スポンサーリンク

島の夕日のマルシェ 淡路島南あわじ市津井

島の夕日のマルシェが開催されます。淡路島南西部にある瓦の町の津井地区で自然野菜などの農産品、地域の伝統製品、地域の伝統食品を販売するマルシェです。イベントとして、音楽体験やカヤック体験、ヨガ体験などが行われます。美しい夕日を眺めながら、生産者さんとつながりながら、音楽や自然を楽しみながら、淡路島の魅力を感じられます。

島の夕日のマルシェは、9月29日(土)に株式会社タツミで開催予定でしたが、雨の予報がでているために中止となりました。次回開催は、来年4月中頃に検討となっています。

島の夕日のマルシェの基本情報

  • 開催日時:9月29日(土)中止
  • 開催場所:株式会社タツミ
  • 開催住所:〒656-0341 兵庫県南あわじ市津井976
  • 問合わせ:090-9330-8297(島の夕日マルシェ実行委員会)
  • 駐車場:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約17分

島の夕日のマルシェの内容

島の夕日のマルシェでは、農産物の出店、雑貨の出店、グルメの出店があります。イベントとして、ワークショップ、音楽ライブ、瓦楽器体験、夕日ヨガ体験、カヤック体験があります。

農産物の出店

島の夕日のマルシェでは、農産物の出店としていちじく、野菜などが登場します。

いちじく

淡路島の自然で育てられた無花果のいちじくは古くから不老長寿の果物として有名です。料理やデザートなどアレンジも豊富で様々な味を楽しめます。

野菜(里芋、玉ねぎ、ローズマリー)

あおぞら舎さんは、cafe macherieさんと一緒に出店します。あおぞら舎さんは淡路島で無農薬の野菜を育てています。cafe macherieさんは、あおぞら舎の野菜や果物を使ったケーキやお菓子を販売します。里芋、玉ねぎ、ローズマリーの販売と、マフィン、チーズケーキ、スコーン、シフォンケーキ、バウンドケーキなどを販売します。

椎茸

森の木ファームさんは、障害福祉サービスの椎茸工場です。しいたけ詰め放題とプラ板の小物作りワークショップを行います。

雑貨の出店

島の夕日のマルシェでは、雑貨の出店として淡路瓦の雑貨、藍染の衣類、小物雑貨などが登場します。

淡路瓦の雑貨

株式会社タツミさんは、開催会場となる老舗の瓦屋さんです。淡路瓦の雑貨を販売します。2006年にオープンした「いぶしギャラリー瓦廊」では、鬼師が作る淡路瓦の作品を展示・販売しています。

淡路瓦せんべい・淡路瓦銅鐸・瓦アクセサリー

株式会社マルアサさんは、老舗の瓦屋さんです。食べれる瓦として竹炭を使用した「淡路瓦せんべい」を販売します。南あわじ市で発見された松帆銅鐸を記念した「淡路瓦銅鐸」を販売します。淡路島の国生み神話で三種の神器の勾玉をイメージした瓦アクセサリー「磨瓦玉」を販売します。

瓦雑貨

VASARAさんは、瓦を使用した雑貨を製作しています。名前やアルファベット、文章や家紋などを瓦の表札などに利用できる瓦雑貨を販売します。

藍染の衣類・小物

藍藍ーさんは、淡路島でSally Hancoxさんと岡田淳一さんの2人で藍染の作品を制作・販売しています。藍染のTシャツ、子供服、小物などを販売します。100種類もある伝統的な絞りの技術、アートの表現、淡路島の自然、国内外の多様性などを融合させて、ユニークで新しい価値観のある作品を創作しています。

布小物・スタンプ・ボタン

Smicco(スミッコ)さんは、フィードサック、ヴィンテージクロスを中心に様々な雑貨を販売する店舗です。フィードサック・ガーデングッズ・スタンプ・ボタンなどの雑貨を販売します。

多肉植物

優木園さんは、多肉植物屋さんです。多肉植物は葉っぱの形や色が豊富で可愛い花が咲くものもあります。手軽に育てられるために室内の鑑賞として人気です。様々な多肉植物を展示・販売します。

グルメの出店

島の夕日のマルシェでは、グルメの出店としてジェラート、スコーン、そうめんなどが登場します。

ジェラート

VERDE TENERO(ベルデテネロ)さんは、5月にオープンしたジェラート屋さんです。自社の牧場で作られる牛乳を使ったジェラートを販売します。自慢の牛乳と淡路島の資源をコラボさせた世界で一つだけのジェラートを創作しています。

スコーン

NeKi 額縁と珈琲さんは、慶野松原海岸の近くにあるカフェと額縁屋さんが一体となった店舗です。珈琲・スコーン・額縁を販売しています。写真や絵画から器や洋服などどんなものでも額装しています。

創作そうめん

南淡そうめん食堂さんは、「淡路手延素麺」が食べられる南あわじ市にある食堂です。淡路島の特産品「淡路手延素麺」と淡路島の野菜を使った創作そうめんと素麺を販売します。

イベントの開催

島の夕日のマルシェでは、イベントとして音楽体験やカヤック体験、ヨガ体験などが行われます。

つばくろや

つばくろやさんは、子供が主役のワークショップを開催します。ビーズやタイルを使って、アクセサリーや木製ルームプレートを作ります。

7丁目フォーク村

普段から洲本市本町商店街の7丁目で演奏をしているグループです。シャッター前で有志が歌う「ひっちょめライブ」を中心に活動しています。淡路島の多彩なミュージシャンが顔を揃えています。夕日をバックに演奏を披露します。

瓦楽器を叩こう

瓦の音楽プロジェクトで使われている瓦楽器を叩く体験コーナーが登場します。瓦の音楽プロジェクトは2013年に津井地区でスタートしました。瓦楽器のコンサートや作曲、CDの発売、世界の瓦産地との国際交流を行っています。叩けば叩くほど、瓦の音色を楽しめる瓦楽器を体験できます。

夕日ヨガ体験

南あわじ市の公民館などで開催されているヨガ教室が屋外に登場します。淡路島の美しい夕日を眺めながら、心地よい汗をかきながら、リラックスした時間を過ごせます。用意するものとして、ヨガマット(ラグやバスタオル(大)などでも可)、飲み物、タオル、締め付けない服装があります。なお、暑さ対策、虫よけ対策は、各自行うことになります。

  • 受付開始:15:00~(本部で受付)
  • 体験時間:17:15~17:45
  • 参加人数:定員人数あり
  • 参加料金:500円

淡路島カヤック体験

大浜海水浴場や慶野松原海水浴場などで毎月定期的に開催されているカヤック教室が登場します。親子で楽しめるカヤックが用意されています。淡路島の豊かな自然を楽しむことができます。なお、1度に参加できる人数は6名程度までです。参加者多数の場合、受付で時間調整する場合があります。用意するものとして、濡れてもよい服装、すぐに脱げないサンダルや靴となっています。

  • 受付時間:14:00~16:00(本部で受付)
  • 開催会場:マルシェから会場まで歩きます。
  • 体験時間:15:00~17:00
  • 参加人数:定員人数あり
  • 参加料金:500円(1回30分)

島の夕日のマルシェのアクセス

島の夕日のマルシェが開催される株式会社タツミのアクセスは、自動車のみとなります。神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。出口の信号を直進して県道31号線を進みます。湊交差点を右折します。県道25号線を進みます。大きな川に出てすぐの右手の橋を渡ります。緑色の倉庫の屋根が目印です。

  • 住所:〒656-0341 兵庫県南あわじ市津井976
  • 電話:0799-38-0309
  • 問合わせ:090-9330-8297(島の夕日マルシェ実行委員会)

島の夕日のマルシェの会場

島の夕日のマルシェの開催会場となる株式会社タツミさんは、1973年にタツミ窯業を再創業して始まった淡路瓦の老舗です。兵庫県の伝統的工芸品である「淡路鬼瓦」の指定窯元となっています。

株式会社タツミさんは、伝統の技を受け継ぐ鬼師による鬼瓦や役瓦の製造と販売、淡路瓦を使った室内装飾やインテリアの製造・販売、淡路瓦を使った庭園資材やエクステリアのの製造・販売などをしています。

淡路瓦専門の展示販売スペースとして2006年にオープンした「いぶしギャラリー瓦廊」があります。歴史と伝統の建材いぶし瓦の魅力とモダンな魅力を感じていただける空間です。入場は無料です。また、工場で作業する鬼師(鬼瓦職人)たちの製作風景や工場見学も受け付けいます。

  • 住所:〒656-0341 兵庫県南あわじ市津井976
  • 電話:0799-38-0309
  • 営業時間:平日9:00~17:00
  • 定休日:日曜日、大型連休

島の夕日のマルシェ周辺の観光スポット

島の夕日のマルシェが開催される株式会社タツミ周辺の観光スポットは以下の通りです。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲ませで淡路島牛乳を体験

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミルクソフトクリームを堪能できます。淡路島牧場は、淡路島で乳牛とふれあい、牛乳を用いた自然体験が楽しめます。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

おのころ島神社 日本三大鳥居で縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石に結ばれる縄は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市で「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット
おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方法は、縁結びの...

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 日本の夕陽百選

慶野松原は、淡路島西岸にあり約2.5キロの砂浜、約5万本の黒松(クロマツ)が広がる瀬戸内海で随一の白砂青松の松原です。古くは歌人の柿本人麻呂が万葉集で詠まれた風光明媚な景勝地です。淡路島で最大の海水浴場です。広く美しい砂浜、樹齢数百年の老松、瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕日は絶景です。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園
慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選...
その他
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!