スポンサーリンク

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方法は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市にあり「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社の基本情報

  • 住所:656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
  • 電話:0799-42-5320
  • 入場料金:無料
  • 参拝時間:自由
  • 社務所:9:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(普通車30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約20分

おのころ島神社の由緒

おのころ島神社は、漢字で書くと自凝島神社となります。自凝島(おのころ島)は、日本最古の書物である「古事記」と「日本書紀」に記述されている「国生み神話」に由緒があります。

国生み神話では、太古の昔に伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が日本の国土創生のために天の浮橋に降り立ちます。「天の沼矛」で海原をかき回して、持ち上げた矛先からしたたり落ちた滴が凝り固って島ができます。自ずと凝り固まってできた島ということで自凝島(おのころ島)といわれています。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神は、自凝島(おのころ島)に降り立ち、夫婦の契りを結びました。淡路島をはじめ、四国、本州、九州と日本を構成する大八島といわれる島々を生み出しました。

おのころ島神社では、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が降り立った自凝島(おのころ島)の丘に現在の本殿があるといわれています。

おのころ島神社の御祭神は、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神に、菊理媛尊(ククリヒメ)となっています。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)は、日本で初めて夫婦となった神様です。

菊理媛尊(ククリヒメ)は、二神の仲を取り持った良縁の神様といわれています。菊理媛尊(ククリヒメ)の名前は二人を括る(くくる)という縁結びの意味があります。

おのころ島神社は、夫婦の神様と良縁の神様をお祀りしていることから、縁結びのご利益があります。おのころ島神社には、縁結びにまつわる数々のパワースポットがあります。

おのころ島神社に日本三大鳥居の一つ

おのころ島神社には、日本三大鳥居の一つに数えられる大鳥居があります。ちなみに日本三大鳥居は、京都の平安神宮、広島の厳島神社、淡路島のおのころ島神社となっています。

おのころ島神社の大鳥居の大きさは、高さが約22メートル、柱の間口が約13メートル、柱の直径が3メートル、笠木の全長が31メートルを誇ります。

1982年3月に大鳥居が建立されました。2012年5月に大鳥居の塗り替え工事を終えています。

なお、1983年に、おのころ島神社の漢字表記を、日本書記に表記される「磤馭慮島」から自ずと凝り固まる「自凝島」に変更しました。古事記では「淤能碁呂島」と表記されています。

大鳥居の規模

  • 高さ21.7メートル
  • 柱間口12.6メートル
  • 柱直径3メートル
  • 笠木全長31.2メートル

招福の松葉「三鈷(さんこ)の松」

大鳥居を潜ってすぐのところに大きな松の木があります。通常の松葉は2つに分かれていますが、おのころ島神社の松葉は3つに分かれています。

日本仏教の法具として用いられる金剛杵の両端にある三つ股に分かれた三鈷(さんこ)に似ていることから、三鈷の松と呼ばれています。大変珍しく、招福の松葉として縁起物とされています。

おのころ島神社の縁結び「鶺鴒石」

おのころ島神社には、正殿前に鶺鴒(せきれい)石があります。太古の昔、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)は、鶺鴒石につがいの鶺鴒が止まって夫婦の契りを交わしている姿を見ました。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)は、つがいの鶺鴒を見習って神様として初めて夫婦となりました。夫婦の道を開かれて、日本国土や神々を産み出したといわれています。

鶺鴒石は、神様が夫婦の道を開かれた場所として縁起が良いとされました。縁結びのご利益がある石として紅白の縄を締めて祀られています。鶺鴒石のしぐさは、現在でも神前結婚式の三三九度に受け継がれています。縁結びの起源となっています。

鶺鴒石の白い縄と赤い縄を握ってお祈りをすると良縁を結ばれるといわれています。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)のように末永く、仲良く、生涯を共にする相手に巡り会えるということからパワースポットとなっています。

鶺鴒石でお祈りの方法

カップルで二人一緒に来られた場合、カップルで単身で来られた場合、単身で良縁を望み来られた場合で、紅白の縄の握り方が異なります。

単身で良縁を望んで来られた場合、カップルで二人一緒に来られた場合、カップルで単身で来られた場合で、鶺鴒石に結ばれる紅白の縄の握り方が異なります。

単身で良縁を望んで来られた場合、最初に「白い縄」を握り、続いて「赤い縄」を握り、その後に思いを込めてお祈りします。良縁となる新しい出会いを授かり、運命の人に巡り合えるご利益があります。

カップルで二人一緒に来られた場合、男性は「赤い縄」を女性は「白い縄」を握ります。二人で仲良く手を繋いで思いを込めてお祈りをします。現在のお相手との絆がより一層深めるご利益があります。

カップルで単身で来られた場合、最初に「赤い縄」だけを握り、続いて「白い縄」だけを握り、その後思いを込めてお祈りします。現在のお相手との絆がより一層深めるご利益があります。

おのころ島神社の見どころ

おのころ島神社には、神徳として健康長寿、良縁堅固、夫婦和合、安産の塩砂のご利益があります。

本殿 イザナギとイザナミの夫婦神を祀る

本殿は、大鳥居を潜って石の階段を登った正面にあります。おのころ島神社の本殿は、伊勢神宮と同じく神明造の建物となっています。棟木の上の飾り木で、棟木と直角方向に横に並べた鰹木が8本となっています。本殿には、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の夫婦神が祀られています。

御神木 本殿東

本殿の東側に古い夫婦松(こえ松)の御神木があります。「御神木」と書かれた立て札があり、小さな社に年代物の御神木が横たわった状態で祀られています。

八百萬神社 本殿奥

本殿の西側奥に八百萬(ヤオヨロズ)神社があります。御祭神として、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の御子神様が祀られています。

日本には、八百萬(ヤオヨロズ)の神様がおられます。実際に、八百万の神様をお生みになったのではなく、数多くの神様、全ての神様という意味とされています。

八百萬(ヤオヨロズ)の神様は、国生み神話に始まる太古の昔より伝えられてきた森羅万象に神様の発現を認めている日本の神様の観念を表す言葉となっています。

産宮神社(お砂所)本殿西

神社を西側に降りると産宮神社(お砂所)があります。安産のお砂所と呼ばれており、安産のご利益があります。国生み神話で、おのころ島は海原をかき回した滴が自ずから固まってできた島です。

海の滴からできたおのころ島の土は塩砂となります。最初に生まれた島の由来から、おのころ島神社の塩砂は、安産の神様として妊婦さんにとって安産のご利益があるとされています。

天の浮橋と葦原国

おのころ島神社の境内の外にも、国生み神話ゆかりの場所があります。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が降り立った「天の浮橋」と太古の昔の日本の場所とされる「葦原国」です。

天の浮橋

天の浮橋は、おのころ島神社から西に約400メートルの場所にあります。天の浮橋とは、神々が住まわれた天界である高天原と下界である地上を結んでいた橋です。

太古の昔、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が、日本の国づくりのために、天の沼矛で海原をかき回した場所です。

天の浮橋には、「天浮橋」と刻まれた石碑があります。奥には、柵に囲まれた「天の浮橋」とされる石が納められています。

葦原国

葦原国は、おのころ島神社から西に約800メートルの場所にあります。葦原国は、日本神話に基づく日本国土の呼称とされています。葦が茂り、沃土がある場所です。

古事記と日本書紀では、「天と地がひらけるはじめは、国土が浮き漂い遊魚が水の上に浮かぶようであった。その中から葦芽のようなものが生じて神となり、国常立尊ともうしました」とあります。

日本の神話では、最初の神様である国常立尊(クニノトコタチ)から、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)までが神代七代と称されます。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二神が創生した日本の国土全体を指すことから、おのころ島神社を含めた淡路島の三原平野の一帯が芦原国であると考えられています。

葦原国には鳥居と社があり、国常立尊(クニノトコタチ)が祀られています。

おのころ島神社のお守りと絵馬

おのころ島神社は、国生み神話における日本の神々誕生の地としてパワースポットとされており、ご利益があることから、お守りと絵馬が人気となっています。

縁結びの神様が祀られていることから、縁結びのお守りと家族円満のお守りが願うが叶うと評判となっています。鶺鴒石の縁結びのお祈りをして、ハートの絵馬に祈願するカップルも多いです。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二神が海の滴から作った日本で最初の土地である「おのころ島」の塩砂として、安産のお砂所があることから、清塩も人気があります。

お守りや絵馬は、おのころ島神社の大鳥居を潜った横にある社務所で販売されています。なお、社務所の営業時間は、午前9時から午後5時までとなっています。

おのころ島神社のアクセス

おのころ島神社のアクセスは、自動車のみの手段となります。神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の最寄りとなるインターチェンジは西淡三原インターチェンジとなります。

高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジを下ります。西淡三原インターチェンジの出口を左折して県道31号線を進みます。県道31号線の志知交差点を左折して県道477号線を進みます。

県道477号線の西川橋西詰交差点を左折します。川沿いを真っ直ぐ進むと右手に大きな鳥居が見えます。朱色の橋を渡るとおのころ島神社に到着します。

  • 住所:656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
  • 電話:0799-42-5320
  • 駐車場:無料(普通車30台)

淡路島観光おすすめスポットまとめ

淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気です。古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景が眺められます。

淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼がご当地グルメとして人気です。四季折々の花が美しく咲き誇る淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。コアラがいるイングランドの丘があります。

日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光でおすすめスポットをまとめました。 淡路サービスエリア 世界一の明石海峡大橋の絶景 淡路サービスエリアは、世界一の吊り橋である明石海峡大橋の絶景が望める関西屈指のサービスエリアです。本州の神戸市から高速道路で明石海峡...
淡路島観光
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!