うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」福良漁協

お祭り・花火大会

淡路島サクラマスまつりが開催されます。淡路島南西端にある福良漁業協同組合前で、毎月第4日曜日に開催される恒例の「うずしお朝市」で、新名産「淡路島サクラマス」をPRするイベントです。

地元の住民をはじめ観光客の方々に「淡路島サクラマス丼」が無料で振る舞われます。3月から5月まで3カ月間限定で解禁される淡路島サクラマスのシーズンに合わせてのお祭りとなります。

淡路島サクラマスまつりの開催日時は、2020年2月23日(日)の9時から11時まで開催されます。開催場所は、南あわじ市福良の福良漁業協同組合前となります。

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」の基本情報

開催日時2020年2月23日(日)9:00~11:00
開催場所福良漁業協同組合前
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙28
電話0799-52-0064
公式HPhttp://jf-fukura.or.jp/
周辺駐車場約100台(普通車)道の駅福良
周辺駐車料金無料(道の駅福良)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」の内容

2020年2月23日(日)の9時から11時まで、兵庫県南あわじ市福良の福良漁業協同組合前で、うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」が開催されます。

毎月第4日曜日に開催される恒例の「うずしお朝市」で、3月から5月まで3カ月間限定で解禁される淡路島サクラマスのシーズンに合わせてのお祭りとなります。

春の新ブランド「淡路島サクラマス」をPRするイベントとして、地元の住民をはじめ、観光客など来場された皆さんに200食限定で「淡路島サクラマス丼」が無料で振る舞われます。

開始時間は、9時30分から10時の予定となります。なお、無料振る舞いの対象は、うずしお朝市で、1000円以上を購入された方でスピードくじの抽選券2枚をお持ちの方となります。

毎月第4日曜日に開催されている恒例の朝市は、9時から11時まで開催されます。福良漁港で獲れる海産物をはじめ、福良周辺で獲れる農産物が販売されます。漁業協同組合ならではの魚のトロ箱が並びます。

淡路島で獲れ立ての鮮魚が格安で購入できます。野菜や米など淡路島の新鮮な食材が販売されます。海産物や加工品、天ぷらや練り物、揚げ物や惣菜、ちりめん丼やたこ焼きなど色んなお店が出店しています。

淡路島サクラマス

淡路島サクラマスは、兵庫県南あわじ市にある福良港で2015年から取り組んでいる養殖となります。福良港で「淡路島3年とらふぐ」の養殖をする福良漁業協同組合の前田若男さんが始めました。

冬の名産「淡路島3年とらふぐ」、夏の名産「淡路島のべっぴん鱧(ハモ)」という淡路島の2大ブランドの間を埋めるために、3月から5月までの春の名産として開発しました。

ブランド化のターゲットとして登場したのが赤身の魚であるサクラマスです。

福良湾は、淡路島の温暖な気候に恵まれながらも、鳴門海峡の潮流が速く、周辺海域の水温が低いことが特徴です。東北などの寒い地域に生息する冷水性のサクラマスに絶好の環境が揃っていました。

淡路島サクラマスは、身が引き締まり程よい脂です。味が濃厚で、旨みが強いのが特徴です。

試験養殖の2015年度は約1500匹、本格養殖の2016年度は約7000匹、2018年度は約1万4000匹、2019年度は3業者で約2万3500匹の養殖に成功しています。

「淡路島サクラマス」の養殖を始めて5年目を迎える2020年度は約1万7500匹の養殖となります。暖冬の影響で海水温が高くなり、サクラマスの生育状況は良さそうです。

淡路島サクラマスは、旬の一番美味しい時期となる3月から5月の3カ月間だけ出荷されます。3月1日から島内の飲食店や宿泊施設で80種類以上のメニューが登場します。

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」のアクセス

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」が開催される福良漁業協同組合前のアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、福良漁業協同組合前に程近い道の駅福良を目指すと便利です。道の駅福良は、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。車で約15分で道の駅福良に到着します。

道の駅福良に到着すると道の駅福良を左手に道路を進んで橋を渡ると福良漁業協同組合前に到着します。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから道の駅福良うずしおクルーズまでは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス・神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2300円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1990円)

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」周辺の観光スポット

うずしお朝市「淡路島サクラマスまつり」が開催される福良漁業協同組合前の周辺の観光スポットは、うずしおクルーズと淡路人形座となります。

うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市にある福良港から出港する大型遊覧船です。世界三大潮流の一つに数えられる鳴門海峡で発生する世界最大のうずしお「鳴門の渦潮」を周遊します。

川のように流れ込む潮流と、直径20メートルの渦の迫力を間近で体験できます。快適なクルージングは、自然が作り出す美しさと潮風の心地よさを感じる約1時間の海上散歩となります。

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。淡路人形浄瑠璃は、淡路島で約500年の歴史を誇る伝統芸能です。人情の機微を謳い哀歓の人間模様が演じられます。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、江戸時代に文化の華ともてはやされました。世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能となります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました