生サワラ丼「松葉寿司」

ジャンル

松葉寿司の生サワラ丼のメニューは「淡路島生サワラ丼」がおすすめです。丼には、サワラのたたきが5枚と漬けのサワラが5枚がのせられています。自家製タレでタタキとヅケの2つの味が楽しめます。

締めとして、お茶漬けにして食べます。旬を迎える脂がのったサワラが3度楽しめます。サワラ丼に赤出汁、刺身用薬味、お茶漬け用薬味が付きます。食の新名物でトロのような食感が味わえます。

他にも、淡路島めぐり丼があります。サワラ、しらす、淡路牛と淡路島の旬の食材が丸ごと食べられます。可愛い篭に入れられています。3つのミニ丼でご当地を代表する味覚を食べ尽くせます。

サワラ丼、しらす丼、牛丼のミニ丼に、サラダとデザートが付きます。

なお、洲本市五色町の近海で主に獲れる「サワラ」を新名物のグルメ「サワラ丼」として、発信する淡路食文化推進協議会のプロジェクトになります。古来より島の漁師めしとして食べられています。

生サワラ丼のメニュー

  • 淡路島生サワラ丼:1,705円
  • 淡路島めぐり丼:1,870円

淡路島生サワラ丼のおすすめ店は「淡路島生サワラ丼おすすめ4店」の記事をご参照ください。

なお、松葉寿司(まつばすし)は、1932年に創業した地元で老舗の寿司と会席料理のお店です。淡路島南部中央の国道28号線沿いにあります。洲本インターチェンジから車で約5分です。

カウンター席、テーブル席、個室、大広間を備える大型店です。淡路島の近海で獲れたハモ、ウニ、タイ、アナゴ、シラス、サワラ、トラフグなど新鮮な魚介類を使用しています。

淡路牛と松茸など旬の食材も人気です。寿司、海鮮丼、お造り、会席料理で堪能できます。

また、松葉寿司の基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-0122 兵庫県南あわじ市広田広田528-1
  • 電話 :0799-45-1019
  • 公式サイト:http://www.matsuba-sushi.com/
  • 営業時間:平日(11:00~14:00、17:00~20:30)、土日祝(11:00~20:30)
  • 定休日:無休
  • 座席数:400席(カウンター8席、掘り炬燵4名4室・6名2室・2名1室、座敷20名2室・60名1室・30名1室)
  • 駐車場:約50台
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約5分

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました