新遊覧船「咸臨丸(かんりんまる)」うずしおクルーズ

ニュース

新遊覧船「咸臨丸(かんりんまる)」が完成しました。淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」を運営するジョイポート南淡路は、広島県福山市の本瓦造船株式会社で新造船の命名と進水式が開催されました。

2020年10月31日に新造船は「咸臨丸(かんりんまる)」と命名されました。2021年3月に就航予定です。安全性・快適性・ユニバーサルデザイン・エンターテイメント性が格段に向上しています。

今後、福良港から大鳴門橋を往復する「鳴門の渦潮」周遊コースを2隻で運行、新航路として淡路交流の翼港(淡路市)から明石海峡大橋を往復する「明石海峡」周遊コースを1隻で運行することが予定されています。

新遊覧船「咸臨丸(かんりんまる)」うずしおクルーズ

新遊覧船「咸臨丸(かんりんまる)」

2020年10月31日に、兵庫県南あわじ市の遊覧船「うずしおクルーズ」を運営するジョイポート南淡路株式会社が、広島県福山市の本瓦造船株式会社で新造船の命名と進水式を開催しました。

うずしおクルーズを運営するジョイポート南淡路株式会社(所在地:兵庫県南あわじ市福良、代表取締役:鎌田勝義)は、2020年10月31日(土)本瓦造船株式会社(所在地:広島県福山市)において、うずしおクルーズの新造船の命名・進水式を執り行いました。

新しい船は「咸臨丸(かんりんまる)」と命名し、うずしおクルーズには、2021年3月に就航する予定です。

うずしおクルーズ

新造船は「咸臨丸(かんりんまる)」と命名されました。二代目となります。

咸臨丸とは、江戸幕府の海軍の軍艦として初めて太平洋を往復した船です。木造でバーク式3本マストの蒸気コルベットでした。旧名(オランダ語)は「Japan」(ヤパン号、ヤッパン号、ヤーパン号)です。

2021年に幕末・明治維新を駆け抜けて没後150年になることを記念して、令和の時代を素晴らしい未来に向かって切り開くことにい願いを込めて、新造船は「咸臨丸(かんりんまる)」と名付けられました。

「リボーン(REBORN)咸臨丸」をスローガンに掲げられた新造船となります。

進水式と命名「咸臨丸」

二代目「咸臨丸」は、全長42メートル、総トン数390トン、定員は500人となります。現在も運行している初代「咸臨丸」とは、見た目で大きな違いはありませんが性能がアップしています。

バリアフリーや低振動低騒音化で安全性と快適性が向上しています。ユニバーサルデザインを取り入れています。客室は椅子の取り外しが可能です。パーティーなどのイベントに利用が可能です。

最新映像技術の展示などエンターテイメント性が格段に向上しています。大型シアターや大画面によるデジタル水族館などが設置されています。VIP用の貴賓室があります。

今後、内装工事を経て年明けに福良港でお披露目される予定です。2020年3月に運航開始予定です。

進水式ライブ配信

2020年10月31日(土)の10時30分から11時30分まで、淡路島うずしおクルーズの新造船「第788番船」の進水式がライブ配信されます。ジョイポート南淡路の10数年に1度の大規模なイベントです。

当日の式典を一般公開して、「Facebook Live(フェイスブックライブ)」 を利用した「命名・進水式」の生配信が開催されます。工場で新造された船が広大な海原に旅立つ感動的なシーンが楽しめます。

なお、後日に改めて進水式の映像がアップされる予定となります。

  • 開催日時:2020年10月31日(土)10:30~11:30
  • 開催場所:本瓦造船株式会社 第二工場
  • 住所:〒720-0202 広島県福山市鞆町後地242-1
  • 電話:084-982-1122

新航路「明石海峡クルーズ」

鳴門の渦潮を周遊する「うずしおクルーズ」を運行するジョイポート南淡路は、今後2021年を目途に明石海峡を周遊する「明石海峡クルーズ」を計画しています。明石海峡周辺での新たな観光クルーズとなります。

まず、2021年3月から5月まで淡路島で兵庫県などが開催する「淡路花博20周年記念花みどりフェア」の関連イベントとして、淡路市の淡路交流の翼港から明石海峡大橋を往復するクルージングが開催されます。

2021年7月を目途に、旧明石淡路フェリー乗り場を発着点として、明石海峡大橋を通過して北西部の観光施設「ハローキティスマイル」までを往復する新航路での観光クルーズの就航を目指します。

所要時間は「うずしおクルーズ」と同様に1時間程度です。週5日間1日3便を予定しています。フェリー乗り場の岸壁の改修工事や発券所の設置、航路申請などを行うことが予定されています。

浸水記念グッズ

新造船「咸臨丸」の浸水を記念してグッズが販売されます。淡路島の南あわじ市にある地元の酒造メーカー「都美人酒造株式会社」が協力して咸臨丸の進水記念オリジナルラベルの純米吟醸酒が限定販売されます。

オリジナルラベルの純米吟醸酒は、720ミリリットル、300ミリリットルで各200本限定です。

販売開始は2020年11月1日(日)から開始されます。販売価格は720ミリリットル2300円(税込)、300ミリリットル900円(税込)です。販売場所はうずしおクルーズの売店です。

販売開始:2020年11月1日(日)~
販売価格:720ml2300円(税込)、300ml900円(税込)
販売数量:各200本

詳細・基本情報

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました