レストラン海峡楼(ミラ・ドール)淡路島ランチおすすめ和食レストラン

和食

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)は、淡路島のランチでおすすめのお店です。淡路島の北端にある道の駅あわじの2階にある和食レストランです。淡路インターチェンジから車で約3分と便利です。

ランチは、淡路島牛丼、淡路島生しらす丼、穴子丼、釜揚げしらす丼など淡路島の食材をふんだんに使用した地産地消の料理がおすすめです。海鮮や淡路牛をふんだんに使用した料理が自慢となっています。

店内のテーブル席とバルコニーのテラス席、お座敷があります。道の駅あわじは、明石海峡大橋の袂にあります。目の前に明石海峡が広がっています。世界一の吊り橋を眺めながら地元料理を堪能できます。

レストラン海峡楼 道の駅あわじ

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)の詳細・基本情報

  • 店名:レストラン海峡楼(ミラ・ドール)
  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1873-1 本館2F
  • 電話:0799-72-0201
  • 公式サイト:https://michinoekiawaji.shopinfo.jp/
  • 営業時間:11:00~18:00(L.O.)
  • 定休日:無休
  • 座席数:50席(テーブル席、テラス席、座敷席)
  • 駐車場:82台(普通車70台、大型車10台、身障者用2台)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路サービスエリアから車で約3分

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)の様子・雰囲気

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)は、淡路島でランチでおすすめのレストランです。場所は、兵庫県淡路市で淡路島の北端となる道の駅あわじの本館2階にあります。

アクセスは、高速道路で明石海峡大橋を渡ってすぐにある淡路サービスエリアに進入して淡路インターチェンジの出口を出ます。右折して県道31号線を走ること約3分で到着します。

駐車場は80台以上が駐車できます。満車の場合、芝生広場が臨時駐車場となり約200台が収容できます。

本館の1階には、屋外にバーガーショップ「バーガーと牛丼の店 淡be-」、練物屋(ねりものや)、屋内にお土産ショップ「おみやげ店」、フードコートがあります。

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)のある2階へは、お土産ショップの奥にある階段を利用して上がります。エスカレーター周辺には、淡路島牛丼や淡路島生しらす丼の看板が掲げられています。

階段周辺には、淡路島牛丼をはじめ、穴子トロ蒲重、淡路島生しらす丼などの看板が掲げられています。入口には、レストラン海峡楼(ミラ・ドール)のメニューの見本が並んでいます。

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)の自慢のグルメです。淡路牛、穴子、しらす、鯛、鰆、鱧、海鮮など淡路島の旬の食材をふんだんに使用した料理となります。豪快に盛り付けた丼物がメインです。

2020年6月1日よりセルフサービスとなりました。20人以上の店内テーブル席、20人以上のお座敷、10人以上の屋外テラス席など自由に座席を選ぶことができます。

店内は、清潔感のある和の空間です。柱や梁、格子などふんだんに木が使用されています。照明も柔らかで木の温もりが感じられます。リラックスできる落ち着いた雰囲気となっています。

座席数は、合計100席以上を誇る大型レストランとなります。和風の広々とした空間は、座席や通路の間隔が広めに取られています。ゆったりと感じられます。

店内のテーブル席は、2人掛け、4人掛け、6人掛け、8人掛けと対応可能です。カップルでも、家族連れでも、友達でも利用できます。窓際席からは、明石海峡大橋や海の景色を見渡せます。

お店の屋外にはテラス席があります。4人掛けテーブルが全部で20席以上あります。目の前に海が広がっています。明石海峡大橋などの美しい景色を眺めることができます。天気が良い日にはおすすめです。

お店の隣にはお座敷があります。4人掛け卓が全部で20席以上あります。小さいお子さんに便利です。

道の駅あわじ 2階レストラン海峡楼(ミラ・ドール)では、明石海峡大橋を眺めながら、海鮮や淡路牛を使ったお料理をお楽しみいただけます。

淡路島ランチ

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)のランチは、淡路島牛丼、淡路島生しらす丼、穴子丼、釜揚げしらす丼など淡路島の食材をふんだんに使用した地産地消の海鮮と肉の料理がおすすめです。

淡路牛、穴子、しらす、鰆 鱧など、淡路島を代表する食材をふんだんに使用した料理がおすすめです。豪快に盛り付けた丼物がメインです。

淡路島牛丼

淡路島牛丼のメニューは、極旨すきやき重が人気です。淡路島の特産品「淡路牛」を存分に堪能できます。重箱に、淡路牛を使用したすき焼き風の牛肉がぎっしりと敷き詰められています。

新鮮に輝く淡路島の生たまごがかけられています。ズッシリと重量感が抜群で見た目が非常に贅沢な仕上がりとなっています。お肉はすき焼き風の甘辛のタレがかかっており、生たまごと絶妙に絡み合います。

淡路牛はとても柔らかく口溶けが素晴らしいです。脂身もサッパリしています。お肉本来の旨みをしっかりと味わうことができます。生たまごも甘辛のタレと相まって口当たりも良くまろやかな味わいです。

淡路牛の旨い肉汁、甘辛の程良いタレ、生卵が口の中でちょうど良い加減に混ざり合います。柔らかい肉質の淡路牛のお肉とモチモチでフワフワ食感の淡路米のご飯との素晴らしいハーモニーも見事です。

淡路島産の牛肉、玉ねぎ、鶏卵、お米など特産といわれる選りすぐりの食材を使った豪華な淡路島牛丼をたらふく食べると極上の満足感が得られます。汁物と香の物が付きます。

  • 極旨すきやき重:1600円(税込)

淡路島生しらす丼

淡路島生しらす丼のメニューは、生しらす丼が人気です。生しらすと共に、鯛やマグロ、イクラなどのお刺身が盛られています。大根の細切り、シソの葉、ネギ、大根おろしとご飯の上はお造り状態で豪華です。

秘伝の白ポン酢でしらすの味を際立たせた逸品となります。レモンとショウガがアクセントになります。彩りも鮮やかですが、生しらすをはじめ食感も多種多様で楽しめます。汁物と香の物が付きます。

2階の窓から明石海峡を眺めながら、目の前で水揚げされた獲れたてピチピチの魚介類を堪能できます。

別館「おさかな共和国 えびす丸」で人気ナンバーワンの生しらす丼が食べられますが、見晴らしが良く落ち着いた雰囲気で豪華な生しらす丼を食べるなら2階のレストラン海峡楼がおすすめです。

  • 生しらす丼:1280円(税込)

穴子丼

穴子丼のメニュでは、穴子トロ蒲重が自慢です。穴子の蒲焼を堪能できます。重箱に、大きな穴子(あなご)の炭火焼2本が豪快にのせられています。お重を大きくはみ出してボリューム満点となります。

大きな穴子(あなご)は、一度蒸しあげられています。特製ダレでふっくらと焼き上げられています。一口頬張れば、香ばしい匂い、醤油の風味、穴子の旨みが口の中に広がります。

リピート率がナンバーワンのメニューです。汁物と香の物が付きます。

  • 穴子トロ蒲重:1580円(税込)

釜揚げしらす丼

釜揚げしらす丼のメニューでは、しらす釜揚げ丼が名物です。しらすの釜揚げを堪能できます。丼には、釜揚げしらすが盛られています。鯛やイクラなど季節の旬の海鮮がのせられています。

釜揚げしらすは、脂が乗りプリプリで旨みが凝縮されています。ご飯との相性は抜群です。シソの風味、ネギやショウガのシャキシャキした食感、スダチの酸味、釜揚げしらすの塩分が絶妙に絡まります。

釜揚げしらすは淡路島の名物です。汁物と香の物が付きます。

  • しらす釜揚げ丼:1580円(税込)

その他

その他のメニューは、海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼、3種類の味が楽しめる穴子のひつまぶし、海鮮バラ寿司、新名物の鰆たたき丼、初夏限定の鱧天重などがあります。たまねぎポン酢で味わうステーキ重、イチオシメニューの淡路牛炙り丼などがあります。

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)のアクセス方法・行き方

レストラン海峡楼(ミラ・ドール)がある道の駅あわじのアクセス方法・行き方は、自動車・高速バス・高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから下ります。

淡路インターチェンジの出口を右折して、県道31号線を進みます。約3分で淡路松帆交差点に到着します。淡路松帆交差点を右折すると道の駅あわじに到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

高速バスに乗車して、淡路インターチェンジの高速バス乗り場で降車します。高速バス乗り場からトンネルを通って県道157号線に出ると、バス乗り場があります。

美湯松帆の郷が運営している無料送迎バスで道の駅あわじに行くことが可能です。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金690円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金430円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金480円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1290円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金690円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1290円)

高速船の場合

高速船の場合は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を運航する高速船「淡路ジェノバライン」に乗船します。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。明石港から岩屋港まで高速船で13分で到着します。

岩屋港から美湯松帆の郷が運営している無料送迎バスで道の駅あわじに行くことが可能です。

淡路ジェノバライン

JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
明石港ー岩屋港(所要時間13分530円)

無料送迎バス

無料送迎バスは、温泉施設「美湯松帆の郷」が運行しています。無料送迎バスの停車するバス乗り場は、道の駅あわじ、淡路インターチェンジ、岩屋港となります。1時間に一本で運行しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました