鱧(はも)料理「やぶ萬旅館」

ジャンル

やぶ萬旅館の鱧料理は「鱧フル会席」の日帰りプランがおすすめです。

  • 鱧フル会席日帰りプラン:11,000円

鱧フル会席の日帰りプランは、専用の食事部屋で鱧(ハモ)の会席料理が食べられます。大浴場で美肌効果のある塩崎温泉が利用できます。

メニューは、鱧肝、鱧落し、鱧茶碗、鱧照焼、鱧一人鍋、鱧素麺、鱧天婦羅、鱧赤出汁、果物(フルーツ)が付いた全9品のコース料理となります。5月下旬から9月下旬まで期間限定です。

淡路島の夏の味覚といえば「鱧(ハモ)」です。特に島南部の沼島沖から紀淡海峡で獲れた鱧(ハモ)は特に「べっぴん鱧」と呼ばれて絶品とされています。沼島産の鱧(ハモ)を使用しています。

皮が薄く身は、ふっくらして厚く旨みがぎゅっと詰まっていると名高いです。鱧肝は、自慢の自家製ポン酢で食べます。ミリ間隔で骨切りされた鱧落し(鱧湯引き)は、梅肉であっさりと味わいます。

鱧すき鍋は、紀淡海峡で獲れた鱧と淡路島特産の玉葱を鱧の骨からアラ出汁で煮込んでいます。濃厚な出汁です。卵に付けて食べます。鱧と玉葱の甘みが重なり合った絶妙な味わいです。

鱧焼洗いは、プリっとして深い旨みがたまりません。鱧素麺は夏の名物料理です。鱧素麺は、地元で名物の郷土料理です。鱧の天婦羅もあります。鱧の魅力が満載です。夏の醍醐味を堪能できます。

食事部屋は、個別に専用の食事部屋です。和室用のイス・テーブル席となります。宿泊の場合はもちろん、日帰りにも利用できます。食事部屋で寛ぎながら、ゆっくりと旬の味覚料理が楽しめます。

温泉は、美肌効果があるといわれる天然「潮崎の湯」です。源泉は塩崎温泉です。泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉で低張性アルカリ性温泉です。とろみのあるお湯で湯上り後ツルツルのたまご肌です。

他に、鱧づくしDX会席の日帰りプランがあります。

  • 鱧づくしDX会席日帰りプラン:13,200円

鱧づくしDX会席は、鱧肝、鱧寿司、鱧焼洗い、牡丹鱧清水汁、鱧源平焼き、鱧めん、鱧一人鍋、鱧天婦羅、鱧落とし(鱧ちり)、鱧赤出汁、果物が付いた全11品のコース料理となります。

鱧焼洗いはプリっとして深い旨みがたまりません。鱧素麺は夏の名物料理です。牡丹鱧はトロッとした食感とまろやかな出汁が絶品です。色々な調理で「べっぴん鱧」を余すところなく堪能できます。

淡路島で鱧料理のおすすめ店は「淡路島 鱧(はも)料理おすすめ13選」の記事をご参照ください。

やぶ萬は淡路島で最古の旅館となります。創業は文久3年です。150年以上受け継がれる伝統と信頼があります。島南西端の福良港で渦潮の遊覧船「うずしおクルーズ」の近くにあります。

部屋数は18室です。客室は2名から5名までのバス・トイレ付きの和室です。淡路島で唯一のお食事専用の和室があります。お食事部屋は和室のテーブル席で朝食に夕食に寛いで食事を楽しめます。

料理は、旬の食材を使用した会席料理です。鳴門海峡の鯛を使用した名物「鯛めん」の発祥の地です。鯛の宝楽焼、紀淡海峡の鱧を使用した「鱧すき」、福良湾の3年とらふぐのてっちりもおすすめです。

温泉「潮崎の湯」は美人の湯で知られる潮崎温泉が源泉です。ミネラル分と硫黄分で保温効果と保湿効果と美白効果があります。特殊成分から療養泉とされます。2016年4月にリニューアルしました。

昔ながらの名残りで箸袋裏に「鳴門小唄」の歌詞が記載されています。漁師町の福良では地元の宴席で唄って踊って盛り上がった歌です。元芸者さんが日本舞踊の振付けで今でも語り継いでいます。

やぶ萬の基本情報は以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました