魚介・海鮮料理「やぶ萬」

ジャンル

やぶ萬旅館の魚介・海鮮料理は「鯛めんコース」の日帰りプランがおすすめです。

  • 鯛めんコース:6,600円

鯛めんコースの日帰りプランは、専用の食事部屋で名物料理「鯛めん」の会席料理が食べられます。大浴場で美肌効果のある塩崎温泉が利用できます。

鯛めんコースは、3代目女将が「旅の思い出に」と考案した名物料理「鯛めん」のコース料理となります。鯛から染み出す出汁が1年寝かせた「ひね」の淡路手延べ素麺が絡んで絶妙の美味しさです。

メニューは、三珍、お造り(四種盛り)、温物(茶碗蒸し)、焼物(足赤海老塩焼き・サザエ)、酢物(淡路牛ローストビーフ)、揚物(活足赤海老天婦羅)、替鉢(鯛めん)、吸物、果物が付きます。

地元の郷土料理「鯛そうめん」から考案しています。鳴門海峡育ちの鯛と地元名産「ひね」の手延べ素麺が絶妙の味わいです。激流にもまれて活きが良い鯛は、素揚げして蒸して旨みを閉じ込めます。

出汁で煮立てて大杯に盛った豪快な料理となります。島の多彩な食材の魅力を余すところなく味わえます。鯛の香ばしさと、のどごしの良いそうめんの絶妙な取り合わせを堪能できます。

食事部屋は、個別に専用の食事部屋です。和室用のイス・テーブル席となります。宿泊の場合はもちろん、日帰りにも利用できます。食事部屋で寛ぎながら、ゆっくりと旬の味覚料理が楽しめます。

温泉は、美肌効果があるといわれる天然「潮崎の湯」です。源泉は塩崎温泉です。泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉で低張性アルカリ性温泉です。とろみのあるお湯で湯上り後ツルツルのたまご肌です。

淡路島魚介・海鮮料理については「淡路島 魚介・海鮮料理おすすめ12選」をご参照ください。

やぶ萬旅館は、淡路島で最古の旅館となります。創業は文久3年です。150年以上受け継がれる伝統と信頼があります。島南西端の福良港で渦潮の遊覧船「うずしおクルーズ」の近くにあります。

部屋数は18室です。客室は2名から5名までのバス・トイレ付きの和室です。淡路島で唯一のお食事専用の和室があります。お食事部屋は和室のテーブル席で朝食に夕食に寛いで食事を楽しめます。

料理は、旬の食材を使用した会席料理です。鳴門海峡の鯛を使用した名物「鯛めん」の発祥の地です。鯛の宝楽焼、紀淡海峡の鱧を使用した「鱧すき」、福良湾の3年とらふぐのてっちりもおすすめです。

温泉「潮崎の湯」は美人の湯で知られる潮崎温泉が源泉です。ミネラル分と硫黄分で保温効果と保湿効果と美白効果があります。特殊成分から療養泉とされます。2016年4月にリニューアルしました。

昔ながらの名残りで箸袋裏に「鳴門小唄」の歌詞が記載されています。漁師町の福良では地元の宴席で唄って踊って盛り上がった歌です。元芸者さんが日本舞踊の振付けで今でも語り継いでいます。

やぶ萬の基本情報は以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました