淡路島 オペラ「魔弾の射手」入門 洲本市文化体育館 4/22

4月22日(日)に、淡路島の洲本市文化体育館で、オペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート~ええとこどり!」が開催されます。現在、チケットが販売中です。「ええとこどり」とは毎年大好評となっている、チケット料金がワンコイン500円のハイライトコンサートです。今年はドイツロマン派のオペラ「魔弾の射手」をより親しんでいただくために、作品の内容や観どころ、聴きどころ、名場面をわかりやすく紹介するオペラのハイライトが上演されます。ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者である佐渡裕監督がプロデュースしたオペラです。関西気鋭の若手オペラ歌手とピアノ奏者の生演奏と楽しいお話によるオペラ入門編です。ドイツ語での上演ですが、日本語字幕も出ますので初心者でも安心して見られます。

オペラ歌手が歌って演じて、 ピアニストが伴奏して漫談(?)のような話して会場を和ませます。今回はドイツ人によるナビゲーターも加わり、ウェーバーのロマンティックな音楽と ドイツの薫り溢れるオペラの魅力をお贈りします。 魔弾の射手はドイツの民話を題材として、魔物の潜む森や封建時代の日常を描いた作品です。作曲者のウェーバーは、ワーグナーなどに大きな影響を与えたドイツの作曲家として有名です。オペラはドイツロマン派を確立した作品として、音楽は新しいドイツ音楽を確立した作品として受け止められています。ワンコインでオペラをわかりやすく触れられる機会としてはお得かもしれませんね。まずは、洲本市文化体育館にお問合せください。

オペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート」の詳細情報

  • 講演内容:オペラ「魔弾の射手」(ドイツ語上演/日本語字幕付き)
  • 開催日時:4月22日(日)14:30 開演、15:00 開演、16:40 終演
  • 公演時間:約100分(休憩含む)
  • 開催場所:洲本市文化体育館 文化ホール しばえもん座
  • 開催住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
  • 電話番号:0799-25-3321
  • HP:洲本市文化体育館
  • 休館日:火曜日
  • 駐車場:無料(140台)
    ※イベント当日は消防署横臨時駐車場
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

オペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート」の出演者

  • アガーテ:周防彩子
  • エンヒェン:中嶋康子
  • カスパー:松澤政也
  • マックス:二塚直紀
  • ナビゲーター:ジェイソン・ブラスロフ
  • 音楽アドバイザー:森香織
  • ピアノとお話:伊原敏行
  • 構成・演出:木村孝夫

オペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート」のチケット

  • チケット予約:2月24日(土)9:00~
  • チケット価格:500円(全席指定)
    ※未就学児童の入場不可
    ※前売券完売の場合、当日券無し
  • チケット販売:洲本市文化体育館
  • お問合せ
    洲本市教育委員会:0799-24-7632
    洲本市文化体育館:0799-25-3321

オペラ「魔弾の射手」のあらすじ

ボヘミアの深い森。射撃大会を控えた狩人のマックスはスランプに陥っていた、護林官の娘である恋人のアガーテと結婚するためには大会での優勝が条件。そこへ悪魔に魂を売ったガスパーがやって来て、意のままに操れる「魔射」を手に入れれば優勝出来るとマックスをそそのかす。一方、恋人の帰りを待っていたアガーテは不吉な予感にさいなまれており、従妹のエンヒェンが励ます。マックスはアガーテの元に一度は帰ってくるが、彼女の止めるのも聞かずに魔射を求めて渓谷へと出かけて行ってしまう。果たして魔射の行方は?マックスとアガーテの運命は・・・!?

オペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート」の運営者

  • 主催:洲本市文化体育館自主事業実行委員会、洲本市教育委員会
  • 企画・制作:兵庫県立芸術文化センター
  • 協賛:西宮北口 ハウジングギャラリー
  • 協力:ディーズゴー株式会社

洲本市文化体育館の概要

2006年の兵庫国体に合わせて、スポーツの振興と健康づくりの支援、芸術・文化の振興と支援、まちづくり活動の支援を整備方針として、洲本市新都心地区の洲本川沿いに建設されました。市民のスポーツ・芸術・文化の拠点施設として、体育館と多目的アリーナと文化ホールを併せ持つ複合施設です。メインアリーナ兼大ホール(しおさい館)は、国体をはじめ各種スポーツ大会などに対応できる体育館機能のほかに、移動観覧席と舞台装置を備えており、1階1155席、2階444席(ベンチシート)を合わせると、最大約1600人が収容できる多目的アリーナにも転換できる仕様になっています。兵庫県や洲本市などの大規模式典や歌手による歌謡ショーなどに使用されています。

文化ホール(しばえもん座)は、可動音響反射板を備えた客席数548席(固定座)を収容でき、コンサートや演劇などジャンルを超えた多目的な舞台芸術に対応でき、音響や照明などに趣向を凝らした演出ができるホールになっています。クラシックコンサートから映画、講演会、発表会、式典などに使用されています。イベント会場となる大きなエントランスホール、柔道や剣道など武道の大会ができるコミュニティアリーナ兼道場、研修会や展示会に利用できる会議室兼ギャラリー、各種運動器具を備えたトレーニングルーム、洲本川を眺めながら飲食ができるカフェが併設されています。なお、建物はユニバーサルデザインを採用しており、親しみやすさと使いやすさをコンセプトにしています。

洲本市文化体育館の付近一帯は洲本市新都心地区の中核を成す公園施設です。近代日本で有数の紡績工場として、経済産業省の近代化産業遺産に認定される「洲本市の綿産業関連遺産」の一つとなっています。建物群としては、市民憩いの場「洲本市民広場」、市民読書の場「洲本市立図書館」、テナント施設「アルチザンスクエア」、市民グルメの場「ごちそう館 御食国(みけつくに)」があります。旧鐘紡洲本工場の赤レンガ造りの建物が立ち並んでいます。洲本市が誇る近代化産業遺産として当時を偲ばせます。また、美しい街づくりに寄与したとして、兵庫県からも「さわやか街づくり賞」を受賞しています。

その風情ある建物郡は大正ロマンを漂わせます。これらの建物は明治から昭和にかけて、洲本の経済的発展に貢献した鐘紡(カネボウ)紡績工場の外壁をそのまま残しています。現在、保存修復を繰り返して、図書館を含めておしゃれなカフェやショップ、アパレル店やグルメ店が入居する複合施設「洲本アルチザンスクエア」として再生しています。これら景観は、兵庫県でも歴史が古い洲本市が誇る近代産業化を歩んできた遺産として当時を偲ばせます。なお、洲本市民広場には、ドラゴンクエスト(ドラクエ)の生みの親である堀井雄二さんの故郷のPRとして、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像が建てられています。ファンの間ではドラクエの聖地巡礼の記念撮影スポットとして注目されています。

関連記事