開館40周年記念「淡路島の恐竜時代」淡路文化史料館

歴史・文化

開館40周年記念「淡路島の恐竜時代」が開催されます。淡路島南東部の洲本市街地にある淡路文化史料館で、新属新種の恐竜の化石レプリカや復元模型などが展示されます。

テーマは、ヤマトサウルスと後期白亜紀の世界です。2021年に新属新種の恐竜として発表されたヤマトサウルス・イザナギイを含めて、後期白亜紀の淡路島の恐竜時代を紹介します。

開館40周年記念「淡路島の恐竜時代」の開催期間は、2022年7月2日(土)から2022年9月25日(日)までとなります。土日限定でアンモナイトのレプリカづくり体験が開催されます。

開館40周年記念「淡路島の恐竜時代」淡路文化史料館

開館40周年記念「淡路島の恐竜時代」

2022年7月2日(土)から2022年9月25日(日)まで、兵庫県洲本市の淡路文化史料館で、開館40周年記念特別展「淡路島の恐竜時代-ヤマトサウルスと後期白亜紀の世界-」が開催されます。

淡路文化史料館は、1982年7月に開館しました。2022年7月で開館40周年を迎えます。開館40周年を記念して特別展が企画されました。テーマは、ヤマトサウルスと後期白亜紀の世界です。

淡路島で、2021年に新属新種の恐竜として発表されたヤマトサウルス・イザナギイの化石レプリカや復元頭骨、復元模型などが展示されます。後期白亜紀の淡路島の恐竜時代が紹介されます。

ヤマトサウルス化石レプリカ展示では、ヤマトサウルスの歯骨をはじめ、歯、上角骨、頸椎、頸肋骨、尾椎、烏口骨の化石レプリカなど合計12点が展示されます。

ヤマトサウルス復元頭骨展示では、世界初となるヤマトサウルス頭骨が復元されます。全長約80センチのヤマトサウルスのフィギュアが展示されます。

ヤマトサウルス実物大生体復元画の展示では、生体復元画が描き下ろされて登場します。ヤマトサウルスキャラクター名前募集では、キャラクター名を募集します。投稿ボックスが受付です

開催期間は、土日限定で子供向けの体験講座が開催されます。アンモナイト(パキディスカス、プラビトセラス)のレプリカの手作り体験となります。

  • 開催時間:10:00~、14:00~
  • 体験時間:約20分
  • 定員人数:各5名程度(先着順)
  • 対象年齢:無制限(小学3年生以下は保護者同伴)
  • 体験料金:1種類300円、2種類セット500円
  • 申込方法:前日までに電話予約(淡路文化史料館:0799-24-3331)

なお、淡路文化史料館は、淡路島の歴史と文化の資料を集めた博物館です。戦国時代の洲本城の平城で石垣と堀に囲まれています。ガイドコーナーでは、淡路島の自然、文化財、地場産業を紹介します。

大展示室では、国の重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃の展示、だんじり「檀尻」の一部を展示しています。歴史展示室では、出土遺物、金工品、文書、模型、写真など展示しています。

民俗展示室では民具・絵馬、昔の農耕具、庶民の日常生活用具などの展示、直原玉青記念美術館では南画の大家直原玉青画伯の作品の展示をしています。句や詩の文学碑、石造文化財の展示もあります。

基本・詳細情報

  • 開催期間:2022年7月2日(土)~2022年9月25日(日)
  • 開催場所:淡路文化史料館
  • 住所:〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-27
  • 電話:0799-24-3331
  • 公式サイト:https://awajishimamuseum.com/
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合営業、翌平日休み)
  • 入場料金:大人500円、高校大学生300円、小中学生150円、障がい者・幼児無料
  • 駐車場:約30台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました