花みどりフェア春期「淡路花博20周年記念」

淡路島観光

花みどりフェア春期が開催されます。淡路花博「ジャパンフローラ2000」の開催から20周年を記念して、淡路島全域で開催されるキャンペーンとなります。テーマは「みなとつながる「花 緑 食の島」淡路」です。

春期開催では、チューリップやネモフィラ、ランや菜の花、桜やカレンデュラなどの春の花をはじめ、明石海峡大橋のクルージング、淡路人形浄瑠璃の新演目、ダンボールアート展などのイベントが目白押しとなります。

花みどりフェア春期の開催期間は2021年3月20日(土祝)から5月30日(日)までとなります。開催場所は、メイン会場が淡路夢舞台と淡路島国営明石海峡公園、洲本市街地、淡路ファームパーク イングランドです。

花みどりフェア春期「淡路花博20周年記念」

花みどりフェア春期

2021年3月20日(土祝)から5月30日(日)まで、兵庫県淡路市、洲本市、南あわじ市にある3つメイン会場を中心に淡路島全域で淡路花博20周年記念「花みどりフェア」春期が開催されます。

淡路花博20周年記念「花みどりフェア」のテーマは「みなとつながる「花 緑 食の島」淡路」です。

春期は2021年3月20日(土祝)から5月30日(日)までの72日間、秋期は2021年9月18日(土)から10月31日(日)までの44日間で開催されます。

理念として、環境、継承・発展、淡路からの発信の3つがあります。

  • 環境:地域力の発揮による持続可能な社会の実現を先導
  • 継承・発展:「持続する環境の島」を次の世代へ継承
  • 淡路からの発信:潜在的な地域の魅力発信と世界との交流

アクションテーマとして、共生(ともいき)、世界との交流、暮らしの持続の3つがあります。

共生では、自然再生に取り組み20年超の歳月を経た淡路夢舞台や島内の花緑関連施設の充実など、ジャパンフローラ2000の開催理念である「人と自然の共生」の再認識、継承とさらなる発展を目指します。

世界との交流では、日本・関西への関心が高まる2020年、2021年を好機と捉え、内外へのプロモーション活動や旅行者が快適に島を満喫できる環境づくりによる交流・還流の拡大を目指します。

暮らしの持続では、「国生みの島」「御食国」の歴史、文化など地域の魅力に磨きをかけ、豊富な自然や「あわじ環境未来島構想」の先進的な取組みなど、豊かですこやかな暮らしの持続を目指します。

2000年の国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」(淡路花博)では「人と自然のコミュニケーション」をテーマに関西国際空港工事などの大規模な土砂採取跡地の自然の再生を目指しました。

花みどりフェアでは、ジャパンフローラ2000の理念「人と自然の豊かな調和をめざす環境立島」を継承・発展させるために、よりより環境づくりに向けて「地域力」を発揮し、持続可能な社会の実現を先導します。

春期開催では、チューリップやネモフィラ、ランや菜の花、桜やカレンデュラなどの春の花をはじめ、明石海峡大橋のクルージング、淡路人形浄瑠璃の新演目、ダンボールアート展などのイベントが目白押しとなります。

オープニング

花みどりフェア春期のオープニングは、メイン会場となる「淡路夢舞台 野外劇場」、「洲本市民広場」、「淡路ファームパーク イングランドの丘」の3カ所で開催されます。

淡路夢舞台の野外劇場では、3月20日(土祝)の13時から15時まで、STU48オープニングライブ&武田訓佳トークショーが開催されます。メンバーで淡路島出身の門脇美優菜さんも出演します。

洲本市民広場では、3月20日(土祝)の9時30分から16時まで「テレビの人気者たちがやってくる」が開催されます。「それいけ!アンパンマン」と「ひつじのショーンがやってくる」の撮影会があります。

イングランドの丘では、3月20日(土)の12時30分から13時30分まで、スウェーデン出身の庭師の村雨辰剛さんのトークイベントと淡路島がテーマの日本庭園のオープニングセレモニーが開催されます。

淡路人形座では、3月20日(土)の15時30分から16時45分まで、尾上松也(歌舞伎俳優)×清川あさみ(淡路島出身のアーティスト)トークショーが開催されます。伝統芸能の魅力を語ります。

目玉イベント

花みどりフェア春期の目玉イベントは、淡路島国営明石海峡公園、あわじ花さじき、明石海峡大橋クルーズ、淡路ファームパーク イングランドの丘などがあります。

淡路島国営明石海峡公園では、3月20日(土祝)から5月30日(日)まで、「春のカーニバル2021」が開催されます。自然豊かな淡路島で「公園島淡路」を象徴する春のメインイベントです。

「春風さそう花の島へ」をテーマにお花が入れ替わりフラワーリレーが展開されます。3月中旬から4月中旬まで春を彩るチューリップが開花します。日本最大級の立体的花壇を色鮮やかに染め上げます。

兵庫県立あわじ花さじきでは、3月20日(土祝)から4月18日(日)まで「菜の花まつり」が開催されます。ふれあいの花園と癒しの花園で約60万本の菜の花の開花に合わせたイベントになります。

約40万本の早咲きの菜の花も復活してきます。早咲き、標準、遅咲きを全て合わせると約100万本の菜の花が咲くことになります。海と空の絶景が眺められる丘陵地で花畑一面を黄色く染め上げます。

奇跡の星の植物館では、3月20日(土祝)から4月11日(日)まで、特別展「淡路夢舞台ラン展2021」が開催されます。「花見の庭―蘭と桜」をテーマにしたフラワーショーとなります。

100種2万株の美しい桜色をした春の植物で彩られた和の庭園となります。花の女王「ランと桜」で華やか彩ります。植物と芸術を融合して、伝統とモダンを調和します。雅な世界を体験できます。

淡路ファームパーク イングランドでは、3月20日(土祝)から5月30日(日)まで、リアル謎解きゲーム「はじまりの島」が開催されます。広大な敷地でヒントを集めて謎を解くゲームとなります。

「はじまりの島」とは、淡路島を舞台に日本遺産に登録された物語に登場する歴史と観光のスポットを巡るロールプレイングゲームです。昨年開催の「序章」と新章の「第二章」が登場します。

明石海峡大橋クルーズでは、3月20日(土)から5月30日(日)まで、淡路交流の翼港から遊覧船が運行されます。世界一の吊り橋「明石海峡大橋」を真下をくぐり見上げる体験ができます。

約1時間のクルージングでは、船上ガイドが見所をアナウンスします。淡路島の史跡や緑の山々、神戸の美しい街並みが眺められます。漁船や旅客船と遭遇します。明石海峡大橋の巨大さに圧倒されます。

淡路人形座では、3月21日(日)から5月30日(日)まで、新演目「戎舞プラス」の公演が開催されます。アーティストの清川あさみさんのプロデュース、作家の「いとうせいこう」さんの脚本です。

約500年の伝統芸能「淡路人形浄瑠璃」の人形芝居です。戎様が太鼓で舞いながら、人々の幸せを祈って杯を重ねる物語です。斬新な人形衣装やアートな舞台美術に国生み神話のアニメもあります。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2021年3月20日(土祝)~5月30日(日)
  • 開催場所:メイン会場(淡路夢舞台と国営明石海峡公園、洲本市街地、イングランドの丘)、サテライト会場(島内各所)
  • 電話番号:0799-73-6061(淡路花博20周年記念事業実行委員会事務局)
  • 公式ホームページ:https://www.awajihanahaku20th.jp/
  • 主催:淡路花博20周年記念事業実行委員会、名誉会長 兵庫県知事、委員長 一般財団法人淡路島くにうみ協会理事長、委員 関係団体等で構成される78団体
  • 来場者目標:約400万人
  • 開催テーマ:みなとつながる「花 緑 食の島」淡路
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました