妹背山婦女庭訓 淡路人形座 道行恋苧環と入鹿御殿の段

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段が上演されます。妹背山婦女庭訓は大化の改新を題材にした演目になります。淡路島で淡路人形浄瑠璃の劇場である淡路人形座の2月公演では、三大道行の一つに数えられる「道行恋苧環」と豪華絢爛な「衣裳山」が淡路島の独自の伝承をもとにして復活します。淡路人形座の前身となる吉田傳次郎座の得意演目の一つでした。早替りと衣裳山などの演出も見どころです。

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段の開催日時は、2月17日(日)の13時30分開場、14時開演となります。開催場所は、淡路島南あわじ市にある淡路人形座となります。

上演内容は、口上、講演、衣裳山、上演となります。入場料は、大人2500円(前売券2000円)、中高生2000円(前売券1700円)、小学生1500円(前売券1500円)となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妹背山婦女庭訓の基本情報

  • 開催日時:7月22日(日)9:30開場、10:00開演
  • 開催場所:淡路人形座
  • 開催住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話番号:0799-52-0260
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:無料(道の駅福良駐車場 普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原IC、淡路島南ICから車で約15分

妹背山婦女庭訓の内容

2月17日(日)の13時30分開場、14時開演から、淡路島で淡路人形浄瑠璃の劇場である淡路人形座の2月公演で、淡路の演出・演目公演として、妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段が上演されます。

妹背山婦女庭訓は大化の改新を題材にした演目になります。三大道行の一つに数えられる「道行恋苧環」と豪華絢爛な「衣裳山」が淡路島の独自の伝承をもとにして復活します。

道行恋苧環は、淡路人形座の前身となる吉田傳次郎座の得意演目の一つでした。早替りと衣裳山などの演出も見どころです。文楽とは異なり、淡路島で独自に踊り唄を加えられたオリジナルの演目です。

入鹿御殿の段は、2014年度に復活させた演目です。2009年度から取り組んできた復活公演は2019年度で丸10年の節目を迎えました。

この他、大阪市立大の久堀裕朗教授の「妹背山婦女庭訓と衣裳山」の公演があります。

衣裳山では、淡路人形の豪華絢爛な衣装を竿に刺して、舞台いっぱいに広げて30着以上をお披露目します。かつて淡路人形浄瑠璃で評判を呼んだ淡路島の独自の見世物です。名物イベントとなっていました。

色合いごとに仕分けられた衣装を何本もの竹ざおに掛けて三味線に合わせて上下させます。

淡路人形座では、吉田傳二郎座から道具類を引き継ぐ団体となります。衣裳山の復活に向けては、文部科学省の文化庁の補助を受けて約280万円をかけて17着を修理しました。

淡路人形座の衣装は、派手で豪華で気品あふれる衣装が多いことで有名でした。打ち掛けは全て手刺繍となっており、1千万を超える衣装もたくさんあるそうです。

平家物語の一場面をはじめ、龍の刺繍や竜宮の刺繍など細かな刺しゅうが施された衣装が並びます。衣装の一部は昨年のパリ公演でも展示されて高評価だった衣装となります。

衣裳山は、1960年代以降は無くなっていました。今回が約60年ぶりの復活となります。古くから引き継がれる豪華絢爛な衣装の写真撮影が可能となっています。

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段の開催日時は、2月17日(日)の13時30分開場、14時開演となります。開催場所は、淡路島南あわじ市にある淡路人形座となります。

上演内容は、口上、講演、衣裳山、上演となります。入場料は、大人2500円(前売券2000円)、中高生2000円(前売券1700円)、小学生1500円(前売券1500円)となります。

淡路人形座の口上

江戸時代に行われていた淡路人形座の口上については、資料として徳島県立文書博物館に寄託された文書や南あわじ市人形浄瑠璃資料館に所蔵された写本などが残されています。

淡路人形座の座本の口上には、一定の型があったとされています。公演の最初に式三番叟、東西声とともに、座本が裃姿で舞台に登場します。「お座中様方へお断りを申し上げます」と告げます。

ご当地の興行に招待されたお礼を述べます。ご祝儀の式三番叟を舞い納めます。公演の演目の作品について紹介をします。静かな見物をお願いします。今後のごひいきをお願いして締めます。

口上は、淡路人形座の巡業の初日に、挨拶として座本が述べていました。番付表では伝えられない情報を、観客に告知する必要があったと考えられています。

導入のあらすじ

大化の改新を題材にした演目になります。天智天皇の時代、蘇我入鹿が謀反を起こして帝位を奪います。藤原鎌足と息子の淡海は、蘇我入鹿の討伐の機を窺っていました。

三笠山にある入鹿御殿に、鱶七と名乗る漁師が使者として、鎌足が降伏する旨を伝えます。入鹿は、信用せっず、しばらく鱶七を留めて様子を見ることにしました。

一方、入鹿の妹である橘姫は、其原求馬と名乗る男に恋をしていました。素性を隠すために毎晩、求馬に会いに訪れていました。

ちょうど同じ頃、酒屋の娘であるお三輪は、隣に越してきた求馬に恋をしていました。七夕に、糸先に針をつけた紅白の苧環を供えて、変わらぬ愛を願っていました。

毎晩に橘姫が訪れていることを知り、どこの誰なのか正体を明かすために、対面します。求馬の取り合いが勃発しました。素性の明かせない橘姫は、夜道を逃げ去りました。

求馬は、橘姫の後を追いました。お三輪も紅白の苧環を携えて、求馬の後を追いました。

道行恋苧環のあらすじ

橘姫は、神社に辿りつきました。求馬が追いつきました。二人の間で、恋の駆け引きが始まります。追ったり追われたり、口説いたり口説かれたり、意地悪したり、仲良くしたりします。

互いに相手がどこの誰か分からなまま、敵同士とも知らず、恋に落ちてしまいます。

そこに求馬に恋い焦がれるお三輪が割って入ります。一人の男を挟んで、二人の娘が恋の火花を散らします。白姫姿の橘姫と町娘姿のお三輪の対照的な娘二人が、一人の男をめぐって争います。

お姫様らしい橘姫が口説きます。活発な町娘のお三輪の口説きます。三人揃ってミュージカルチックに踊ります。しかし、橘姫は遅くならないうちに帰らないといけません。

橘姫が帰ろうとしたので、求馬は橘姫の着物の裾に苧環の赤糸をつけて、糸を頼りに姫を追います。お三輪は、求馬の着物の裾に苧環の白糸をつけて後を追いかけました。

入鹿御殿の段のあらすじ

橘姫が入鹿御殿に帰ってきました。着替えていると橘姫の着物の裾に、糸が付いています。官女たちが糸を手繰り寄せると、糸巻を持った求馬が引っ張られてやってきました。

名前も知らずに惹かれていたお姫様が、蘇我入鹿の妹の橘姫と知って求馬は驚きました。しかし、橘姫は、藤原鎌足の息子である藤原淡海であると求馬の正体を知っていました。

橘姫と淡海は敵同士なのです。自分の正体を知られたからには生かしてはおけないと、求馬は橘姫を殺めようとします。橘姫は、叶わぬ恋なら殺してくださいと覚悟を決めます。

橘姫の偽りのない気持ちを知った淡海は、頼みを聞いてくれれば夫婦になろうと申し出ます。三種の神器である宝剣を入鹿から奪い返せすことが頼みでした。橘姫は頼みを承諾します。

一方、お三輪は求馬を追って入鹿御殿に迷い込みました。お三輪は、求馬をめぐって橘姫と三角関係にありました。官女たちは、橘姫の恋敵であるお三輪を散々いじめます。

お三輪は嫉妬に狂い、奥に駆け入ろうとすると、鱶七が現れます。鱶七は、お三輪の脇腹を刀で刺します。鱶七は、実は藤原の家臣の金輪五郎今国でした。

入鹿の討伐には「執着の相」がある女の生血が必要でした。「執着の相」があるお三輪を刺したのでした。お三輪は、求馬の役に立つことを喜びながら、息絶えるのでした。

妹背山婦女庭訓のアクセス

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段が上演される淡路人形座へのアクセスは、自動車もしくは高速バスとなります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りとなる高速道路のインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。約15分で淡路人形座に到着します。

淡路人形座は、道の駅福良にある駐車場の他にもたくさんの駐車場があります。全て無料です。道の駅福良の係員が案内してくれます。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。約15分で淡路人形座に到着します。

淡路人形座は、道の駅福良にある駐車場の他にもたくさんの駐車場があります。全て無料です。道の駅福良の係員が案内してくれます。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから淡路人形座までは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

妹背山婦女庭訓の劇場

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段が上演される淡路人形座は、淡路島南あわじ市の道の駅福良にあります。500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を上演する専用劇場です。

1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めました。国内公演や海外公演をはじめ、人形浄瑠璃の後継者の指導、全国の人形芝居保存会への協力など、人形浄瑠璃の普及や発展のための活動も行なっています。

淡路人形座 淡路島で人形浄瑠璃の劇場
淡路人形座は、兵庫県の淡路島南あわじ市の道の駅福良にあります。500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を公演する専用の劇場です。淡路人形座は、1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めました。現在、常設館として1...

淡路人形浄瑠璃は、500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能です。3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居のことです。江戸時代の文化の華ともてはやされ、悲しいまでに人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描く様は、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させたと言っても過言ではありません。

淡路人形を自由自在に操るには何年もの修行が必要とされ、足七年、左手七年、頭と右手は一生といわれるほどです。古典芸能を継承するために何世代もの人々の創意工夫が重ねられ、受け継がれた舞台芸術の粋といえるでしょう。

2月公演の内容

上演時間

  • 定時公演:10:00~、11:10~、13:30~、15:00~

入場料金

  • お七コース(「戎舞」「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段」)所要時間45分
    大人1500円、中高生1300円、小学生1000円、幼児300円
  • 戎舞(「人形解説」「戎舞」)所要時間30分
    大人1000円、中高生800円、小学生600円、幼児200円
  • バック(「人形解説」「バックステージ」)所要時間30分、先着30名
    大人500円、中高生400円、小学生300円、幼児100円

上演日程

  • 1日(金)お七
  • 2日(土)お七
  • 3日(日)旅成金
  • 4日(月)お七
  • 5日(火)10:00お七、11:10お七、13:30戎舞、15:00戎舞
  • 6日(水)休館
  • 7日(木)お七
  • 8日(金)お七
  • 9日(土)戎舞
  • 10日(日)戎舞
  • 11日(月)お七
  • 12日(火)お七
  • 13日(水)休館
  • 14日(木)お七
  • 15日(金)お七
  • 16日(土)お七
  • 17日(日)妹背山婦女庭訓
  • 18日(月)お七
  • 19日(火)お七
  • 20日(水)休館
  • 21日(木)お七
  • 22日(金)バック
  • 23日(土)バック
  • 24日(日)戎舞
  • 25日(月)お七
  • 26日(火)お七
  • 27日(水)休館
  • 28日(木)お七

演目 戎舞(えびすまい)

戎舞は、太鼓のリズムに合わせて、戎さまが楽しく舞う神事で、大らかな心を持ち、えびす顔でプラス思考に生きるという幸せの原点が込められています。

物語は、淡路人形座に戎さまが釣竿を担いでやってくるところから始まります。庄屋さんは、戎さまにお神酒を出します。戎さまは、盃を飲み干して、生まれや福の神であることを話しながら舞い始めます。

海の幸、山の幸を前にして、皆の願いを叶えようと、お神酒を飲み、幸せを運んできます。酔った戎さまは、船に乗り、沖に出て、大きな鯛を釣り、メデタシ、メデタシと舞い納めるのでした。

演目 伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段

近江国高島家の若殿左門之助が天皇へ献上する天国の剣を紛失したため、お守役の安森源次兵衛は切腹しました。江戸吉祥院の寺小姓となって剣を探す安森の子、吉三郎は、火事で焼け出されたお七と恋仲となっていました。

お七は父が店の再建のためにお金を借りた万屋武平衛を婿に迎えなければなりませんでした。剣紛失に対する判決の期限の日、お七は剣を盗んだのが武兵衛と知ります。

しかし、火事の後は九つの鐘(午前0時)を合図に江戸の町々の木戸が締まり、通行が禁じられています。たとえ剣が手に入っても今夜中に届けることができなければ、吉三郎は切腹することになります。

思いつめたお七は、火の見櫓の半鐘を打てば出火と思って木戸は開かれるのではと考えました。火刑を覚悟で、雪の凍りついた梯子を滑り落ちながらも、櫓に上ったお七は撞木を夢中で振るのでした。

妹背山婦女庭訓周辺の観光スポット

妹背山婦女庭訓の道行恋苧環と入鹿御殿の段が上演される淡路人形座の周辺の観光スポットは以下の通りです。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲ませで淡路島牛乳を体験

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミルクソフトクリームを堪能できます。淡路島牧場は、淡路島で乳牛とふれあい、牛乳を用いた自然体験が楽しめます。

淡路島牧場 乳牛ふれあい体験と牛乳試飲とソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。 淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。...

道の駅うずしお 全国1位の淡路島玉ねぎバーガー

道の駅うずしおは、淡路島で鳴門海峡と大鳴門橋の絶景を眺められる観光スポットです。ご当地バーガーグランプリで全国1位となった「あわじ島オニオンンビーフバーガー」を販売していることでも有名です。淡路島南西の先端にあることから、自転車やバイクで淡路島一周をする通称「アワイチ」の休憩地点として人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 日本の夕陽百選

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
淡路人形座
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!