牛丼「プラザ淡路島」

ジャンル

プラザ淡路島の牛丼のメニューは、「淡路牛ステーキ丼+入浴券」の日帰りカジュアルプランがおすすめです。

「淡路牛ステーキ丼+入浴券」では、ホテルのレストラン「ダイニング 花桐」で牛丼が食べられます。天空スパ「夕映えの湯」で南あわじ温泉に入浴できます。

淡路牛ステーキ丼は、淡路牛・淡路米・淡路島たまねぎを4層に盛り付けた洋風の牛丼です。牛肉は、シェフが厳選した淡路牛のフィレ肉とバラ肉の2種類を使用しています。

ソースは、和風とバルサミコの2種類の自家製ソースを使用しています。肉本来の旨みを引き出しています。2種類のソースと2種類の肉の絶妙なハーモニーを奏でます。贅沢な逸品です。

スジ肉と季節の旬菜が入ったスープと一緒に食べられます。古くから朝廷の食材の宝庫「御食国」のお墨付きを得た淡路島の食材が揃います。恵まれた環境で育てられた食材の旨みを堪能できます。

食事は、レストラン「ダイニング 花桐」(11時30分から14時の最終スタート)の利用となります。鳴門海峡と大鳴門橋を眺めながら牛丼のランチで贅沢な時間が過ごせます。

温泉は、天空のスパ「夕映えの湯」(12時から16時)が利用できます。展望露天風呂では療養泉の南あわじ温泉、内湯では美人湯として名高い塩崎温泉を楽しめます。

牛丼の日帰りプラン

  • 淡路牛ステーキ丼(スープ・漬物付き)+入浴券:3,300円~(税別)

淡路島牛丼のおすすめ店は「淡路島牛丼おすすめ4選 島のソウルフード」の記事をご参照ください。

なお、プラザ淡路島は 鳴門海峡と大鳴門橋が眺められる岬の高台の丘にあるヒーリングホテルです。ホテルニューアワジグループの宿泊施設で、部屋や露天風呂から大パノラマの絶景と美しい夕陽が眺められます。

ミシュランガイド兵庫2016特別版で最上級の「4パビリオン」を獲得しています。2017年に全室スイートの特別室「別邸 蒼空」がオープン、2018年に自家源泉「南あわじ温泉」が開湯しました。

部屋数は、洋室38室、和室8室、和洋室2室、他30室の全部で78室です。温泉は、天空スパ「夕映えの湯」で療養泉の南あわじ温泉と美人湯として名高い塩崎温泉の2つの源泉が楽しめます。

展望露天風呂は深めの浴槽で肩まで浸かれます。南あわじ温泉で保温・保湿効果があります。鳴門海峡の絶景を堪能できます。内風呂は大鳴門橋が眺められます。塩崎温泉で美肌・美白効果があります。

ダイニング 花桐は、鳴門海峡が眺められる天空のレストランです。福良漁港に水揚げされる新鮮の魚介類、阿万吹上の畑で収穫される旬の野菜など地元食材、地産地消にこだわり料理を提供しています。

旬房 海楽は、オープンキッチンスタイルのレストランです。和と洋の料理人が目の前で調理するそのライブパフォーマンスが楽しめます。お好みで選べるプリフィクススタイルで提供しています。

また、プラザ淡路島の基本情報は以下のとおりです。

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました