺(こってり)
  • チャーシュー麺(あっさり)
  • 塩とんこつチャーシュー
  • 濃厚つけ麺
  • 魚介つけ麺
  • 冷やし中華
  • 炒飯
  • 半炒飯
  • 大盛(ラーメン)
  • 替玉(ラーメン)
  • 味付たまご
  • 生たまご
  • ライス
  • 餃子
  • 生ビール中
  • 瓶ビール
  • コーラ
  • ジュース
  • お持ち帰り(こってり)
  • お持ち帰り(あっさり)

銀麺へのアクセス方法・行き方

銀麺へのアクセス方法・行き方は、自動車のみとなります。神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮インターチェンジが最寄りです。

津名一宮インターチェンジから、銀麺まで車で約15分で到着します。津名一宮インターチェンジの出口を左折します。県道66号線を進みます。志筑交差点を右折します。国道28号線を進みます。

海岸線をしばらく走ると右手に「和食さと 洲本あいが店」があります。並びに「シーアイガ海月」があります。向かい側に「銀麺」があります。1階建ての黒い建物です。

駐車場は、建物の右横と建物の左奥にあります。20台程度が駐車できます。

淡路島ラーメン屋おすすめ8店

淡路島は、自然に育まれた食の宝庫です。古来より御食国(みけつくに)と呼ばれて朝廷に新鮮な食材を献上してきた歴史があります。仁徳天皇には毎日飲む水まで新鮮であると認められました。

淡路島には、ご当地ラーメンが食べられるラーメン屋があります。スープには、特産品の玉ねぎなどの野菜、鯛などの魚介類がふんだんに使われています。麺にもこだわりがあります。

淡路島のラーメン屋でおすすめ店を厳選してご紹介します。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました