第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会 淡路島洲本市の都志港湾

スポンサーリンク

第40回高田屋嘉兵衛まつりは、台風10号の接近により中止となりました。

高田屋嘉兵衛まつり花火大会が開催されます。淡路島洲本市が生んだ幕末の豪商「高田屋嘉兵衛」の生誕の地で、偉業を称えて功績を偲ぶ夏の恒例イベントです。毎年約1万人の来場で賑わいます。

花火大会では、約1500発の花火が打ち上がります。6号玉や単発、スターマインを中心に海上から打ち上がり歴史の風情ある五色の町並みを照らします。約30店舗以上の屋台が並びます。

第39回高田屋嘉兵衛まつり花火大会の開催日時は、8月15日(木)の20時30分から21時までとなります。開催場所は、淡路島洲本市五色町にある都志港湾周辺となります。

なお、18時から21時30分までは、ふるさとまつりと題して、和太鼓や踊り、ダンスなどのステージイベントや高田屋嘉兵衛音頭の踊り体験が催されます。入場は無料です。

なお、淡路島で開催される夏祭りと花火大会の日程は、下記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019の基本情報

  • 開催日時:2018年8月15日(木)
  • 開催時間(ふるさとまつり):18:00~21:30
  • 開催時間(花火大会):20:30~21:00(小雨決は決行、荒天は中止)
  • 開催場所:都志港湾の周辺
  • 住所:〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志593の周辺
  • 電話:0799-22-3321(高田屋嘉兵衛まつり実行委員会事務局)
  • 花火の打ち上げ時間:約30分間
  • 花火の打ち上げ数:約1500発
  • 花火の種類:単発花火とスターマイン
  • 昨年の花火大会の人出:約7000人

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019の内容

第40回高田屋嘉兵衛まつりは、台風10号の接近により中止となりました。

2019年8月15日(木)の18時から21時30分まで、淡路島都港湾を会場として、「第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会」が開催されます。五色町出身の幕末の豪商「高田屋嘉兵衛」を称える夏まつりです。

高田屋嘉兵衛は江戸時代後期に北前船で活躍した豪商です。北方領土開拓の先駆者であり、幕府とロシアの外交で功績をあげたことで知られています。生誕の地で偉業を称えて功績を偲ぶ夏の恒例イベントです。

18時から21時30分までは「ふるさとまつり」と題して、和太鼓「高田屋太鼓」などのステージイベントのパフォーマンスショー、高田屋嘉兵衛音頭の踊り体験に加えて、約30店舗以上の屋台が並びます。

20時から21時までは花火大会となります。6号玉や単発、スターマインを中心に約1500発の花火が打ち上がります。都志港湾で潮騒を感じながら、海上から打ち上がる花火を堪能できます。

都志の港湾で潮騒を感じながら、海上で打ち上がり花開く花火を堪能することができます。色鮮やかな花火が、歴史の風情ある五色の町並みを照らします。毎年約1万人の来場で賑わいます。

なお、当日の午前9時30分から、高田屋嘉兵衛翁記念碑前で都志小学校児童有志による「だんじり唄」の奉納が行われます。午前11時から新都志海水浴場で「魚つかみどり体験(要予約)」が行われます。

ふるさとまつり

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会は、花火大会と併せて「ふるさとまつり」が行われます。舞台イベントではパフォーマンスが披露されます。夜店では35店舗の屋台が登場します。

高田屋嘉兵衛音頭では、踊りの輪になって盆踊りさながらの雰囲気となります。なお、既設トイレ2カ所に加えて、臨時トイレが8基設置される予定です。

ステージイベント

ステージイベントでは、様々なパフォーマンスが披露されます。五色之姫がだんじり唄を、洲本高校ミュージックダンス部がヒップホップダンスを、高田屋太鼓が和太鼓演奏を披露します。

  • 開催時間:18:55~20:30
  • 開催場所:都志港湾 舞台

露店・夜店・屋台

露店・夜店・屋台では、都志港湾周辺に約30店舗以上が出店します。焼きそば、たこ焼き、カキ氷、お好み焼き、焼き鳥、焼きとうもろこし、じゃがバター、ヨーヨー釣り、チョコバナナなどたくさん登場します。

淡路島の屋台でおすすめは、淡路島ではソウルフードとして親しまれている「ピンス焼き」です。見た目はベビーカステラですが、味も中身も異なります。その中でも、もはや伝説となっている屋台が池田商店さんの「池田のピンス焼き」です。行列が少なければ迷わず並ぶ屋台です。

  • 出店時間:18:00~21:30

高田屋嘉兵衛音頭

高田屋嘉兵衛音頭では、和やかな踊りの輪となって浴衣姿の熟練者に合わせて、見様見真似で自由に参加して、皆で盆踊りをおどります。第39回高田屋嘉兵衛まつり花火大会の開幕を飾るに相応しい音頭により、まつりの雰囲気を盛り上げます。

  • 開催時間:18:10~18:30

魚のつかみどり体験

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会は、午前中のイベントとして「魚のつかみどり体験」が開催されます。受付時間が10時30分、開始時間が11時となります。会場は新都志海水浴場です、

海に入って手づかみで獲ります。手のひらサイズの小さな魚まで抱きかかえるほどの大きな魚までたくさんの魚がいます。水着になってゴーグルをして透明度の高い海で魚をゲットします。

年齢対象は小学生です。参加料金は1人1000円です。定員人数は180名です。応募方法は、往復はがきに必要事項を記入して送付します。応募締切は7月26日(金)で当日消印有効です。

郵送先は、〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志202 五色町商工会内 高田屋嘉兵衛まつり実行委員会となります。お問合せは、五色町商工会(0799-33-0450)となります。

  • 受付時間:10:30~
  • 開催時間:11:00~
  • 参加料金:1000円
  • 年齢対象:小学生
  • 定員人数:180名(当日受付はありません)
  • 応募方法:往復はがき(応募多数の場合抽選)
  • 応募締切:7月26日(金)当日消印有効
  • お問合せ:0799-33-0450(五色町商工会)

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019のマップ

第40回高田屋嘉兵衛まつりは、台風10号の接近により中止となりました。

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会の場所は、都志港湾となります。都志港湾一帯が安全対策として立ち入り禁止となります。イベント会場は新都志海水浴場に向かう途中の広場となります。

新都志海水浴場の駐車場は利用可能です。なお、17時30分から22時30分まで都志港湾周辺で車両通行止めの道路があります。ご注意ください。

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019のアクセス

第40回高田屋嘉兵衛まつりは、台風10号の接近により中止となりました。

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会が開催される都志港湾へのアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路から下りるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志593

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合は、神戸淡路鳴門自動車道の北淡インターチェンジもしくは津名一宮インターチェンジから下ります。一般道で海沿いに向かって、海沿い道路を南下します。約20分で到着します。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合は、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。一般道で海沿いに向かって、海沿い道路を北上します。約30分で到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅から運行する高田屋嘉兵衛公園行きの高速バスに乗車することになります。

JR三宮駅からお越しの場合

JR三宮駅から徒歩3分で、高速バスの三ノ宮駅に到着します。三ノ宮駅から高田屋嘉兵衛公園行きの高速バスに乗車します。五色バスセンターで降車します。五色バスセンターから徒歩10分で都志港湾に到着します。

  • 三ノ宮ー五色バスセンター(所要時間90分、乗車料金1650円)

JR舞子駅からお越しの場合

JR舞子駅から徒歩5分で、高速バスの高速舞子駅に到着します。高速舞子駅から高田屋嘉兵衛公園行きの高速バスに乗車します。五色バスセンターで降車します。五色バスセンターから徒歩10分で都志港湾に到着します。

  • 高速舞子ー五色バスセンター(所要時間60分、乗車料金1400円)

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019の駐車場

第40回高田屋嘉兵衛まつりは、台風10号の接近により中止となりました。

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会の駐車場は、イベント会場近くでは新都志海水浴場の駐車場となります。それ以外では大型駐車場として都志小学校グラウンドと県民村グラウンドがあります。県民村は距離が離れていますので、17時から21時40分まで県民村から五色庁舎までシャトルバスが運行されます。

高田屋嘉兵衛まつり花火大会2019の周辺の観光スポット

第40回高田屋嘉兵衛まつり花火大会が開催される都志港湾の周辺の観光スポットは、伊弉諾神宮、たこせんべいの里、多賀の浜海水浴場となります。

伊弉諾神宮は、日本最古の神社です。日本最古の書物となる古事記と日本書紀に創始の記載があります。日本神話の国生みに登場する伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が祀られています。

地元で「いっくさん」と親しまれています。日之少宮、淡路島神、多賀明神、津名明神と崇められています。樹齢約900年の夫婦大楠、東西南北に縁深い神社が鎮座する陽の道しるべなどがあります。

たこせんべいの里は、せんべいの製造直販施設です。販売コーナーでは、約40種類に及ぶ全種類が並べられています。試食可能で販売されています。休憩コーナーでは、お茶やコーヒーが無料で飲めます。

休憩コーナーの窓越しから工場の製造ラインを見学することができます。「たこせんべい」は淡路島の名物土産です。淡路島のお土産スポットとして、休憩スポットとして定番の観光スポットとなっています。

多賀の浜海水浴場は、約1.5キロの砂浜は美しい人口海岸として整備されています。北側の遠浅のビーチは子供連れやファミリーにおすすめです。中央に普通のビーチは友達やカップルにおすすめです。

南側に芝生広場が広がっています。散策におすすめです。美しい夕陽を眺められる絶景スポットです。駐車場は約260台収容できます。淡路島を一周する通称「アワイチ」のライダーたちの休憩地として人気です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
淡路島のお祭り・花火大会
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!