スポンサーリンク

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘に正殿があります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方法は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市にあり「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社の基本情報

おのころ島神社の由緒

おのころ島神社は、日本最古の書物である「古事記」と「日本書紀」に記述されている「国生み神話」に由緒があります。国生み神話では、太古の昔、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が日本の国づくりのために天の浮橋に立ちます。

「天の沼矛」で海原をかき回して、持ち上げた矛先からしたたり落ちた滴が凝り固って島ができます。自ずと凝り固まってできた島ということで、自凝島(おのころ島)といわれています。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神は、おのころ島に降り立ち、夫婦の契りを結びました。淡路島をはじめ、四国、本州、九州と日本を構成する大八島といわれる島々を生み出しました。

おのころ島神社では、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が降り立った丘が、おのころ島神社の場所といわれています。

おのころ島神社の御祭神

おのころ島神社の御祭神は、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神に、菊理媛尊(ククリヒメ)となっています。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)は、日本で初めて夫婦となった神様ですが、菊理媛尊(ククリヒメ)は、二神の仲を取り持った良縁の神様といわれています。菊理媛尊(ククリヒメ)の名前は二人を括る(くくる)という縁結びの意味があります。

おのころ島神社は、夫婦の神様と良縁の神様をお祀りしていることから、縁結びのご利益があります。おのころ島神社には、縁結びにまつわる数々のパワースポットがあります。

場所

  • 住所:656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
  • 電話:0799-42-5320

入場料金と営業時間

  • 入場料金:無料
  • 参拝時間:自由
  • 社務所:9:00~17:00
  • 定休日:無休

大鳥居の規模

  • 高さ21.7メートル
  • 柱間口12.6メートル
  • 柱直径3メートル
  • 笠木全長31.2メートル

駐車場とアクセス

  • 駐車場:無料(普通車30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約20分

おのころ島神社の内容

日本三大鳥居の一つ

おのころ島神社には、日本三大鳥居の一つに数えられる大鳥居があります。ちなみに日本三大鳥居は、京都の平安神宮、広島の厳島神社、淡路島のおのころ島神社となっています。

おのころ島神社の大鳥居の大きさは、高さが約22メートル、柱の間口が約13メートル、柱の直径が3メートル、笠木の全長が31メートルを誇ります。

1982年3月に大鳥居が建立されました。2012年5月に大鳥居の塗り替え工事を終えています。

なお、1983年に、おのころ島神社の漢字表記を、日本書記に表記される「磤馭慮島」から自ずと凝り固まる「自凝島」に変更しました。古事記では「淤能碁呂島」と表記されています。

招福の松葉「三鈷(さんこ)の松」

大鳥居を潜ってすぐのところに大きな松の木があります。通常の松葉は2つに分かれていますが、おのころ島神社の松葉は3つに分かれています。

日本仏教の法具として用いられる金剛杵の両端にある三つ股に分かれた三鈷(さんこ)に似ていることから、三鈷の松と呼ばれています。大変珍しく、招福の松葉として縁起物とされています。

鶺鴒石の縁結び

おのころ島神社には、正殿前に鶺鴒(せきれい)石があります。太古の昔、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)は、鶺鴒石につがいの鶺鴒が止まって夫婦の契りを交わしている姿を見ました。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)は、つがいの鶺鴒を見習って神様として初めて夫婦となりました。夫婦の道を開かれて、日本国土や神々を産み出したといわれています。

鶺鴒石は、神様が夫婦の道を開かれた場所として縁起が良いとされました。縁結びのご利益がある石として紅白の縄を締めて祀られています。鶺鴒石のしぐさは、現在でも神前結婚式の三三九度に受け継がれています。縁結びの起源となっています。

鶺鴒石の白い縄と赤い縄を握ってお祈りをすると良縁を結ばれるといわれています。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)のように末永く、仲良く、生涯を共にする相手に巡り会えるということからパワースポットとなっています。

鶺鴒石でお祈りの方法

カップルで二人一緒に来られた場合、カップルで単身で来られた場合、単身で良縁を望み来られた場合で、紅白の縄の握り方が異なります。

単身で良縁を望んで来られた場合、カップルで二人一緒に来られた場合、カップルで単身で来られた場合で、鶺鴒石に結ばれる紅白の縄の握り方が異なります。

単身で良縁を望んで来られた場合、最初に「白い縄」を握り、続いて「赤い縄」を握り、その後に思いを込めてお祈りします。良縁となる新しい出会いを授かり、運命の人に巡り合えるご利益があります。

カップルで二人一緒に来られた場合、男性は「赤い縄」を女性は「白い縄」を握ります。二人で仲良く手を繋いで思いを込めてお祈りをします。現在のお相手との絆がより一層深めるご利益があります。

カップルで単身で来られた場合、最初に「赤い縄」だけを握り、続いて「白い縄」だけを握り、その後思いを込めてお祈りします。現在のお相手との絆がより一層深めるご利益があります。

夫婦神が祀られる本殿

本殿は、大鳥居を潜って石の階段を登った正面にあります。おのころ島神社の本殿は、伊勢神宮と同じく神明造の建物となっています。棟木の上の飾り木で、棟木と直角方向に横に並べた鰹木が8本となっています。本殿には、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の夫婦神が祀られています。

本殿の東に御神木

本殿の東側に古い夫婦松(こえ松)の御神木があります。「御神木」と書かれた立て札があり、小さな社に年代物の御神木が横たわった状態で祀られています。

本殿の西奥に八百萬神社

本殿の西側奥に八百萬(ヤオヨロズ)神社があります。御祭神として、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の御子神様が祀られています。

日本には、八百萬(ヤオヨロズ)の神様がおられます。実際に、八百万の神様をお生みになったのではなく、数多くの神様、全ての神様という意味とされています。

八百萬(ヤオヨロズ)の神様は、国生み神話に始まる太古の昔より伝えられてきた森羅万象に神様の発現を認めている日本の神様の観念を表す言葉となっています。

本殿の西に産宮神社(お砂所)

神社を西側に降りると産宮神社(お砂所)があります。安産のお砂所と呼ばれており、安産のご利益があります。国生み神話で、おのころ島は海原をかき回した滴が自ずから固まってできた島です。

海の滴からできたおのころ島の土は塩砂となります。最初に生まれた島の由来から、おのころ島神社の塩砂は、安産の神様として妊婦さんにとって安産のご利益があるとされています。

天の浮橋と葦原国

おのころ島神社の境内の外にも、国生み神話ゆかりの場所があります。伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が降り立った「天の浮橋」と太古の昔の日本の場所とされる「葦原国」です。

天の浮橋

天の浮橋は、おのころ島神社から西に約400メートルの場所にあります。天の浮橋とは、神々が住まわれた天界である高天原と下界である地上を結んでいた橋です。

太古の昔、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナギ)の二神が、日本の国づくりのために、天の沼矛で海原をかき回した場所です。

天の浮橋には、「天浮橋」と刻まれた石碑があります。奥には、柵に囲まれた「天の浮橋」とされる石が納められています。

葦原国

葦原国は、おのころ島神社から西に約800メートルの場所にあります。葦原国は、日本神話に基づく日本国土の呼称とされています。葦が茂り、沃土がある場所です。

古事記と日本書紀では、「天と地がひらけるはじめは、国土が浮き漂い遊魚が水の上に浮かぶようであった。その中から葦芽のようなものが生じて神となり、国常立尊ともうしました」とあります。

日本の神話では、最初の神様である国常立尊(クニノトコタチ)から、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)までが神代七代と称されます。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二神が創生した日本の国土全体を指すことから、おのころ島神社を含めた淡路島の三原平野の一帯が芦原国であると考えられています。

葦原国には鳥居と社があり、国常立尊(クニノトコタチ)が祀られています。

お守りと絵馬

おのころ島神社は、国生み神話における日本の神々誕生の地としてパワースポットとされており、ご利益があることから、お守りと絵馬が人気となっています。

縁結びの神様が祀られていることから、縁結びのお守りと家族円満のお守りが願うが叶うと評判となっています。鶺鴒石の縁結びのお祈りをして、ハートの絵馬に祈願するカップルも多いです。

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二神が海の滴から作った日本で最初の土地である「おのころ島」の塩砂として、安産のお砂所があることから、清塩も人気があります。

お守りや絵馬は、おのころ島神社の大鳥居を潜った横にある社務所で販売されています。なお、社務所の営業時間は、午前9時から午後5時までとなっています。

おのころ島神社周辺の観光スポット

イングランドの丘

イングランドの丘は、動物施設と植物施設と農業施設が合体したファームパーク(農業公園)です。広大な敷地で、コアラやウサギなど動物のふれあい体験、コスモスやひまわりなど季節の花畑の鑑賞体験、野菜や果物の収穫体験が楽しめます。ゴーカートなどの乗り物や、淡路島バーガーなどグルメもあります。

淡路ファームパーク イングランドの丘 淡路島で動物と植物と農業
淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の南あわじ市にある観光施設です。動物施設と植物施設、農業施設がドッキングした農業公園(ファームパーク)です。コアラやウサギをふれあえたり、花畑で四季折々の花々を楽しめたり、野菜や果物の収穫を体験...
動物アイドル選抜総選挙 イングランドの丘 第7回結果発表
淡路ファームパーク イングランドの丘で、5月18日(金)に第7回動物アイドル選抜選挙」の結果が発表されました。動物アイドルはウサギの「ごましお」が優勝しました。2位はコアラの「ゆうき」となりました。3位はケヅメリクガメの「ガッツ」となりまし...

淡路島牧場

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。親牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験、淡路島牛乳を使ったバター作り体験を楽しめます。淡路島牛乳の無料試飲コーナーもあります。淡路島牛乳たっぷりのミルクソフトクリームが販売されています。オリジナルグッズも販売しています。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

うずしおクルーズ

うずしおクルーズは、淡路島福良港から出港する大型遊覧船です。世界三大潮流の一つに数えられる鳴門海峡で発生する世界最大のうずしお「鳴門の渦潮」を周遊するクルージングが楽しめます。直径20メートルの渦を間近で体感できます。自然が作り出す美しさと潮風の心地よさを感じる海上散歩です。

うずしおクルーズ 淡路島で世界一の鳴門海峡の渦潮を体験するクルージング
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

淡路人形座

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、文化の華ともてはやされました。人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描いた姿は、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能といえるでしょう。

淡路人形座 淡路島で伝統芸能 人形浄瑠璃を上演する劇場
淡路人形座は、兵庫県の淡路島南あわじ市の道の駅福良にあります。500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を上演する専用の劇場です。淡路人形座は、1964年に吉田傳次郎座の道具類を引き継いで興業を始めました。現在、常設館として公...

慶野松原

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...

ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像

洲本市では、ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場のイベント建物前に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されています。主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。

淡路島洲本市 ドラクエ記念碑 聖地巡礼4選 堀井雄二さん故郷
淡路島洲本市はドラクエ(ドラゴンクエスト)の聖地としての地位を確立しつつあります。ドラクエ(ドラゴンクエスト)生みの親である堀井雄二さんの故郷であることを最大限に活用して、現在では洲本市の名誉市民となった堀井雄二さんと一緒になって地元で展示...

洲本レトロこみち

淡路島洲本市に城下町の風情が残る「洲本レトロこみち」があります。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。週末に、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業します。レトロな「まち歩き」が楽しめます。

洲本レトロこみち 淡路島で城下町の風情が残る通り
洲本レトロこみちは、淡路島の洲本市にある城下町の風情が残るレトロな通りです。洲本レトロこみちには、江戸時代から残る古い町家や小民家、空き家を利用したお店が並んでいます。洲本レトロこみちでは現在、おしゃれなカフェやレストラン、ショップなど個性...

洲本城

洲本城は、淡路島洲本市の標高133メートルの三熊山の山頂にあります。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の曲輪があります。西日本最大の要塞といわれた山城です。本丸を取り囲む石垣と本丸へ通じる階段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸石垣の上からの眺望は見事です。

洲本城 淡路島に西日本最大級の水軍の山城
洲本城は、淡路島洲本市の三熊山にある山城です。戦国時代から江戸時代にかけて淡路国の統治の拠点となりました。周囲には広大な総石垣造の曲輪が残されています。かつて、西日本最大級の水軍の山城といわれていました。洲本城は国の指定史跡、兵庫県の指定文...

大浜海水浴場

洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北750メートル、東西55メートルの湾曲した砂浜は見事です。穏やかな遠浅の海です。淡路島で人気のビーチです。遊歩道が整備されて海浜公園として、穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しめます。

大浜海水浴場 淡路島洲本市の人気ビーチ 遠浅で無料
大浜海水浴場は、洲本市にある慶野松原と並び淡路島を代表するビーチです。環境省の「快水浴場百選」に選定されています。南北750メートル、東西55メートルに見事なカーブを描きながら広がる白砂は美しいです。遠浅の海は波が穏やかで泳ぎやすいです。駐...

淡路ごちそう館 御食国

洲本市中心部で食事とショップが一体の100名を収容できるレストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物は、約14.5メートルの吹き抜けが開放感を演出します。淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路米など名産による多彩な料理が心を和ませます。ショップは数百種類の淡路島のお土産が揃っています。

ごちそう館 御食国(みけつくに)淡路島洲本市の大型レストラン
淡路ごちそう館 御食国は、淡路島洲本市にある大型レストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物に100名収容のレストランとお土産ショップが併設されています。淡路牛や淡路島玉ねぎなどの料理と、淡路島の名産や特産を販売しています。名前は、淡路島が...

淡路島観光おすすめスポットまとめ2018

淡路島は、自然が豊富で、食材の宝庫で、歴史ある観光地です。明石海峡大橋、鳴門海峡の渦潮、伊弉諾神宮、イングランドの丘、慶野松原、洲本城、おのころ島神社は全国有数です。明石海峡公園、あわじ花さじき、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館、遊園地ONOKOROなどは定番です。最近、ハローキティのレストラン、クレヨンしんちゃんのアスレチックで注目されています。淡路島観光でおすすめをまとめてご紹介します。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光スポットをまとめました。淡路島は、兵庫県の瀬戸内海で最大の島で人気の観光地です。淡路島には、海に囲まれて緑が豊かで自然を満喫できる観光スポット、淡路島玉ねぎをはじめ、淡路牛に鱧に鯛と新鮮な食材を堪能できるグルメスポット、国生み神...
南あわじ市淡路島のパワースポット
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!