PR

夏休み親子劇場「ももたろう」淡路人形座

スポンサーリンク
歴史・文化
記事内に広告が含まれています。

夏休み親子劇場「ももたろう」が上演されます。淡路島にある劇場「淡路人形座」で、夏休みイベントとして、日本の昔話で有名な「ももたろう」を浄瑠璃として脚本し直した演目となります。

子供たちに昔に親御さんたちが親しんだ古き良き童話「桃太郎」を親子で一緒に楽しみ、様々な学びを感じられる時間となります。小学生以下の子供限定で缶バッチがプレゼントされます。

夏休み親子劇場「ももたろう」の開催期間は、2023年7月27日(木)から8月15日(火)まで(8月4は除く)となります。上演時間は11時30分、13時30分となります。

入場料金は大人1800円、中高生1300円、小学生1000円、幼児300円です。大人・中高生の同伴に限り、小学生以下の子供の入場料金が無料となります。

夏休み親子劇場「ももたろう」淡路人形座
スポンサーリンク

夏休み親子劇場「ももたろう」

2023年7月27日(木)から8月15日(火)まで(8月4は除く)の11時30分、13時30分から、兵庫県南あわじ市の劇場「淡路人形座」で夏休み親子劇場「ももたろう」が上演されます。

夏休み親子劇場「ももたろう」は、夏休みを迎える子供たちに昔に親御さんたちが親しんだ古き良き童話「桃太郎」を親子で一緒に楽しみ、様々な学びを感じられるオリジナル演目となります。

最近、教科書に桃太郎などの童話が紹介されなり、こどもたちの童話ばなれが進んでいます。日本の昔話で有名な「ももたろう」を浄瑠璃として脚本し直した演目にふれあえる貴重な機会です。

日本のむかしばなしを身近に感じることができます。今を伝える「わ」の心を学びます。

入場料金は大人1800円、中高生1300円、小学生1000円、幼児300円です。大人・中高生の同伴の場合に限り、小学生以下の子供の入場料金が無料となります。所要時間は45分です。

なお、淡路人形浄瑠璃は約500年以上の歴史がある人形芝居です。全国各地に人形芝居を伝えて、日本の演芸史で大きな役割を果たしてきました。「文楽」を創始した植村文楽軒は淡路島出身です。

淡路人形座では、伝統を守り続けながら活動しています。後継者団体への指導、全国の人形芝居保存会への協力など、人形浄瑠璃の普及・発展に尽力しています。国内外で高い評価を得ています。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2023年7月27日(木)~8月15日(火) 8月4日除く
  • 開催時間:11:10~、13:30~
  • 開催場所:淡路人形座
  • 入場料金:大人1800円、中高生1300円、小学生1000円、幼児300円(大人・中高生の同伴の場合に限り、小学生以下の子供の入場料金が無料)
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1528-1
  • 電話:0799-52-0260
  • 公式サイト:https://awajiningyoza.com/
  • 上演時間:10:00~、11:10~、13:30~、15:00~
  • 定休日:水曜日
  • 座席数:179席
  • 駐車場:約100台(道の駅福良駐車場)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原IC・淡路島南ICから車で約15分
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
タイトルとURLをコピーしました