播磨室内合奏団「弦楽コンサート」奇跡の星の植物館

スポンサーリンク
スポンサーリンク

播磨室内合奏団による弦楽コンサートが開催されます。淡路島の植物園「奇跡の星の植物館」にある屋外のローズガーデンと館内のバラ園を舞台に「ハプスブルクの環の光 花の輪舞、音の輪舞」と題した演奏会です。

播磨室内合奏団は、播磨ゆかりの演奏家と、その活動に賛同した仲間で結成されたグループです。実力派弦楽器演奏家が幅広い年齢層にむけた質の良い音楽を披露します。贅沢な宮廷音楽の演奏会となります。

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」の開催日時は、5月18日(土)の11時から、14時から、18時からの3回公演となります。開催場所は、奇跡の星の植物館」の屋外ローズガーデンと館内バラ園です。

なお、奇跡の星の植物館では4月20日(土)から6月9日(日)まで「淡路夢舞台薔薇祭2018」が開催されています。日本とオーストリアの友好150周年を記念した「ハプスブルグ家のバラ」がテーマです。

関連記事>>>>淡路島バラ祭り2019 奇跡の星の植物館で薔薇園

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」の基本情報

  • 開催日:5月18日(土)
  • 開催時間:11:00~、14:00~、18:00~
  • 開催場所:奇跡の星の植物館 屋外ローズガーデン・館内バラ園
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 入館料:大人600円、70歳以上300円、高校生以下無料
  • 入館料+屋外ローズガーデンセット:大人1000円、70歳以上700円、高校生以下無料
  • 屋外ローズガーデン入場料:一般600円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路地下駐車場(普通車600台)
  • 駐車料金:普通車500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」の内容

5月18日(土)に、淡路島のリゾート施設「淡路夢舞台」にある温室「奇跡の星の植物館」で、播磨室内合奏団の弦楽コンサートが開催されます。「ハプスブルクの環の光 花の輪舞、音の輪舞」と題した演奏会です。

屋外ローズガーデン「マリー・アントワネットの庭」と館内バラ園「マリアテレジアの庭」を舞台として、シュトラウスからモーツアルトまでの楽曲による豪華で贅沢な宮廷音楽の演奏会となります。

播磨室内合奏団は、播磨ゆかりの演奏家と、その活動の趣旨に賛同した仲間たちにより結成されたグループとなります。実力派の弦楽器演奏家により、幅広い年齢層にむけた質の良い音楽が披露されます。

スケジュール

  • 11:00~ 屋外ローズガーデン「マリー・アントワネットの庭」
  • 14:00~ 館内バラ園「マリアテレジアの庭」
  • 18:00~ 館内バラ園「マリアテレジアの庭」

播磨室内合奏団のプロフィール

播磨室内合奏団は、2015年春に、播磨にゆかりのある演奏家と、その活動の趣旨に賛同した仲間たちにより結成されました。弦楽器だけの合奏団となります。幅広い年齢層に向けた質の良い音楽の振興が目的です。

メンバーは確固たる個性と実力を持ち、小規模ながら迫力に満ちた演奏を奏でます。固定メンバー6名のゼクステットのほか、ソロ・デュオ・トリオ・クワルテットから弦楽合奏まで様々な編成で演奏を展開します。

嶽崎あき子

愛知県立芸術大学卒業。ドイツ国立ワイマール・フランツ・リスト音楽大学大学院を首席で卒業。「国家演奏家資格」を取得。現在はソリストとして国内外オーケストラと共演、音楽祭の客演の他、コンクール審査員等後進の指導にも力を注いでいる。2017年日本クラシック音楽協会より優秀指導者賞を受賞。

立花礼子

兵庫県立西宮高等学校音楽科、フランス国立リヨン高等音楽院卒業。在学中から室内楽を中心としたフランス国内外のコンサートに出演。帰国後は関西を中心としたオーケストラへの客演をはじめ、ピアノとのデュオや様々な楽器との室内楽コンサート、現代曲の初演に積極的に取り組んでいる。

李善銘

東京藝術大学音楽学部を卒業と同時に同大学管弦楽研究部講師となり25年間務める。1966年に名古屋フィルハーモニー管弦楽団へ入団。長年ヴィオラ副首席奏者を務め、2007年定年退職。現在、フリー奏者として活動、また、日本各地でバロックを中心とした指揮活動も行なっている。

奥村英樹

東京音楽大学卒業。ミラノ市より奨学金を得てミラノ・スカラ座アカデミー首席科に合格。ミラノ・ヴェルディー交響楽団に入団。国内外の演奏ツアーに出演。多数のCD収録に参加。帰国後は室内楽、作曲、ソロ活動に力を注いでいる。

上塚憲一

京都市立芸術大学音楽学部卒業。チェロを黒沼俊夫、バロックチェロをA.ビルスマ、室内楽をG.ボッセ、S.スタンデイジの各氏に師事。1991年、98年大阪文化祭奨励賞、91年神戸灘ライオンズクラブ賞、92年坂井時忠音楽賞を受賞。四半世紀に渡る日本テレマン協会での演奏活動の後、現在は大阪音楽大学教授、県立西宮高等学校音楽科非常勤講師、明石フィルハーモニー管弦楽団運営副本部長を務める。

高橋乗子

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。在学中、日本室内楽アカデミーオーディションにて優秀賞受賞。2007年まで母校県立西宮高等学校音楽科の非常勤講師として務める。現在、フリー奏者として活動し、特に青少年へのクラシック音楽振興、文化振興を目的に積極的に取り組んでいる。

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」の植物園

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」が開催される奇跡の星の植物館は、淡路島北東部の複合型リゾート文化施設「淡路夢舞台」の植物園です。約6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室です。

年に7回のフラワーショーが開催されています。自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さを様々な展示を通じて五感で体感できます。21世紀型の花・緑と共生する生活空間や都市空間を提案しています。

奇跡の星「地球」の大切さを体験できるミュージアムです。長さ100メートル、幅24メートル、高さ17メートルの空間に、多肉・熱帯・温帯・高山など約3千種3万株の植物が展示されています。

関連記事>>>>奇跡の星の植物館 淡路島に日本最大級の温室

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」のアクセス

播磨室内合奏団「弦楽コンサート」が開催される奇跡の星の植物館へのアクセスは、目的地を淡路夢舞台にすると便利です。淡路夢舞台へのアクセスは、自動車と高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅に最寄りの淡路島行き高速バスが運行しています。乗車する高速バスの路線は、本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)です。降車するバス停は淡路夢舞台前です。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスで淡路夢舞台前に約7分で到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
奇跡の星の植物館
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!